ピクシブ百科事典

虎嘯

こしょう

小野不由美の小説『十二国記』に登場するキャラクター。

概要

小野不由美の小説『十二国記』に登場するキャラクター。
 cv:西凛太朗

 巌のような体格に、黒い髪の大男で、夕暉の兄。
慶東国和州で安宿を経営していた。
 「風の万里_黎明の空」において、圧政を敷く州候・呀峰、郷長・昇紘を追放するため同志を募り「殊恩党」を結成、その首謀者として謀反をおこす準備を進める(和州の乱)。
 そのさなか、身分を隠し、かつて名君・達王の大師であり、「松塾」を主宰し人材の育成に勤めていた遠甫に政治・民情を学んでいた景王中嶋陽子は州候・呀峰、郷長・昇紘の圧政を知り、さらに留守中、冢宰・靖共の息のかかった暴漢に遠甫は襲われて拉致、陽子の友人となった少女・蘭玉は殺害、蘭玉の弟・蘭桂は瀕死の重症を負う事件が起こった。
 これらの事件によって、圧政の黒幕に冢宰・靖共がいること知った景王・陽子は「殊恩党」に合流、「松塾」の残党、恭州国からの旅人・祥瓊才州国から陽子を訪ねてきた大木鈴らとともに靖共・呀峰・昇紘ら圧政に加担した官吏を一掃した。
 
 和州の乱後、新たな冢宰に「松塾」の高弟であり、麦州で善政を敷いていた浩瀚を登用する一方、祥瓊・鈴は女史として陽子の側近くに仕え、虎嘯は大僕として景王・陽子の警護をまかされ、弟・夕暉は陽子の推薦により首都・瑛州の小学に入学している。

 また、戴極国から予期せぬ来客が景王・陽子を訪れたおりには、重い傷を負っていることと、景王との面会を強く求めたことから、彼女を止めずに陽子に会わせている。

関連タグ

十二国記

関連記事

親記事

十二国記 じゅうにこくき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「虎嘯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58480

コメント