ピクシブ百科事典

ルージュラ

るーじゅら

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.124
英語名Jynx
ぶんるいひとがたポケモン
タイプこおり / エスパー
たかさ1.4m
おもさ40.6kg
とくせいどんかん / よちむ


進化

ムチュールルージュラ

天パ姉妹



概要

ムチュールの進化系、いつか女神に進化する予定のポケモンである。
腰を左右に振りながら歩き、人のような言葉で喋るなど、微妙に何かをアピールしていそうだが、サーナイトミミロップと違い、変態達が見ても発情しない安定感。

全ポケモン中最も鳴き声が長い(2;24)。ポケモンの鳴き声は世代を経るに従って長くなる傾向があり、実際次点としてゼクロム、ギギギアル、ボルトロス(霊獣)、ダイケンキ…と新世代のポケモンが続いているにもかかわらず未だにトップの座をキープし続けている。

デザインが黒人差別だと外国で言われた為、顔の色が紫になった。しかし、本来のモデルはその時代に出現した珍獣のような顔の女子高生である。

名の由来は「ルージュ(口紅)」から。

とくこうはかなり高くとくぼうと素早さもそこそこだが弱点が多くぼうぎょが非常に低い。
その上、同期・しかも3匹ワンセットだったはずのエレブーブーバーに先を越され変な姿に進化できなかった。しかも赤緑では野生個体がいない(ニョロゾを通信交換するして手に入る個体しかいない)など、やたら不遇。
金銀では共に進化前の姿を手に入れた仲なのだが……。

なお相手を眠らせる技では命中率の高いあくまのキッス(ルージュラ専用技)など、結構技は充実している。
尚、初代だとこおり・エスパーの技を両方一致で使えるため圧倒的に低い防御にも
関わらず、前述のあくまのキッス等の利点もあり大会での使用率は高かった。

だが、第二世代にではあくタイプはがねタイプの登場、不遇だった炎、岩両タイプに強力な技が増えたこと、メガホーンシャドーボールの登場やふぶきの弱体化によって対戦から姿を消した。

れいとうパンチとゆきなだれを自力で覚えるが、能力と一致していないため、宝の持ち腐れである。
夢特性は「かんそうはだ」。進化前のムチュールは「うるおいボディ」というなんともスタッフの意図が見え隠れする特性になるようだ。
だが、雨パでも活躍するようになった。

現在は物理耐久の紙っぷり、弱点の多さ、中途半端な素早さが祟り中々活躍が厳しい様子。
まぁ、ポケダン世界では某氏を連想させる脅威の回避率でこちらを苦しめる難敵と変貌しているのだが・・・

人によっては醜いと呼ばれるデザインから、よく美化の対象にされている。

関連イラスト

ルージュラなら俺の隣で寝てるよ
ルージュラ の てんしのキッス ▼


ルージュラはニコッとわらった
例のラジオ塔イベント【超NG編】



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ムチュール

pixivに投稿された作品 pixivで「ルージュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 675672

コメント