ピクシブ百科事典

RPGツクールXP

あーるぴーじーつくーるえっくすぴー

RPGツクールXPとは2004年に発売されたRPGツクールシリーズの一つである。
目次[非表示]

概要

PCRPGツクールシリーズの一つであり、RPGツクール2003の後継にあたる作品。シリーズで始めてスクリプトRGSS)が導入されたのが特徴的。

前作からの進化

RGSSの導入によりスクリプトを自作や改造、または配布されている素材を導入する事により、システム面の変更が出来ることが売りの一つであり2003まではツクールの仕様上変更できなかった点まで変更が可能になった。

例えば、従来「HP1000万の敵を作りたい」と思ったとしてもデータベースでHPの上限値が999999であったことからデータベースで直接HP1000万を設定することは出来なかった。例えば10万ダメージ与える度にHPを10万回復する、という事を100回行う(10万×100で1000万にする)ことで擬似的に再現することは可能であったが、バトルイベントに直接記述する、或いはコモンイベントを使うにせよ、敵グループ毎にその設定を行う必要があり、煩雑となり、汎用性も低かった。そして、例えば味方のHPの上限を5桁以上にするなどイベントを使ってもどうやっても表現できないことも多かった。

しかしながらスクリプトを使用することによって従来はできなかったデータベース上の上限やシステム上の制約などを取っ払うことが可能となり、例えば上述のような煩雑なイベント処理などを必要とせずに作成することが可能となった。

またそれ以外にもスクリプトを編集することで新たなパラメータの追加や独自性の高いシステムなどを作る事が出来るようになり自由度は非常に高くなった。実際にRPGツクールと銘打ってはいるが、スクリプトを編集することでそれ以外のジャンルのゲームの作成も一応可能となっている。

難点

しかしながら、スクリプト(RGSSはオブジェクト指向言語であるRubyをベースとしている)に対する高度な知識が必要な為、一部を除いたコンシューマ版しか手を着けた事のないユーザーや、初心者には非常に敷居が高くなってしまっている。実際にJavaScriptC言語を使ったことがあるユーザならばある程度マニュアルを読むだけで理解できるかもしれないが、そのようなものに触れたことがないユーザにとってはマニュアルを理解するだけでも難しいだろう。

そして、それに加えRPGツクール2003まではスクリプトなしにできていた多くのイベントやデータベースの設定が何故かXPではスクリプトなしには再現不可となってしまったのも敷居が高い理由の一つであり例えば2003では出来たのに不可能になった事の一例としては「二刀流」などが挙げられる。これにより前作まで普通に出来たことに対してもスクリプト編集を強要し、スクリプトが扱えないと前作までに出来たことさえ出来なくなるということはスクリプト利用者、非利用者問わずに大きな不満点であった。
シリーズを重ねる毎にいくらかのイベントコマンドは復活しているが、最新作のMVに至ってもまだ2003までのイベントコマンドが完全復帰したわけではない。
また本作から画面の解像度チェックもデフォルトで採用されており、1024×768に満たないPCの場合は認証以前に強制終了させられてしまう。

ネット認証

本作以降のRPGツクールでは不定期にネット認証が行われる為、オフラインでの継続使用が難しく様々な事情でネット環境が無くなってしまったりするユーザーへの配慮が全く無い(本作からPC版ツクールは全てネット認証が必要となり、インターネット環境があって当然とばかりにオフラインユーザーへの配慮を拒否しており、公式のQ&Aにおいてもネット認証不要バージョンの発売予定はないと言い切っている)。ちなみに現在では初回に認証を行えば以降の認証は行われなくなり、後継のVXやVXAceでも不定期のネット認証が行われていたが後に廃止され、初回認証のみとなった。

当初、Windows7の64bit版OSでは認証が成功しなかったため、エディターを開くことができず使えなかったが、VALUE!+版(後述)、およびVer1.04のアップデータを適用すると64bit版のOSでも使用可能になる。

2013年の後半からは認証システムも変更され、オンライン環境を持てない人のためにオフラインで認証するためのコードを発行してもらえるようになった。
こちらの新認証システムも、一度認証すれば同じ構成のPCを使っている限り定期認証は発生しない。

なお、これ以降のPC版ツクール(VXAceまで)ではRGSSがデフォルトで採用されており、システム面で便利になったRPGツクールVXRPGツクールVXAceの発売により、多くのユーザーがソチラへ流れてしまったと見られRPGツクールXPのユーザーや素材屋等は軒並み減少している。とはいえ、XP以降のツクールには相互互換性がないため、スクリプトがはじめて導入された作品、ということも相俟ってXPで作品を作成し続けるユーザは決して少なくはなく、注目・評価されている作品も多い。

素材規格
原則として、RPGツクール2003までの画像の2倍の大きさ。
新規追加の要素としてトランジション画像やアイコン画像が追加され、モンスターグラフィックはバトラーと名を改め、敵味方の両方に使用可能となった。
本作から歩行グラフィック(キャラチップ)の向き配置が変更され、以降のシリーズでも継続されている。本作のみ歩行パターンが4フレーム分あり、1画像に1キャラのみしか入れられないが次作以降は歩行パターンは3フレーム分に戻り、再び1画像に最大8キャラまで入れられるようになった。

廉価版の発売

現在は過去に実施された「コンテスト パーク」の受賞作品をサンプルゲームとして11本追加しPS2版「RPGツクール」のBGMを収録した低価格のVALUE!+版が2012年9月27日より発売されている。

関連タグ

RPGツクール RPGツクール2000 RPGツクール2003 RPGツクールVX RPGツクールVXAce RPGツクールDS
RTP RTP改変 ホコグラ モングラ 顔グラ RGSS

pixivに投稿された作品 pixivで「RPGツクールXP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221662

コメント