ピクシブ百科事典

誇り高い武人ドゴルド

ほこりたかいぶじんどごるど

『誇り高い武人ドゴルド』とはキョウリュウジャーに登場するデーボス軍幹部、怒りの戦騎ドゴルドのタグ。
目次[非表示]

戦騎の誇りを取り戻し武人として散った怒りの戦騎ドゴルドの勇姿

概要

注意、放送当時の台詞を入れていますので、ネタばれの可能性がありますので観覧の際には注意してください。


怒りの感情を司る怒りの戦騎ドゴルドは、意思を持った鎧。
その上相手を挑発して「怒り」を誘い、目的達成のために様々な策を巡らせる狡猾で卑劣な性格の持ち主で、その傍若無人ぶり故に他の戦騎や部下からも、嫌われてはいないが距離を置かれてはいた。

しかし所詮自分はただの鎧、他人の体を依り代としなければ強くもなれないばかりか動くことすらままならない空っぽの鎧でしかない自分自身にコンプレックスを抱いており、それが原因で自分を見下すエンドルフを取り込み、その力に慢心し、体調が思わしくないカオスを蹴落とし、自らがデーボス軍のトップに立とうという野望を抱くようになった。

しかし、ドゴルドの体内で怨みを蓄積して復活の機会をうかがっていたエンドルフの策略により失敗、殺されそうになった所をキャンデリラアイガロンに助けられるが、自らの目論見がカオスの知るところとなり、高かった自らの信用は失墜。
加えて怒りの感情が十分に集まったために用済みと見なされ、再びカンブリ魔を依代にせざるを得なくなった。

その際、自分を心配し同情してきたキャンデリラやアイガロン達を「他人の身体がないと強くなれない自分の腹立たしさは自分にしか理解できない」と一蹴し『他人の体を依り代としなければ強くなれない自分自身』に強い苛立ちを持つ事実を吐露した。

その後、反逆の罰として角に制御装置を付けられてエンドルフの下僕として働く事になり、彼に逆らえない絶対服従の奴隷と成り下がってしまう。以降エンドルフの手足として利用されキョウリュウジャーへの刺客として差し向けられるが、その様子を宿敵であるゴールドからも「武人としての誇りも失ったのか」と軽蔑されてしまった。


その後、最終決戦では、エンドルフと共に変身能力を失った空蝉丸と戦う。エンドルフが恨みの力で空蝉丸の動きを押さえ、窮地に追いやるが、突如ドゴルドがエンドルフに連続攻撃を加えて、左腕にある制御装置を破壊した。

ドゴルド「ふふ……どうだ?オレの怨みも、なかなかのもんだろう?」
エンドルフ「て、てめえ、始めからオレへの反逆を狙ってたのか!」

ドゴルドの予想外の行動に戸惑う空蝉丸にドゴルドは言った。

ドゴルド「手を貸せ、空蝉丸! ふたりで、こいつを倒すんだ!」

空蝉丸に共闘を持ちかけるドゴルド。かつての宿敵から意外な言葉に驚愕する空蝉丸。

ドゴルド「おまえの言葉で吹っ切れたんだよ」

それは以前、空蝉丸との戦いの最中。エンドルフの下僕と成り下がって自棄になりかけたドゴルドに放った一言……

空蝉丸「うぬは真の悪党……だが、少なくとも、己の強さに対する誇りや自信はあったはず!それすら……それすら、失ったのでござるか!?」

その言葉に心を動かされ、戦騎としての『誇り』に気づいたドゴルドは、その『誇り』に報いるべくエンドルフに従うふりをして密かに倒す機会を伺ったのである。

ドゴルド「オレは体を持たねえ鎧だが、オレは戦騎だ!その誇りを踏みにじったこいつを倒せるなら、他にもう何もいらねえ!」

怒りを剣にのせ、憎き相手であるエンドルフにぶつけるドゴルド。空蝉丸と共闘し、エンドルフを追い詰めるが、エンドルフの反撃から身を挺して空蝉丸を庇い、砕け散るも、空蝉丸の身体を取り付いた。

