ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ブルーアーカイブのメインストーリーVol.1「対策委員会編」、Vol.3「エデン条約編」などに登場する謎の怪人達。


メンバーの一人である黒服によると、遥か昔、キヴォトスには神を再現するためにAI開発を行う研究機関が存在しており、その研究に対して援助活動を行っていた組織が『ゲマトリア』を名乗っていた。

しかし、計画が頓挫し組織が解散した後に、黒服達がその『ゲマトリア』という名前だけを拝借して使っているという。そのため、過去にキヴォトスで活動していたゲマトリアと、主人公である先生と対峙している現ゲマトリアは別物である。

当記事では特別の註記が無い限り後者(現在のゲマトリア)について解説する。


メンバーは4人(厳密には5人)。目標や探求方法など、各々の考え方は異なっているが、どうやら『色彩』と呼ばれる謎の存在に対抗するために、キヴォトスの世界で神秘を手に入れ、解明しようと暗躍。神秘の探求・研究のためならば、あらゆるものを利用する。


一方殆どの者は、既存の別勢力が元々持っていた目的に便乗・支援する形で動いており、自ら他人を扇動・支配し武力侵攻を行う事は無く、立場上は敵対関係にある先生に対しても好感すら持っている程(ベアトリーチェのみ例外で、他メンバーとの軋轢も目立っていた)。


メインストーリーFinal.「あまねく奇跡の始発点編」にて「色彩」の襲撃を受け、メンバーは負傷。今まで入手した様々な武器や秘儀などを奪われて一時的に組織を解散することになる。


主要人物

※個別イラストを探している方は各タグのリンクへお願いします。

黒服

黒服

黒いスーツを着た謎の存在。

詳細は個別記事にて。


マエストロ

マエストロ&ヒエロニムス

タキシードを着た謎の存在。

詳細は個別記事にて。


ゴルコンダ&デカルコマニー

ブルアカイラスト003 ゴルコンダ&デカルコマニー

コートを着た首無しと、男性の後ろ姿の写真の二人組。

詳細は個別記事にて。


ベアトリーチェ

ベアトリーチェ

貴婦人の様な謎の存在。

詳細は個別記事にて。


フランシス

フランシス、黒服

「あまねく奇跡の始発点編」に登場する、正面を向いた不気味な顔の肖像画。

詳細は個別記事にて。


地下生活者

A person who lives underground.

ゲマトリアを追放されたメンバー。フランシスにより解放される。

詳細は個別記事にて。


ゲマトリアと関連するもの

デカグラマトン

総力戦ビナー

人の手で新たな神を再現するという理念のもと、とある研究機関によって作られた超人工知能。

長い年月を経て、神の存在の証明に至る。

自らを「音にならない聖なる十の言葉」と称し、自身の信奉者となるセフィラから採られた10人の預言者と接触し、パスを拓いた。

この人工知能らは機械でありながら、キヴォトスにおける生徒たちと同じように頭上に光輪があるが……

黒服は各預言者のパスの確保を目的としている模様。

現時点で確認されているのはケテル、ビナー、ケセド、ゲブラ、ホド、マルクトの系6体。このうちビナー、ケセド、ホドは総力戦ボスとして登場し、ケテルとゲブラも不定期イベント・特殊作戦にてボス級エネミーとして出現しているが、マルクトのみ外観以外の詳細は不明。


ミメシス

複製を意味する言葉であり、マエストロからは「根源の感情のレプリカ」と呼ばれる。

メインストーリーにおいてはこのミメシスの力で観測した“神秘”の裏側である“恐怖”を生きている生徒に適用できるかを実験するつもりだったことが黒服により語られている。


シロ&クロ

ブルアカイラスト002 マエストロ

スランピアに廃棄されたドール達に、人々の「幸せ」や「歓喜」といった感情の残滓が宿った結果生まれた生き人形。

総力戦のボスとして登場しており、各種スキル名を見る限り2体ともハイテンション気味の性格らしい。


ユスティナ信徒

センシティブな作品

自然発生した(と思われる)シロ&クロとは違い、アリウスと取引を行ったマエストロによって作製されたミメシス達。元となったのはシスターフッドの前身にあたる分派、ユスティナ聖徒会の信徒達。

