ピクシブ百科事典

黄色ブドウ球菌

おうしょくぶどうきゅうきん

細菌の一種。
目次[非表示]

黄色ブドウ球菌(おうしょくブドウきゅうきん)は、ヒト皮膚などに住みついている細菌であり、ブドウ球菌の一種である。
ときに病気の原因になることがあり、AIDS糖尿病などで免疫力が低下している人に重い感染症を起こすことで有名。また、健康な人でも食中毒や軽い皮膚の病気を起こすことがある。

黄色ブドウ球菌が引き起こす主な病気

食中毒

黄色ブドウ球菌が産生した毒素を含む食品を食べることで発症する。がある人が調理したおにぎりサンドイッチなどが原因となることが多い。
主な症状は激しい嘔吐で、下痢を伴うこともある。発熱は稀。通常、1~2日程度で回復し、死亡例は稀。
手に傷がある人(特に化膿している場合)を調理に関わらせないことが重要な予防方法である。
なお、あくまで原因は菌ではなく毒素であるため、菌自体が死んでいても毒素が残っていれば中毒を起こすので注意。また、この食中毒は感染症ではなく、むしろ毒キノコフグ毒(テトロドトキシン)にあたるケースに近い。

感染症

黄色ブドウ球菌がAIDS白血病糖尿病などで免疫力が低下している人の体内に侵入すると、敗血症血液中に細菌が侵入する非常に危険な病気)・肺炎心臓の炎症・髄膜炎などの重篤な病気の原因となることがある。これを日和見感染といい、通常は特に問題がない微生物でも、免疫力が低下している場合には深刻な病気を引き起こすおそれがある。日和見感染を起こす微生物には黄色ブドウ球菌の他、クリプトスポリジウムランブル鞭毛虫ジアルジア症病原体)、トキソプラズマなどがある。
近年、一部の治療薬が効かないタイプの黄色ブドウ球菌が出現しており、問題となっている(これに関しては後述する)。
また、健康な人であってもとびひなど軽い皮膚の病気になることもある。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「黄色ブドウ球菌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401

コメント