ピクシブ百科事典

アルカナ・アルカディア

あるかなあるかでぃあ

スタリラに登場する舞台少女をタロットに擬えたシリーズ。
目次[非表示]

概要

スタリラ二周年を記念して解禁された舞台少女をタロット(大アルカナ)に擬えたシリーズ。
メインストーリー#13と話が連動している。

ゲーム内の初期プレイアブルキャラの舞台少女が全24名なのに対し、一般的な大アルカナの場合、計22枚しかなく2人余る計算になる。
しかし、第13話で最古のビスコンティ・スフォルツァ版タロットがモチーフの舞台であることが判明し、知名度の高い22枚に三大美徳「希望」「慈善」「信仰」の3枚を加えた計25枚のカードが各舞台少女に割り当てられることとなる。
この3枚のカードは情報量が少なさ過ぎて表現が難しいことから、雨宮詩音の提案で新しいものを創り上げることをコンセプトとしているフロンティア芸術学校が担当することとなった。

なお25枚体制となった場合、今度は逆に1枚余ってしまうこととなるが…

各舞台少女の性能

最大の特徴はパーティ編成コストが15かかる代わりに、総合力10000越えという破格の性能を持っている点(それまでに一人につきかかっていたコストは12だった)。そのため立ち位置が後衛でも非常に硬かったり、前衛なのに非常に攻撃性能が高いといった事象が普通に有り得るのである。

通常アクトやクライマックスアクトの性能も強力…という表現を越えてもはやぶっ壊れと言っても過言ではなく、特に解除不可能な状態異常攻撃が非常に厄介。オートスキルに関しても、☆4舞台少女シリーズや誕生日限定舞台少女級の強力なものを備えている。
彼女達が出場可能なVSレヴューでは必ずと言っても良いほど猛威を奮っており、上位ランクを狙う場合は要対策。プレイヤーLv上限や絶対数の少なかった頃ならBAN機能で何とか出来たのだが、現在は3人以上この舞台少女で固められているパーティもウジャウジャいるため初心者にはとてもじゃないが高ランクを狙うのは至難の業と化している。

最大の欠点はそのコストの高さ。デフォルトのコスト上限は105のため、5人フルで戦う場合どうしてもメモワール分のコストを削らなければならず、コスト上限を108に増やすにはプレイヤーLvを121まで上げるしかない。そのため、使いこなすには高いプレイヤーLvの方も必要になってくる。

各舞台少女一覧

番号暗示演者
0愚者
1魔術師田中ゆゆ子
2女教皇星見純那
3女帝リュウ・メイファン
4皇帝雪代晶
5法皇
6恋人西條クロディーヌ
7戦車
8石動双葉
9隠者露崎まひる
10運命の輪
11正義大場なな
12吊られた男秋風塁
13死神巴珠緒
14節制
15悪魔花柳香子
16神楽ひかり
17
18大月あるる
19太陽
20審判胡蝶静羽
21世界天堂真矢

三大美徳

暗示演者
希望野々宮ララフィン
慈善恵比寿つかさ
信仰叶美空

関連タグ

スタリラ タロット 大アルカナ

関連記事

親記事

スタリラ すたりら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルカナ・アルカディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1057

コメント