空蝉丸「ドゴルド!?これは一体……!?」
ドゴルド「乗っ取りゃしねえ!オレたちの技を合わせる!」

空蝉丸の意思を持ったまま一体化したドゴルドは、喧嘩上刀とザンダーサンダーの二刀流の雷電残光を放った。


ドゴ蝉丸(笑)



空蝉丸、ドゴルド「「奥義・雷電残光!!」」

エンドルフ「ぐっ……他人の怨みのパワーに敗けたのか…!?頭が…痛すぎる……!!」

稲妻が、地を駆けるその姿は、まるで龍であり、その威力はかつての雷電残光を超えるほど。これを食らったエンドルフは倒された。
直後、空蝉丸を解放し、再びカンブリ魔の肉体に戻るドゴルド。

ドゴルド「ハハハハハ……最高の気分だぜ!」

高らかに笑いながらフラフラになり樹にもたれかかるドゴルド。

ドゴルド「さあ、今度は…オレたちの決着だ……」

空蝉丸との決着を望むドゴルド。しかし・・・

ドゴルド「さっさとかまえろよ……空気読めよ……空蝉丸ちゃん……!」
空蝉丸「ドゴルド。先ほどの戦いで、すでに致命傷を……」

顔には亀裂が入り体のあちこちから火花が散り、鎧の崩壊が始まったドゴルド。空蝉丸は悟った。先程のエンドルフの攻撃で既に致命傷を負っていた事を。そしてその命はもう長くないことを…。

徐々にその身が崩壊していくドゴルド。しかし、彼を支えているのは武人としての意地であった。彼の思いを汲んだ空蝉丸は剣を構え、最後の一騎打ちを挑んだ。

一騎打ちの末、剣を通して空蝉丸は悟った。

空蝉丸「おぬし、最後は拙者に倒されるつもりでござったな……」
ドゴルド「ありがとよ……オレのワガママに、付き合って……くれて……」

自分の我が儘に付き合ってくれた彼に感謝するドゴルド。「武人」として、「他人の身体を乗っ取ってでも不便に生き続ける」よりも「戦いの中での名誉ある死」を望んだのである。

空蝉丸「悪党のくせに、殊勝なことを申すな……腹立たしい…!」
ドゴルド「そうかい……腹立たしいかい……」

空蝉丸から「武人」としてのその天晴な決断に皮肉を込めた「腹立たしい」の一言に何処か嬉しそうに満足するドゴルド。
最後は笑いながら雷のような火花を散らせ、無数の蛍のように淡く消えていった。

空蝉丸「ドゴルド……憎き宿敵。だが……最後の最後に、武人としての意地…見せてもらった!」

武人として散ったドゴルドを賞賛の言葉を贈る空蝉丸。ドゴルドと空蝉丸の数百年の永きに渡る宿命の戦いに終止符を打ち、幕を閉じた……。


傍若無人で目的達成のために様々な策を巡らせる狡猾で卑劣な鬼であったドゴルド。
しかし、戦騎としての誇りを持ち、宿敵である空蝉丸とは永い間肉体を共有した事で、敵味方を越えた不思議な感情やある種の絆のようなものを芽生えさせた。

最後は武人の意地を取り戻して一人の武人としての最後を望み、自ら空蝉丸に倒される事を選び、そしてその生き様を貫いて散った誇り高き戦騎ドゴルド。
腹立たしいことに、そこにはもう空っぽのまま生き続けるあわれな鎧の姿はなく、さながら怒れる獅子の如く、強く気高くたくましい一人の武人の姿があった。

特記事項:怒りのライオン戦騎は、ブレイブを宿して誇りを取り戻す。

関連イラスト

おこせみ2
『ソウカイ…腹立タシイカイ……』


腹立たしいほど
おこせみ




関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー さらば哀戦騎達
ドゴルド 空蝉丸

愛の戦騎アイガロン

関連記事

親記事

ドゴルド どごるど

pixivに投稿された作品 pixivで「誇り高い武人ドゴルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント