ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※本項目には「Undertale」の全てのルートに関わる重大なネタバレが記されています。
※物語の最も核心に迫る内容であり、未プレイ・一部ルートをクリアした方の楽しみ、あるいは感動を強く削ぐ可能性があります。閲覧は全て自己責任でお願いします。


























概要

mercy


「フリスク」とはこのゲームの主人公であり、プレイヤーが操作するキャラクターである。
ただし、たまに勝手に行動し、操作できないこともある。

地下に落ちてきたニンゲンの子ども
地下の世界にはモンスターのみが暮らしているため、劇中では唯一の人類となる。
主人公の目的は地下世界から脱出することである。

このゲームはモンスターたちは戦闘画面で結構細かいデザインがわかるようになっているが、主人公についてはマップ上のドット絵でしか表されない。しかも8ビット風のファミコン絵なので外見については非常にざっくりとした感じでしかわからない。
ドット絵を見る限りは見た目は焦げ茶っぽい髪の毛で肌は黄色。青地に紫っぽいボーダーが入った長袖の服と、青いズボンと茶色い靴を着用している。ボーダーは二本以上ある。
そして無表情で((-_-)←こんな顔)常に目を閉じている。(細目の可能性もある。)
ただし、サンズが表情から色々察することができることから実際は表情豊かだと思われる。

作者は「どういう人種ともとれるような外見にした」らしい。
そのため、主人公に細かい描写は殆ど無い。
中性的な外見をしているため、性別すら不明。
不明というより「作者が決めてない」という方がより正確であり、プレイヤーが考えた性別や人種でロールプレイしてくれればそれで良いというスタンスである。実際、英語版では二人称に「he」「she」「boy」「girl」を用いずに「they」「child」「the Human」などと呼ばれており、公式日本語版もそれに準じて「キミ」「あなた」「おまえ」「きさま」など性別を限定しない表現が徹底されている。
二次創作では描き手の解釈によって男性か女性かが異なっており、どちらが正解ということは無い。
今時の精緻なグラフィックのゲームではこういうスタンスをとるのは難しく、この作品がレトロゲーム風の雰囲気であるからこそと言えるだろう。

バタースコッチシナモンパイが好き。どんな食べ物でも美味しく食べる。
テミーアレルギー。

本当の名前

このゲームは「地下におちてきたニンゲン」を操作し、地上に戻るまでの冒険を描いたRPGである。
ゲームをスタートすると最初に「地下におちてきたニンゲンのなまえ」をつけることが促される。
この時にプレイヤーがつける名前は、バトル画面に表示されるのだが、モンスターからは一貫して二人称か「ニンゲン」とのみ呼ばれる。
唯一フラウィがプレイヤーが入力した名前を呼ぶ場合がある。
ふざけた名前(またはパピルス)でプレイすると特にPルートでシリアスが台無しになるため注意が必要である。

しかし、せっかく名前を入力したのに、なぜ周りはその名前で呼んでくれないのだろうか?
その答えは、プレイヤーが入力した名前は主人公の名前ではないからである。
そしてPルートでようやく明かされる主人公の名前こそが「フリスク」なのだ。
ちなみに、Pルート以外ではこの名前は明かされない。
では、プレイヤーが入力した名前は一体なんだったのか……? という方はこちらへ。
【ネタバレ注意!!】
なお、『Frisk』は米国英語で「子どもが軽快に跳ね回る、じゃれて飛び回る」という意味の単語である。

ちなみにこの名前を先に知ったからと言って、最初から「Frisk」「フリスク」と名前をつけてゲームを開始すると、高難易度の『ハードモード』が始まってしまう。

けいこく:このなまえは
じごくへの いりぐち…
このまま はじめますか?

そして、序盤最初のボス戦を終えるとメタ的なギャグエンドでそのまま終わってしまう。
昨今では本作がメジャーになったことで「主人公の名前」の情報だけを先に知ってしまうプレイヤーも居るため、ある意味罠である。

個性と性格

その他はプレイヤーの選択次第でどんな個性にもなりうるが、フリスクという名前が明かされるのが友好的な選択をした場合のみであるため、優しい性格と決めて描かれることもある。

能力

人間はモンスターと違い「水でできている」物理的な存在なので、身体が魔法でできているモンスターに対し非常に強い。このため、おもちゃのナイフや空っぽの銃といった武器でないものを使って殺傷することもできる。LVが上昇するごとに攻撃能力は高まっていく。モンスターは感情によって強さが変わるため、会話によって油断させたモンスターを一撃で倒すことも可能。

一方で、精神面は人間とモンスターで共通するものがあり、モンスターたちと心を通わせることもできる。

地下世界に落ちた主人公は、「Determination(決意。公式日本語版ではカタカナ表記でケツイ)」によってSAVE(セーブポイント)で自身のHPを回復したり、「セーブ」を行ったりできる。「セーブ」された後のイベントは何度も読み込むことができるが、完全にリセットされない限りこのゲームの登場人物の記憶は守られる。

関係

UNDERTALEまとめ2



最初に襲って来た敵→フラウィ
最初に出会った味方→トリエル
最初に出会ったゴースト→ナプスタブルーク
最初にジョークぶっかけてきたモンスター→サンズ
最初にデートしたモンスター→パピルス
最初に槍を投げつけてきたモンスター→アンダイン
hOi!!→テミー
最初に出会ったコミュ障→アルフィー
最初に踊ったロボット→メタトン
最初に出くわしたお嬢様→マフェット
最初に出会った変顔のお兄さん→バガパン
最初に対面した王様→アズゴア

※適当にまとめたので詳しく知りたい方はこちら

関連イラスト

ちょこっとUT3
【UT】MY demon


Congratulations again!
UNDERTALE: frisk


Logs
目が覚めたら



関連タグ

undertale Human(Undertale) 主人公

関連リンク

関連記事

親記事

Human(Undertale) おちてきたにんげん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Frisk(Undertale)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Frisk(Undertale)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1418727

コメント