ピクシブ百科事典

零敬

れいけい

スマホアプリ「あんさんぶるスターズ!」の腐向けカップリングのひとつ
目次[非表示]

概要

スマホアプリ「あんさんぶるスターズ!」のキャラクター、朔間零×蓮巳敬人腐向けカップリング

公式

ユニットは違うが共に夢ノ咲学院の三年生である。アプリ公開当初の敬人のプロフィールには「三年生の朔間零とは入学以前からの友人」という記載があった(現在は改変が加えられ「英智、零とは昔からの友人」となっている)。


※当記事の内容は零敬の遍歴についてまとめたものであり完全な非公式です。二次創作などにお役立て頂けたら幸いです。
また、ストーリー既読者が確認を取れるようにという意味合いを込め、遠慮なくネタバレをしています。十分にご注意下さい。






メインストーリー

第五十八話が、零と敬人のゲーム内初会話となる。敬人は零のことを「朔間さん」「朔間」と呼び、零は敬人のことを「蓮巳くん」と呼んでいることが確認できる。以降のメインストーリーでも数話で会話を交わした。
ここで注目すべきは、敬人の零への二人称が「あんた」「あなた」である点。「貴様」が基本的な二人称である敬人の新たな一面が見られた。


挑戦!!願いの七夕祭

季節は夏(7月)。第四話、生徒会室にて敬人と英智の会話の中で自身らの卒業について触れる。
入退院を繰り返す英智を案じる敬人に、英智は「僕は君のお友達とちがって留年などしないよ」と発言。それに対し敬人は「『友達』というのは、朔間のことか。古い馴染みというだけだ、あいつはあいつで今年こそ卒業してくれるんだろうな。」と答え、公式にて初めて零と敬人が友人関係であることを仄めかした。


スカウト!エージェント

季節は冬(12月)。第二話、弓道場で敬人は真緒に生徒会絡みの指示を出す。
その後の会話で、真緒が「お互い幼なじみには苦労させられますね~?」と言う(真緒の場合は凛月、敬人の場合は英智)。それに対して「おまえの幼なじみといえば、朔間の弟のほうか。吸血鬼に関わると、ろくなことにはならんぞ。これは、経験者としての忠告だ。貴様も難儀な星の下に生まれてしまったようだな、衣更?」と意味深な返事をしていた。
敬人が過去、零に何かしら苦労をさせられていたことがうかがえる話である。


衝突!思い還しの返礼祭

季節は春(3月)。三年生の卒業を間近に控え、返礼祭からはドリフェスの主体が三年生から下級生になるのだが、零がリーダーを務めるUNDEAD、敬人がリーダーを務める紅月、ともに引継ぎ関連の問題で、返礼祭への出場が危ぶまれていた。

敬人はユニット唯一の下級生颯馬を案じ、もうひとりのユニットメンバー鬼龍、颯馬のクラスメイトのアドニス、偶々三人のやりとりを見ていた転校生の四人で神崎の様子を見に自宅へ向かおうという話になるが、その途中敬人は何かに気づき、突然「急用ができた」といって一人離れる。
向かった先は書架整理で立ち入り禁止の図書室。そこにはアルバムを眺める零の姿があった。
敬人が「零が図書室にいるのを見つけて図書室に出向いている」こと、また零が、図書室側からも敬人の姿が見えていたことがわかる発言をしているのは注目ポイントであろう。

図書室内での会話は、肩を揉んでほしいと頼む零に、敬人が「自分でやれ、俺にはもう、貴様の介護をしてやる理由がない」とあきれた様子で断ったり、おすすめの本を選んでやろうかという敬人に「え~、蓮巳くんのチョイスは玄人向けじゃからのう……。」と困惑したり。
更には「ちっこい文字が読みづらい」から眼鏡を貸してほしいという零に、敬人は『年代物の高級品』である眼鏡を貸した。
この二人、メインストーリーで対峙していたとは思えないほど仲が良い様子である。

卒業間際の寂寥感にかられた零が眺めていたアルバムには、かつて零と晃牙と敬人が『ユニット』を組んでいた頃の写真があった。ここで、ゲーム内ではじめて三人が、過去に同じユニットにいたことが明言された。ユニット名はデッドマンズ。現在のUNDEADの前身ともいえるユニットである。
また、会話内(詳細は返礼祭「斜陽の前/第三話、第四話」)で、自身を過去の遺物として見切りをつけてしまっている零に対し、敬人が「自分が誰とも関われない、絵本の登場人物のようなものだと思いこんでいるからか?」「あんたは他人と一定の距離をとり、誰の人生にも深い入りしないでいるつもりだろうが、それはあんたの勘違いだ、罪ですらある。……だから大神は怒ったんだ」と苦言を呈すると、「『俺』のことも説教するつもりか、坊主?」と圧倒したことから、『当時』は敬人を「坊主」と呼んでいたであろうことが窺えた。

