ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

通常は全く役に立たない問題だらけであるにもかかわらず、本当にヤバい絶体絶命のような状況に限り真の力を発揮するという、いざという時は頼りになる男性のことである『やる時はやる男』の、いわば究極型と言える存在である。
本当に必要な時のみという限定性がギャップを際立たせている。

一例

  • 長期にわたるスランプで活躍の場を失う。
    • →味方数人で苦戦する強敵に、瀕死の状態から単騎で辛勝をもぎ取る。
  • 普段から他人を侮っては、痛い目を見る頭のいいバカ
    • →圧倒的な寡兵にも拘らず、敵の大部隊を考え得る限りの埋伏計で蹴散らし敵将を撃破。
  • 他に類を見ない腰抜けのドヘタレ。
    • →護衛対象の前で意識を失った状態から無双開始、怒らせてしまったらもう遅い。
  • 自分の利き腕すら間違える信じられないほどのおバカ。
    • →重要な時のみ理屈をすっ飛ばした勘の鋭さを発揮し、気分が上がるとどこまでも強くなる。
  • ずっと寝てばかりのおじいちゃん。
    • →実は一人だけちゃんと説明書を読んでいて、他の四人に発破をかける。
  • 推理すればするほど不利な証拠が出てきてドツボ化。
    • →出てきた不利な証拠が全て真実への手がかりとなって限界まで追い詰められた時必ず真相に辿り着く。
  • 普段は頓珍漢な推理を行い、高所恐怖症、酒・タバコ・ギャンブルと三拍子揃ったダメ親父感漂う人物
    • →身内の関わる事件などではゴースト推理ではなく、自力で事件を解決してしまう。
  • 普段は臆病でヘタレで泣き虫。
    • →おだてられたり、性格が変わると急に覚醒する。
  • 成績が悪く、普段は冴えない。おまけに肝心の特技が現代社会では活かせず。
    • 大長編や主要回では特技を活かしたり、男気を見せて活躍。


つまりどういうことだってばよ?

概ね彼らのいずれかを指す。


初出はどこかは定かではないが、はじめにこのあだ名をファンから送られたのは橘朔也が最初であると思われる。一応、橘さんは学歴も経験も申し分なく、剣崎から慕われるほどの人物なのだが、序盤での精神的疲労が一部視聴者から「ヘタレ」キャラに映った事、苦戦も多い反面、強敵との戦いでは好成績を残している点などが理由である(どういうわけか、名勝負は基本フォームである事が多い)。おまけに中の人も普段は変人だが、妻を守ろうとする際や演技をする際には男前な姿を見せているため、「肝心な時にしか役に立たない男」=橘という印象を強めている。

ポップ(ダイの大冒険)ハドラー親衛騎団編になるまでは該当していたが、成長につれて大魔王最強の技を機転で破れるほど精神的な成長もしたためそういうイメージはあまりない。


関連タグ

やる時はやる男
やる気スイッチ
昼行灯 窮鼠猫を噛む 一発逆転
残念なイケメン

関連記事

親記事

やる時はやる男 やるときはやるおとこ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「肝心な時にしか役に立たない男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 243426

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました