2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「千代に八千代に独演かさね 磨き上げたる孤独の真珠」
「舞台の境界 芝居の彼岸 そこで光るは真実(まこと)の白金(プラチナ)」
「『フラウ・ペルレ』 鶴姫やちよ この世は舞台 王すらも役者――ですよ?」

「千代に八千代に独演かさね 磨き上げたる王者の白金」
「戯曲の来し方舞台の行く末 全てを超えろ 主役のあたしで!」
「『フラウ・プラティーン』 鶴姫やちよ この世は舞台 あたしの舞台よ!」

概要

所属シークフェルト音楽学院舞台俳優学科1年
誕生日11月9日
好きなこと裁縫/生地屋巡り
苦手なこと急な予定が入ること
好きな食べ物コーヒー/フルーツサンド
嫌いな食べ物酢豚のパイナップル
武器名ペルレンプファイル(ボウガン
CV工藤晴香


シークフェルト音楽学院で最も優秀な5人の生徒「エーデル(気高き君)」のメンバーであり、「フラウ・ペルレ(真珠の君)」の称号を持つ。生徒会会計も務めている。

色香のある雰囲気と悪戯めいた言動が特徴的な舞台少女。
飄々とした性格であまり本心を見せず、同学年のリュウ・メイファンが熱烈に雪代晶を信奉しているのとは対照的に他の「気高き君」達を俯瞰的に観察している。
そんな彼女には秘密があるようで……

腹に一物抱えているような雰囲気をまとっているが、実際は想像の世界に入りやすい性格で、生徒会に送り込まれたスパイの役などを自分で演じて楽しんでいる。
周囲を煙に巻くいたずらっぽい言動で日々を送っているが、これもいくらかは演技らしく、時折ウブな反応を見せることもある。

裁縫や服飾に秀でており、自作衣装で大舞台に立つことが夢。
特技は目測で女の子のスリーサイズを当てること。

ユニット一覧

シークフェルト音楽学院(☆2)

はぴばやちよ


シークフェルト音楽学院のレヴュー衣装を纏った姿。
シークフェルトのメンバー共通の白のコート&黒を基調とした軍服風の衣装。武器はボウガン。
他のメンバーはスカートやジャケットに白地が入っているが、やちよのみ黒一色というデザインであり、スリットの入ったタイトスカートが印象的。
ユニットとしての性能はACTパワー(攻撃力)の高いメンバー2名にACTパワーアップ&必中を付与という独自のサポート能力を持つ。
クライマックスアクト(必殺技)は前方の敵一体に大ダメージ&HP回復量低下の「ペルレンプファイル」。
副次効果の回復量低下は役立つ場面は少ないがやちよ自身の攻撃力は同レアリティ内では高めなのでダメージソースとしては期待できる。
属性は「宙」。シークフェルト内では夢大路栞と同属性。

大地の神(☆4)

やちよさん(スタリラ)


「気高き君」が主演となる演目「Elysion」の衣装。
やちよが演じる役は心に傷を負い笑顔を無くした「大地の神」。衣装は徹夜で作った自作らしい。
やちよ曰く「大地の神」の性格は自分とは正反対、とのこと。
ユニットとしての性能は高いACTパワーを所持している上で、属性が全属性に攻撃有利・防御不利となる「夢」であるため、トップクラスのアタッカー。
クライマックスアクト「フルフトバーカイト」は全体に大ダメージ&毒付与という効果であり、その強力さからシナリオ攻略は元より対人戦でも大いに力を振るっている。
そんな彼女の天敵は夢大路文
文はレアリティの如何を問わずACTパワーの高い相手を優先攻撃する能力を所持しているため、高攻撃力のやちよは狙い撃ちされ易く、夢属性故の低防御力も相まって力を振るう前に倒されてしまう可能性もある。
やちよは育成することにより戦闘開始と同時に自身に回避を一回付与できるようになるが、文のクライマックスアクトは高ACTパワー優先攻撃な上に多段Hitするため1Hit目は回避できても2Hit目からダメージを負ってしまうため、相性が非常に悪い。

関連イラスト

大地の神
鶴姫やちよ(和服)


Cupid Yachiyo
鶴姫やちよ(アルセーヌ・ルパン)



関連動画

【スタリラ】シークフェルト音楽学院 鶴姫やちよ 自己紹介動画


関連タグ

少女☆歌劇レヴュースタァライト スタリラ
シークフェルト音楽学院
やちメイ - リュウ・メイファンとのカップリングタグ。
やちしお - 夢大路栞とのカップリングタグ。




















※ネタバレ注意




















最近のやちよちゃん絵


やちよはいつも「ひとりではない」。
やちよには生まれた時から彼女にしか見えない(心の中にいる)鶴姫ちとせという「お姉ちゃん」(イマジナリーフレンドに近いようだが、二重人格のような描き方をされる場面もある)がいるのだが、どうもそのことで家族や他人から色々言われてきたらしく、その存在を周囲には秘密にして心の中にしまっておくにつれ、いつしか「ちとせお姉ちゃん」はやちよにとって現実の家族や友達以上に大切な存在となっていった。
しかし、「エリュシオン」に始まり、エーデル5人や、その縁で知り合った他校の舞台少女たちとともに舞台を作るほど、だんだんと「ちとせお姉ちゃん」の声が聞こえなくなっていく。

お姉ちゃんとの舞台よりも眩しいものがあるなんて認めたくなかった。
お姉ちゃんの知ってるあたしじゃなくなっていく気がして怖かった。
それに対してお姉ちゃんが怒っているのかもしれない。

どこか自分を含む周囲の環境を俯瞰して見ているような視点はこうして形成されて行ったと思われる。ひとりの世界に没入しているように見える時も、本当は「お姉ちゃん」がいっしょだったのだろうか。
誰にも話せない苦しみの日々は、しかし『戯曲A』で共演した真矢クロの言葉で寛解する。

「声が聞こえなくなったのは、移ったからじゃないかしら」
「あなたの隣から、観客席に」
「あなたを応援するために」

このふたりも晶に頼まれ、やちよへの荒療治として2対1で相手をしていた。
自分の秘密を気づき、受け止め、信じてくれた人ができたという安心感からか、ずっと聞こえなかった「お姉ちゃん」の声が観客席から聞こえてきた。

「いってらっしゃい」

関連記事

親記事

シークフェルト音楽学院 しーくふぇるとおんがくがくいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1134916

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました