ピクシブ百科事典

TRD

てぃーあーるでぃー

トヨタ・レーシング・ディベロップメント (Toyota Racing Development,TRD) は同社の一部門でレーシングカーの開発の他に、レースで培った技術を生かしたトヨタ車用のチューニングパーツやカスタマイズパーツの製作、販売を行っている。商品はトヨタディーラーやトヨタ部品共販、有名カーショップなどを通じて行われる。

トヨタ・レーシング・ディベロップメント (Toyota Racing Development,TRD) は同社の一部門でレーシングカーの開発の他に、レースで培った技術を生かしたトヨタ車用のチューニングパーツやカスタマイズパーツの製作、販売を行っている。商品はトヨタディーラーやトヨタ部品共販、有名カーショップなどを通じて行われる。
前身は、トヨタ自動車販売(トヨタ自販)のツーリングカーレース用車両の開発を行っていたトヨペットサービスセンター特殊開発部。レース活動休止により一旦解散された後、1975年にトスコ・デポ(トヨタスポーツコーナーの略)を設立。1976年よりTRDの商標でブランド展開を行い、1984年には組織名もTRDに改称した。
2008年10月にはカローラアクシオ "GT" TRD Turboを発表。2010年4月には、同様のコンポーネントを流用したカローラフィールダー "GT" TRD Turboを追加で発表した。また、ヴィッツレース用のコンプリートカーヴィッツRS "TRD Racing"に代表されるコンプリートカーなども製造している。
東京オートサロン2011にはオーリスRSをベースとし、スーパーチャージャーや空力パーツなどを装着したコンセプトカー「AURIS GT Concept」を展示し話題となった。この車両の開発を生かしたパーツ「AURIS TRD Performance Line」が発売となった。
また、今までTRDではカスタマイズパーツの設定が無かったが、2011年8月、IS Fの一部改良にあわせてレクサス向けのパーツを初リリース。このパーツ群はCCS-P(Circuit Club Sport Partsの略)と呼ばれ、IS FのポテンシャルをTRDの技術力でさらに高めるハイパフォーマンスパーツパッケージである。2012年1月発表のGSにも設定され、今後のレクサスへのパーツ展開も広がると推測される。
2011年9月、TRDは2012年ヴィッツワンメイクレースのベースモデルとなる「ヴィッツRS Racing」を発売した。
2012年1月にはトヨタ自動車と富士重工が共同開発した86をベースとしたコンセプトカー「86 TRD Performance Line Concept」を東京オートサロンにて発表。この車両に装着されているパーツのほとんどが市販される。また、2013年からは86を使ったワンメイクレースも開催されることが決まっていることから、さらなるカスタマイズパーツやレースパーツが発売されることが予想される。
TRDとレース
1980年代以降、日本国内とアジア地域におけるトヨタのレース用車両の開発・製造・メンテナンスを担当している。ル・マン24時間レースに参戦したグループCカーや、全日本ツーリングカー選手権 (JTC,JTCC) 、全日本GT選手権 (JGTC) などのレース車両を開発し、SUPER GTではトヨタ・スープラに続いてレクサス・SC430を供給している。
また、ワンメイクの入門カテゴリとしてスターレットカップ(1981年-1984年)、フォーミュラ・トヨタ(1991年-2007年)、ネッツカップ(2000年-)を企画・開催している。
日産自動車におけるNISMOとは異なり自社でのレース参戦は行っていないが、自社で独自に開発車両並びにテストチームを保有しており、開発車両でSUPER GTの合同テストに参加することがある。なおテスト時のドライバーには、2011年現在脇阪寿一・立川祐路の2人が起用されており、このため2人はSUPER GTにおける「トヨタのエース」と呼ばれることが多い。
レース車両の開発・整備工場は、神奈川県横浜市にあるトヨタテクノクラフト横浜本社に置かれている。前身の特殊開発部時代はトヨタ自販系ワークスチームの拠点として「綱島」の愛称で呼ばれた。
コンセプトカー(ショー出展モデル)
BRADE Master TRD Concept R (2008年東京オートサロン)
Corolla Axio TRD Turbo【MC前】 (2009年東京オートサロン)
Corolla Axio TRD Turbo【MC後】 (2010年東京オートサロン)
AURIS GT Concept (2011年東京オートサロン)
86 TRD Performance Line (2012年東京オートサロン)
海外におけるTRD
北米
TRDブランドは使われているが、北米に関しては米国トヨタ自動車販売(略称:TMS)によって管理されており、商品のほとんどは米国トヨタの開発したものとなっている。北米向けピックアップトラックであるタンドラ・タコマには「TRDオフロード」と呼ばれるものがあるが、これらを含め、北米で販売されているTRD商品は米国トヨタが開発したもので、トヨタテクノクラフトがかかわっている部分はほとんどない。よって日本国内での北米TRD商品の入手は極めて難しい。
アメリカにおけるトヨタのレース拠点であるTRD USAは、元々はトムスの現地法人「トムス・オブ・アメリカ」として1974年に設立された。1979年、TRDがアメリカ進出に伴い買収し、その後TMSの100%子会社となった。IMSA-GTPへの参戦(イーグル・トヨタ)、CARTとIRLへのエンジン供給を経て、現在はNASCARシリーズ用の車両開発・供給を行っている。日本や欧州のTMGとの人事交流等は行われているものの、基本的にTRD USAが(一部はスウィフト・エンジニアリングなど外部コンストラクターの協力も得つつ)独自に開発を進めている。
アジア
アジア圏のTRD商品販売は主にトヨタテクノクラフトが担当するが、タイを中心とするアジア圏のトヨタ代理店で販売されるTRDコンプリートカーの開発は関連会社のTRD Asiaが担当している。TRD Asiaは、トヨタテクノクラフトの80%出資子会社である。

pixivに投稿された作品 pixivで「TRD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12538

コメント