ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

この項目には『ブルーアーカイブ対策委員会編3章』における重大なネタバレが含まれます。閲覧する際は十分ご注意ください。








概要編集

対策委員会編3章においてその存在が明かされたかつてゲヘナ学園のトップに立っていた人物

鉄拳政治を用いてゲヘナ学園を治めた暴君であり、天才策略家であり、発明家であると同時に政治家でもあった。

2年前にキヴォトスを混沌に陥れたらしくエデン条約も実は連邦生徒会長が彼女のために用意した奇策であったとか。

しかし、部下のせいで失脚したという。


現在はゲヘナを卒業し、キヴォトスからも離れている。ここで言う卒業がどういう意味を持つのかは現在の所不明。

だが、彼女が遺した数々の発明品はキヴォトスに残っており、そのどれもがキヴォトスを一瞬で危機に陥れるシロモノ。

そのうちの一つが当時のアビドス生徒会と共同で開発した超弩級列車砲シェマタ」で、それがアビドス自治区のどこかに隠匿されており、それを巡る争奪戦が対策委員会編3章の軸となる。しかもこのシェマタはキヴォトスの技術とは異なる技術形態によって作られているらしくどのような伝手でその技術を持っていたかは謎に包まれている。


現在のゲヘナの長である羽沼マコトや3年生で学園運営の中枢に近い空崎ヒナ天雨アコといった面々は彼女について知っていると思われるが……



関連タグ編集

ブルーアーカイブ ゲヘナ学園

関連記事

親記事

ゲヘナ学園 げへながくえん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました