ピクシブ百科事典

AA-12

おーとあさるととぅえるぶ

AA-12は、アメリカの銃器メーカー、ミリタリー・ポリス・システムズ(MPS)社が製造・供給するコンバット・ショットガンである。フルオート射撃が可能。
目次[非表示]

概要

 アメリカの銃器メーカーであるMPS社が2005年から製造・供給を開始したコンバット・ショットガンである。フルオート射撃が可能で、接近戦闘では高い制圧力を誇る。

歴史

 1972年、アメリカの銃器設計技師、マックスウェル・アッチソンは、軍・警察向けの自動装填式コンバット・ショットガンを設計し、これを「アッチソン・アサルト12」と命名した。
この銃はオープンボルト方式を採用し、フルオート射撃が可能で、耐久性に優れた製品であった。
後に、この銃をもとにして「USAS12」というコンバット・ショットガンが開発され、1980年代に米軍の第三世代戦闘散弾銃選定トライアルを受けた。
 しかし、米軍内部で「フルオート・ショットガンなど実用性ゼロ」という声が高まり、トライアルそのものが白紙撤回されてしまう。
哀れアッチソン・アサルト12はいらん子のレッテルを貼られてしまったのである。
 この仕打ちがよほどショックだったのか、アッチソンは1987年、アッチソン・アサルト12に関する諸権利を、テネシー州に本拠をおくミリタリー・ポリス・システムズ社に売却してしまう。
米軍から冷たくそっぽを向かれたこの銃のパテントを、なぜMPS社が購入する気になったのかは分からないが、「買っちまえよ」というアクマのささやきに、社長がノってしまったのかも知れない。
 それから20年近く、MPS社は地道にアッチソン・アサルト12の改良に取り組み続けた。
そして2005年、ついに満足のいく製品が完成し、MPS社はその銃を「オート・アサルト12(Auto Assault 12)」と名づけて発表したのである。

特徴

 AA-12は、前身であるアッチソン・アサルト12の基本設計を受け継ぎつつ、各所を近代化する形で完成された。
 ちなみに、改修ポイントはセミオートポジションの削除など、188箇所にも及ぶ。ただ、徹底的に改修された結果なのか、 外見はのっぺりしていて味気ないことこの上ない。
 標準的なマガジンは8連のボックス・タイプだが、フルオートオンリーゆえに弾切れになってしまうのを防ぐため、専用の20連もしくは32連のドラムマガジンが供給されている。
それでも、連射速度は毎分350発であるため、焼け石に水ではあるが。
いい加減セミオート機構を復活させろよ・・・
(極端に早い連射速度ではないため、一応指きりでセミオート射撃は可能ではあるが...)

 また、作動の信頼性には定評があり、デモンストレーションでは逆さになった状態で快調な作動を披露してみせた。
 また、意外に思われるかも知れないが、本銃は射撃時の反動が小さく、フルオートでも制御しやすい。
これは長大なリコイル・スプリングを採用したためで、MPSはこれを「コンスタント・リコイル方式」と呼んでいる。
 挙句の果てにこの銃は後述の『FRAG-12』を使用した場合、ミドルバレルのショットガンでありながら有効射程が180mにまで跳ね上がるため単純な制圧力もトンデモなく高い。
 更にMPS社はアクション・マニュファクチャリング・カンパニー社などど協力し、本銃のための特殊弾薬も開発した。
それが先に述べた『FRAG-12』であり、12ゲージのショットシェルに収まってしまうサイズの世界最小のグレネード弾である。
この超小型グレネード弾には通常の榴弾(HE)の他に徹甲弾(HEAP)も用意されており、やろうと思えば軽装甲車両を破壊することも可能である。
また、将来的には、銃にマウントしたFCS(射撃管制装置)と連動したセンサーを内蔵し、敵の頭上で空中爆発するエアバースト弾(HEAB)も開発される予定である。
 こうした凶悪なポテンシャルを秘めた本銃は、当然のように軍・法執行機関向けに大々的なセールスが行われた。その甲斐あってか、2009年4月には、米海兵隊で限定採用され、試験評価が行われた・・・が、やっぱりフルオートショットガンは軍隊では歓迎されにくいのかその後の進展は不明である。
 なるほど、世の中は甘くはないようだ・・・。

