ピクシブ百科事典

董白(真・三國無双)

とうはく

コーエーテクモゲームスが展開する真・三國無双シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

※史実の董白についてはこちら

概要

プロフィール

名前董白(とうはく)
登場ナンバリング『8』
勢力
所属軍董卓軍→董白軍
声優大関英里
身長160cm
武器鎖分銅
一人称
呼び方お前(董卓以外)、〇〇、董卓→おじいさま


2018年発売の『真・三國無双8』から特殊NPCとして初登場。その後、同年6月配信のDLCシナリオにて他NPC3名(夏侯姫袁術華雄)と共にプレイアブル化した。

董卓の孫娘。祖父の権力の下で寵愛され、幼くして渭陽君に任ぜられたが、間もなく董卓は長安にて横死してしまう。養子となっていた呂布の裏切りを知った彼女は、祖父の仇討ちに動き出す。

人物像

容姿

幼い顔立ちながらも今までの女性キャラクターにはいなかった卑劣さと残酷さが表れているかのような顔立ち。目はつり上がっており、口角が上がっている。
身長は小柄。特に董卓軍や呂布軍の面々は全体的に身長が高く、女性陣の貂蝉呂玲綺でさえ165cm以上なためかなり小さく見える。
髪型は左右をお団子にしており、銀髪。
服装は一件可愛らしいゴスロリのドレスだが、頭や靴の飾りに刺々しさがあったり、ドレスに鎖が巻いてあったり、董卓と同じくダークな色で固められていたりと彼女の性格を表している。

性格

董卓に甘やかされて育ったせいか、非常に我儘な性格をしており、誰に対しても高圧的な言動で接する。相手を痛めつけることにもまるで躊躇がなく、むしろどのように苦しめるかを楽しみにするなど董卓に似た残虐性を内包している。

交友関係

董卓

董白の祖父。彼の前だけは愛らしく振る舞い、その分彼からも溺愛されている。董卓への愛や敬意も深く、洛陽奪還時には「おじいさまも一緒なら良かった」と呟く場面がある。

呂布

董卓の義子。粗暴で好戦的な呂布のことは「あの獣」などと呼び元から快く思っていなかったが、彼が董卓を殺して以降は激しく憎むようになり、仇敵として復讐を誓う。

貂蝉

自身の祖父である董卓を殺すために暗躍した女性。董卓が殺される以前から、誰かに取り入ろうとする彼女の言動を快く思っておらず、董卓が殺されて以降は激しい憎悪をぶつけるようになる。

張遼

董卓軍の武将。董白のDLCシナリオでは彼女の側近を務めていた。呂布と刃を交えたことを機に、彼に武の道の先を見たため離反を申告される。自身を裏切ったとして、以降は呂布や貂蝉同様に恨みを持つようになるが、ストーリー中の台詞によると、彼を痛めつけることよりも実力をつけて見返すことを目的としている言葉が見られ、曹魏を破り張遼を打ち負かした後、潔く罰せられようとする張遼を敢えて生かし再び側近にするなど、なんやかんや彼に愛着がある節がある。

華雄

董卓軍の武将。元々は董白が五斗米道に捕らわれていたところを助けられたことがキッカケとなり、董卓軍に将として迎えられた。腕っ節は強いが教養がなく、董卓や自身への無礼な態度や、作戦の意味を理解しない点など、董白からは度々呆れられている。

戦闘スタイル

董卓と同じ鎖分銅を使用。
無双乱舞では、敵を鎖で縛って跪かせたり、空中から炎を纏った鉄球で押しつぶし、更に踏みつける…といった、相手を肉体的にも精神的にも辱めるサディスティックな演出が見られる。

シリーズでの動向

『8』では当初NPCとして登場。
主に董卓と共に登場し、彼の天下を願っているが呂布にそれを阻まれ、それ以降は執拗いほどに呂布軍に付きまとって始末しようとする。

DLCでの個人シナリオでは、序盤は董卓の孫として彼の野望を果たすべく活動する。董卓の死後、彼を死に追いやった呂布や貂蝉を怨むが、呂布には相手にすらしてもらえず、更には従っていた張遼も、呂布の強さに自身の武の道の先を感じ、董白の元を去ってしまう。これまでにない恥辱を受けた董白は、呂布と張遼を強く憎み「絶対に復讐してやる」と心に誓う。

残された董白は、内乱を起こす董卓の部下たちを平定し、名実ともに董卓の後継者として君臨。その後、軍を率いて連合軍が占拠する洛陽を奪還する。

呂布を討つに必要な軍事力を養うため、はじめ袁術に援助を求めるが拒絶され、その腹いせに袁術軍を攻撃、勝利する。同時に従っていた孫策周瑜から羨望を集め、袁術軍をそのまま掌握する。
勢いに乗った董白軍は、周瑜や孫策の進言もあり、そのまま呂布がいる下邳を攻め勝利。その時に劉備関羽張飛たちを仲間につけた。
しかし、そこには張遼の姿はなく、怒り心頭した董白は部下たちに彼の居場所を捜索させ、現在彼が身を寄せている魏軍へと侵攻する。曹操と張遼を叩きのめした。こうして憎き英雄を倒した董白は曹操、張遼、袁紹、呂布、袁術らが自分に跪いている姿を見て満足気に高笑いをした…

…しかし、実は洛陽奪還以降の出来事はすべて彼女の夢の中での出来事だった。
辺りを見渡し「誰もいないじゃない」と寂しげにつぶやくが、気落ちすることなく「また狩りにいけばいい」と再び不敵な笑みを浮かべ歩みだした。

夢の世界であるため、武将の言動が現実世界では有り得ないくらいの不自然さだったり、司馬昭や王元姫まで登場するなど『8』にしては珍しいIF展開となった。

関連タグ

真・三國無双シリーズ 真・三國無双8
お姫様 鬼畜ロリ

コメント