ピクシブ百科事典

25番という選手

にじゅうごばんというせんしゅ

広島東洋カープ・新井貴浩の呼称の一つ。
目次[非表示]

概要

2007年のシーズンオフ、広島東洋カープ新井貴浩FA宣言を行った。
記者会見の際、新井は「辛いです、カープが好きだから」「FAなんてなかったら良かったのに」などと涙を流しながら発言し、広島ファンも「プロである以上、好待遇を求めるのはやむを得ない」と諦めて、新井を送り出そうとしていた。
ところが新井はその会見の直後、阪神タイガース関係者と満面の笑顔で会食している姿を目撃される。
広島ファンは「何が『辛いです』だ!」「出来レースじゃないかよ!」と激怒し、新井は一転して悪役になってしまった。

そして2010年。8月一杯でカープの本拠地であった旧広島市民球場が閉鎖・解体される事になり、思い出の球場との別れを惜しむファン達のバックヤードツアーが行われ、テレビでも放映された。
そこで案内役を務めた「カープかたりべの会」メンバーが、カープの選手達のサインが寄せ書き風に書かれている一角を紹介するが、誰かのサインが不自然に消されていた。案内役はそこを指さして、
「ここちょっと消えてますね、25番という選手がいたんですけど」
と説明した。言うまでもなく新井のサインである。消したのは誰かは不明であるが、とにかく新井はサインも残させてもらえない、名前も呼んでもらえないという、存在そのものが黒歴史扱いになっているという現実が如実に示された一幕であった。

そしてさらに時は流れ2014年オフ、阪神を自由契約になった新井は広島に電撃復帰。複雑な心境の広島ファンに成績で示すがごとく活躍を見せ、2016年にはMVPを獲得し、チームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた。ようやく彼は許された……のかもしれない。

関連タグ

広島東洋カープ 辛いさん
25番というフレンズ・・・「アライさん」というキャラつながりのネタ

余談

なお、新井貴浩のサインを消した行為は器物損壊の罪に問われる可能性もある行為で或る事を付随しておく。

pixivに投稿された作品 pixivで「25番という選手」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9406

コメント