スペック

全長966mm
重量4.76kg
口径12ゲージ
装弾数8/20/32発
連射速度350発/分


メディアでの活躍

映画

 バーニー・ロス(シルヴェスター・スタローン)率いる傭兵部隊の一員、ヘイル・シーザー(テリー・クルーズ)が使用。
『オマイヤ・カブーン』なる小型グレネード弾(人間に着弾すれば風穴を開けたり頭を木端微塵にし、車両やガンタワーに着弾した場合は大爆発を起こす、FRAG-12以上の破壊力を秘めた超強力弾丸である)をマガジンいっぱいに詰め込んで景気よくぶっ放し、文字通りの屍山血河を築いた
 冷静に考えると、散弾故に流れ弾も多く使いどころが限定されるショットガンをチームとして行動しながらメインアームとしている時点で何かがおかしいのだが、細かいことを気にしてはいけない(なんせ、シーザーはこの銃の妹と称してコンバットナイフの代わりに西洋カミソリを使うような俺ジナルな感性のオーナーである。ちなみにAA-12がカノジョ、もしくは嫁)。
 続編の『EXP2』では、ロスの商売敵・トレンチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)がシーザーから借り受け、腰だめでぶっ放して大勢の敵戦闘員をミンチにしてしまった
シュワちゃんを敵に回した時点で生還が期待できないことは、戦闘員の皆様も理解していたろうが、これはひどすぎる。自重しようぜ、シュワちゃん……。

 傭兵のロイス(エイドリアン・ブロディ)のメインアームで、その全貌が良く観察できる。
デジタル迷彩塗装が施されており、レイル化された豪華仕様。
彼を拉致したプレさん達が持たせた物だが、何の躊躇もなく使っているあたり、普段から愛用していたものと思われる。

ゲーム

CoD:MW2CoD:MW3では箱型マガジンの物が登場するが、先述したように射撃モードがフルオートオンリーなのですぐに弾切れに・・・通常のショットガンをコッキングしてる感覚で使うといい。

パラサイト・イヴ2
作中ではさらに発展した形態のAS-12という名称で最強のショットガンとして登場し、20発の装弾数と再現された高い連射性能とショットガンとしては一番長い射程のおかげで、特にR・スラッグを最大限活かしてゴーレム相手に大活躍するが、如何せん高価なので一周目ではSP12(いわゆるスパス)に活躍の場を譲りがち。

ディビジョン
エキゾチック武器の1つとして登場。専用の固有名詞が与えられているエキゾチック武器の例に倣って「AA-12」ではなく「ショーストッパー」の名前で登場する。
同名の固有タレントを持ち、能力は「マガジンが残弾が減少するほど命中率が上がる」というもの。

エアソフトガン

エアソフトショットガンというもの自体が、散弾銃の皮を被った狙撃銃とするか、完全なネタ装備(もしくはモデルガン的な鑑賞アイテム)であったサバゲ界隈においてこのテの商品はまず開発されないだろう、開発されたとして本来の機能は期待できないだろうと考えられていたが、ミリタリー・ポリス・システムズ社が聞いたものと同じ悪魔の囁きを聞いてしまったエアソフトガンメーカーがあった
そう、東京マルイ社である
同社初の電動ショットガンであり、エアショットガン、ガスショットガンに続く第3のパワーソースとなる。
三つのバレルと三つのシリンダーによる三発同時発射という構造もエアショットガンから受け継がれており、有効射程内における単純な制圧力は高く、交戦距離に制約が出やすいインドア戦においてはチートクラスの威力がある。このため一部のフィールドでは出禁処分となっている
(なお拡張性の低さや、バッテリーの汎用性、マガジン:通称「大根おろし」の携帯性の悪さなど、現状は総合的には”最強”というわけではない。カスタムパーツや改造の為の知恵が出揃うことでサバゲ特化の実銃の構造なんて知るかというカスタムにより改善される可能性はある)
オプションとしてドラムマガジン型の電動給弾マガジンが用意されており、その場合の装填数は約3,000発(1000発)。
ちなみにマルイオリジナルとしてセレクターにセミオートポジションが追加されており、セミオート射撃も可能。

pixivに投稿された作品 pixivで「AA-12」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195117

コメント