ピクシブ百科事典

さしおさえ(ポケモン)

さしおさえ

ゲーム「ポケットモンスター」に登場する技の一種。※メイン画像は差し押さえられる側のイメージです。
目次[非表示]

※「さしおさえ」で調べると看板娘はさしおさえもヒットしてしまうので注意!

データ

初出第4世代
タイプあく
分類変化
威力-
命中率100
PP15
技範囲単体
直接攻撃×
効果5ターンの間相手の持ってる道具が無効になり、相手プレイヤーの道具も受け付けなくなる


概要

第4世代初登場の技。
相手の持ち物を差し押さえて使えなくしてしまう技。
習得者は結構ばらついており、あくタイプの習得者は特別多いというわけではない。

しかし相手の持ち物を無効にするだけならばはたきおとすがあるのが難点。
特に第6世代でははたきおとすが超強化されており、この技の立場が危うくなっている。

とは言え、はたきおとすとの差別化は十分可能である。
さしおさえははたきおとすと違い、相手の持ち物を維持したまま無効に出来るのである。
ついでにアルセウスさばきのつぶてゲノセクトテクノバスターのタイプ変更効果を無効に出来る。
アイテム消費による一部のコンボを封じる事も可能。同じ理由でなげつけるは成功してしまうが。
これらははたきおとすには出来ない利点である。
第5世代でのシューターバトルではミラクルシューターの効果も封じる為、このバトルルールではかなり有効な手でもある。

その為、はたきおとすを覚えられないポケモンが代用で採用する事もある。
但しこちらは変化技故、ちょうはつに弱い点は注意したい。

同じ効果ならばマジックルームで良いということになるが、この技の対象は単体なので十分差別化は可能である(マジックルームはフィールド技なので味方も巻き込む)。

しかし第8世代では、技そのものが消滅してしまった。
第8世代では様々な技の追加とリストラが行われており、はたきおとすに関しても覚えるポケモンの数を減らす等色々な調整が行われた(一方のマジックルームは前世代で覚えられるポケモンは第8世代でもほぼ覚えられる)。
その一環と考えられる。

関連タグ

ポケモン技一覧

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さしおさえ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 615

コメント