「……朔間さん、少し考えていることがある。付き合ってくれ、いいや無理やりにでも巻き込んでやる」
敬人は零に、『デッドマンズ』の一時的な復活を提案。オリジナルメンバーではなく、零、敬人、紅郎、の四人で新生デッドマンズとして後輩を鼓舞させるためにユニットを組み、ステージに立った。


スカウト!梅雨の華

※梅雨の華にて零の語る『ある友人』が敬人である前提で話を進めています(ストーリー公開当時は3年の眼鏡キャラは敬人しかおらずそう判断する他なかった経緯)。つむぎであるという解釈もあるかと思いますがあくまで零敬の記事なので楽しく創作したいという思いから元の解釈のままでいきます。ご理解ください。

季節は夏(6月)。零は失せ物を探すべく転校生とともに曇り空の外を歩いていた。
「ある友人から、雨の音を聞きながら読書をするのは乙なものだと聞いて、そこまで言うならと実行してみたんじゃが」と、雨の中、傘を差しながら本を読み、その際に借りた眼鏡をなくしてしまったらしい。 「ちっこい文字を書いてある本を読むためにわざわざ眼鏡を借りて、なくすとは友人に合わせる顔がない……」とまで気にする発言までしている。

眼鏡を見つけた後に、軽音部メンバーと顔を合わせた際、晃牙が「吸血鬼ヤロ~に友達なんかいたのかよ。妄想の友達は友達とは言わね~ぞ?」というのに対して留学していた頃の友人の他、夢ノ咲学院にも友人がいるということを伝え、「どうも、わんこにはそう見えなかったようで残念じゃのう~」と語った。これは、ユニット抗争時代同じユニット(デッドマンズ)に所属していた敬人が晃牙にとっては零の友人に見えなかったことを悲しむような発言ともとれる。また、零に犬扱いされたことに憤った晃牙が、零への攻撃を止められ、標的を零の持つ眼鏡に変えたのだが、「もし眼鏡を壊したら、わんこといえど容赦せぬぞ?」と殺気を発し引き下がらせた。

また、同ストーリー内で、転校生に対して友はいるか?と尋ね「友は大事にせいよ……などと我輩が言えた義理ではないんじゃがな……」と苦笑いを浮かべながら意味深な発言をしている。


スカウト!ロビンフッド

季節は秋。第五話、弓道場に突如現れたレオと敬人が過去を懐古する会話をしている。
レオと敬人曰く弓道場は「治外法権」。敬人が生徒会の職権を乱用し、弓道場を校則が適用されない無法地帯として、当時弓道場を根城にしていた「悪逆の限りを尽くしたアホども」をレオと二人で成敗したらしい。
そんな経緯からレオは「後輩たちには、こいつはクソ真面目な堅物って印象なんだな~?」と意外そうに発言。「昔はけっこうヤンチャだったくせに♪ ほら、『デットマンズ』とか名乗って暴れてたじゃん? レイとかと一緒に! 何で解散しちゃったんだ、あの作風は好きじゃないけどおまえらのことは大好きだった♪」と、零と共にいた頃の敬人に好感を持っていたことを明かした。その際、敬人は「その名前は忘れろ」と言っている。

追憶*集いし三人の魔法使い

このイベントで、零が元生徒会長であったことが判明した。
敬人は、永らく書類だけの存在であった生徒会を復活させた。そして英智曰く「今の生徒会長とうまくいっていない」状況下で、英智を新たな生徒会長にすげ替えようとしているらしい。

また、一年前の姿の零と昔の口調でつむぎと会話の中で「しかしまぁ、『坊主』も苦労しているっぽいな。言うことを聞かない主人公に振り回されて、四苦八苦しながら筋書きを修正している。苦労してんのが文面から滲み出ているよなぁ、だから『やめとけ』って言ったのにさ」と、坊主(前述の返礼祭の会話より推測するに敬人)のことを危ぶんでいる。


招福*鬼と兄弟の節分祭

季節は冬(2月)。
メインは朔間兄弟と双子だが、蓮巳の☆3カードがある。
保健室にて、零と敬人がデッドマンズ時代を懐古するような会話があった他、過去に大豆嫌いの敬人への嫌がらせでつくった『福豆ガトリング砲』が登場した。