「エデン条約」という戒律の守護者、そしてアリウスと深い関わりを持つベアトリーチェの戦力として先生たちの前に立ち塞がった。

2023年の水着イベントでは水着姿のユスティナ信徒が特にマエストロ関係なくエネミーとして登場した。


バルバラ

センシティブな作品

ユスティナ聖徒会において最も偉大と謳われた聖女のミメシスで、ベアトリーチェの切り札。

ガトリングと巨大な砲台を両手に持っており、圧倒的な戦闘力を誇る。


聖徒の交わり(Communio sanctorum)

複製(ミメシス)で完成された存在で、制作には主にマエストロが関わっている模様。

ゲマトリアは「崇高」の顕現を目指していたものの、「崇高」の持つ「神秘」と「恐怖」という二面性のうち、「恐怖」にしか近づくことが出来ず、その「恐怖」も複製に過ぎなかったという結果に陥ってしまった。

そのため別のアプローチが行われた結果、「崇高」とは異なる古の教義を利用し、別の角度から「崇高」に近づこうとすることになった。結果、受肉は成功し「聖徒の交わり」が顕現した。


ヒエロニムス

ヒエロ

マエストロ曰く、前述の「聖徒の交わり」を率いる受肉せし教義

トリニティの地下に封印されていた太古の教義の神秘からマエストロが作り出した人工の天使で、最初の成功例。

総力戦ボスの一体だがメインストーリーにも登場しており、この時は不完全な状態だったもののマエストロ自身の意思によって起動している。

また、このヒエロニムスとはストーリー内で実際に戦うことになるのだが、あらかじめ用意された固定パーティーではなく、プレイヤーの手持ちユニットを編成する戦闘となっている。しかしこれが非常に厄介

ヒエロニムス自体は不完全状態のためか総力戦時に比べ攻撃がかなり手ぬるくそこまで脅威ではないのだが、問題は取り巻きのユスティナ信徒。

倒しても定期的に4〜5体がリポップする上に、やたらと攻撃が痛く、キャラの育成が足りていないとタコ殴りにあって気がつけば全滅してしまう。そのため、ブルアカを始めてすぐにストーリーのみを消化してきた先生達にとっては実質的な詰みポイントであり、推奨値レベルである50辺りになるまでその先のストーリーを読むことができなくなる。


アンブロジウス

アンブロジウス

一応「聖徒の交わり」の1体ではあるのだが、マエストロ曰く失敗作の模様。

しかしそれでも大抵のミメシスを凌駕する力を持っており、メインストーリーだけでなくイベント、通常任務など複数の任務においてボスユニットとして度々先生の前に立ち塞がる。


グレゴリオ

グレゴリオ

メインストーリー内にて言及があった存在。その時点ではまだ準備が終わっていなかったが、どうやら完成に漕ぎ着けたらしく2023年7月5日から開催された新総力戦にて登場。

指揮者とピアノ演奏者という二つの肉体を持ち、どちらも首がないという他の「聖徒の交わり」以上に異形の見た目をしている。

多数の聖歌隊を召喚・使役する能力を持ち、音楽を用いて攻撃を仕掛けてくる。


止め処無い奇談の図書館(The Library of Lore)

ゴルコンダから「希有なテクストを持ちうる記号」と呼ばれ、噂や都市伝説といった本来無意味な話題が自ら「崇高」の境地へと至り具現化した存在。

曰く、「神秘」も「恐怖」も無いままに胎動した新たな「崇高」とのこと。


ペロロジラ

総力戦ペロロジラ

「ペロロジラのぬいぐるみを輸送していた船が沈没してしまい、市場に出回ることが叶わなかった」という都市伝説が具現化した存在。

ふざけた見た目をしているが具現化した方法が方法なのでその脅威度は折り紙付きである。


ゴズ

ゴズ

スランピアのアミューズドールで、外観からわかる通りマジックショーを行なっていた。

ミメシスで顕現したらしいが、前口上を担当しているのがゴルゴンダであることに加え、彼の発言からゴズに関する都市伝説が存在していた可能性があるため、現時点では「止め処無い奇談の図書館」に分類されるという説が有力。


関連イラスト

センシティブな作品神秘の探究者


関連タグ

ブルーアーカイブ

関連記事

親記事

ブルーアーカイブ ぶるーあーかいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4581733

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました