ピクシブ百科事典

K360

けーさんびゃくろくじゅう

東洋工業(現:マツダ)が生産していたオート三輪。

概要

東洋工業(現:マツダ)が生産していたオート三輪

同社初のオート三輪として1959年に誕生。
ライバルはダイハツミゼットだが、エンジンはミゼットが2ストローク単気筒に対し本車は4ストローク2気筒であり、乗り味の上質さでは勝っていた。
また、タイヤがミゼットより大きく走破性が高いのもポイントだった。

デザインは当時の商用車にしては凝った流麗なもので、当時から評価が高かった。
愛称は「けさぶろう」

デビューこそ華々しかったものの、すぐに軽トラックの台頭が始まり、オート三輪自体の市場が縮小していく。
競合他社が次々と脱落していく中でミゼットと共に生き残ってきたが、1969年に生産終了。

兄弟車に排気量を拡大したT600がおり、こちらは1971年まで生産された。
後継は1968年に登場した軽トラック、ポーター

関連項目

オート三輪 軽自動車

関連記事

親記事

MAZDA まつだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「K360」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4770

コメント