スカウト!拳戦の四獣

季節は冬(2月)。節分祭後。
登場はストーリーに敬人が出る程度だが、晃牙とひなたの会話の中で「(零と蓮巳は)無駄に仲が良かった気がする」という台詞がある。


撮影!ぽかぽかアスレチック

季節は春。返礼祭後。二人の直接的な会話はほとんどないが、「(その場にいる全員含め)また会おう」という趣旨の会話をした。きっと彼らには明るい未来があるだろう。


追憶*それぞれのクロスロード

季節は1年前の春。デッドマンズ結成と解散に関する物語がメイン
学院に革命を起こしたいと奔走する敬人は、「昔なじみのよしみ」「お前(敬人)への好意から」生徒会長の席に座っている零を利用し、地下ライブハウスを学院の不良がたまり場にしている問題を片付け生徒会の名を挙げようとする。しかし想定外の事態が多く起こり、作戦は失敗してしまった。零は敬人の思惑を見抜いた上で、「あんまりおまえの考えには同意できない」「危なっかしくてみてらんね~し……自ら断崖絶壁に向かうおまえを制止したいと思う程度にはお前が大事だ」と話す。

「それでも、悪魔に魂を売ってでも叶えたい夢があるならさ……。そこまでの覚悟なら、条件つきだが手を貸してやってもいい」
一度だけ、地下ライブハウスの問題を解決するためのことのみを条件に、零は敬人に従うという。そこで敬人は、「地下ライブハウスでライブバトルを行い、同じチームで参加する。出演者は優勝者の言うことを聞くルール」という策を講じる。これが「デッドマンズライブ」である。
途中までこの策は上手くいくが、零が敬人たちのチームから抜けたことで崩壊、助けを求めた敬人を、考え方の相違から零は突き放すこととなり、二人の道はたがえることとなった。

またこのイベントで、学院に入る前からの付き合い」の詳細(出会い)が敬人の口から語られた。
寺の息子である敬人は親の手伝いをしていた際、葬儀場や墓場を散歩する浮世離れした美貌の少年(零)に出会う。聡明で人を惹きつける才能のあった零は、幼い頃から大人にまで助言を求められていたらしい。しかし、自分と英智以外の子供を見下していた節のあった敬人は、零にどうにか勝ちたいと論戦を吹っかけていたそうだ。それを零は「はじめてただの人間として、友人として接してくれていた」と恩を感じていた。
そのため「暇つぶし」という理由もあったが、敬人への恩返しとして生徒会長を引き受けたようである。

ちなみに、当時の零の敬人への呼称は「坊主」のみと思われていたが、「蓮巳ちゃん」や「敬人」とも呼んでいたことも判明した。


その他


※「幕開け!夢ノ咲サーカス」においても同じ話に登場するが会話イベントはなく入れ替わりのような形で登場している。しかし、おそろいの練習着がカードになっている。
※「スカウト!賢者の導」の衣装での、首元のケープのアニマル柄が、返礼祭の零が腰元につけていたアニマル柄の布と酷似している。(また、頭に被っている帽子も返礼祭の衣装(ジャケット)と同じような配色になっていた。)

零と敬人の絡むストーリーまとめ

メインストーリー

58話零と敬人初会話
60話
61話2人だけの会話
62話
71話結果発表にて
73話退場シーン
87話零が敬人の名前を出す
イベントストーリー
七夕祭-晴れのち雨4話敬人が零の名前を出す
エージェント-聖夜の秘密指令2話敬人が零の名前を出す
返礼祭-斜陽の前3話図書室にて
返礼祭-斜陽の前4話2人だけの会話
返礼祭-贈る言霊2話デッドマンズとして(会話はなし)
梅雨の華-3話零がある友人について語る
梅雨の華-6話
梅雨の華-7話
梅雨の華-8話
梅雨の華-9話
梅雨の華-10話
ロビンフッド-王と愉快な仲間たち5話レオがデッドマンズについて語る
追憶*3人の魔法使い-灰は空に帰す3話零が敬人の名前を出す


時系列別まとめ

  • 追憶*それぞれのクロスロード<一年前春>
  • 追憶*3人の魔法使い<一年前>
  • メインストーリー<春>
  • 梅雨の華<夏-6月>
  • 七夕祭<夏-7月>
  • ロビンフッド<秋>
  • エージェント<冬-12月>
  • 鬼と兄弟の節分祭<2月>
  • 拳戦の四獣<2月>
  • 返礼祭<春-3月>
  • アスレチック<3月>

pixivに投稿された作品 pixivで「零敬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143537

コメント