ピクシブ百科事典

自衛隊階級

じえいたいかいきゅう

自衛隊で使われている階級。自衛隊の前身である警察予備隊・保安隊の階級も同記事にて述べる。

概要

第二次関大戦後に制定された日本国憲法憲法9条に明記されている通り、日本は軍事力を放棄した平和国家である。自衛隊軍隊ではなく、国内を守る警察予備戦力が増強されていった結果、誕生した国土防衛の為の組織でしかない。
従って自衛隊で使われる階級は旧軍が使っていた軍階級とは異なる階級を用いているのは当然といえる。だから旧軍の階級と対応する一覧表があっても、それはあくまで便宜的なものに過ぎないのである。
ややこしいという意見もあるだろうが、ややこしくしないと憲法違反になるから無理なのである。

階級一覧

旧軍の階級警察予備隊保安隊自衛隊※1
大将幕僚長※2
中将警察監保安監○将
少将警察監補保安監補○将補
大佐1等警察正1等保安正1等○佐
中佐2等警察正1等保安正2等○佐
少佐警察士長/3等警察正1等保安正3等○佐
大尉1等警察士1等保安士1等○尉
中尉2等警察士2等保安士2等○尉
少尉3等警察士3等保安士3等○尉
准尉准○尉
曹長○曹長※3
軍曹1等警察士補1等保安士補1等○曹
伍長2等警察士補2等保安士補2等○曹
兵長3等警察士補3等保安士補3等○曹
上等兵警査長保査長○士長
一等兵1等警査1等保査1等○士
二等兵2等警査2等保査2等○士

※1 ○にはそれぞれ対応する自衛組織の名が入る。
陸上自衛隊→陸。海上自衛隊→海。航空自衛隊→空。
※2 幕僚長は役職であり階級としては○将と一緒だが、幕僚長とそれ以外では歴然とした差がある。
※3 1980年に新設された階級である。 
※4 2等○士の下に三等兵扱いの3等○士があったが、さまざまな問題から平成22年10月1日に廃止された。

コメント