ピクシブ百科事典

つかさ(地縛少年花子くん)

つかさじばくしょうねんはなこくん

つかさとは、『地縛少年花子くん』の登場キャラクター。以下ネタバレ注意。
目次[非表示]

概要

以下ネタバレがあります。ご注意下さい。

     ↓





     ↓





     ↓
















「フーン…その子のことは守るんだ?」
「俺のことは殺したくせに」

CV:緒方恵美

つかさとは花子くん双子の弟であり、花子くんが殺した相手である。なお漢字表記は「司」。
作中では下の名前でよばれており、花子くんとは逆に彼岸の者の願いを叶えている。

容姿は花子くんそっくりで、封の位置が左右逆である事、色が黒である事を除けば瓜二つである。なお普段は、学生帽に襟付きシャツと着物を袴に入れた書院生スタイルである。

プロフィール欄では、好きなものは「あまね!」、最近の悩みも「あまね!」と紹介されている。

人物

屈託のない性格で、花子くんと比べるとやや幼く感じる場面が多い。

しかし、「喋る魚って中身どーなってんのかな?」と言ってボールペンで刺し殺したり、人造幽霊を作り「かっこいいでしょ?」などと笑顔で言ってのける様は、かなりサイコパスじみている。
花子くんに対しては駆け寄って抱きついたり「スキだよ」と言ったりしており、殺した事への恨みがあまり感じられないが、度々その事を持ち出しては動揺させている。

経歴

初登場は15話。その時は花子くんと全く同じ学生服に身を包んで現れた(本人曰く「折角久々に会うから」)。
ページ上部のセリフや「俺にあえて…うれし?」など花子くんを動揺させた上で「またね」と何もせずに消えた。
しかし花子くんはかなり落ち込み、寧々ともしばらく会わなかった。彼はその時の様子を「うれしそうだった」と言っている。

その後、三葉惣助の願いを叶えるため現れる。
源光によりハッキリとした願いを持った彼をより強力な怪異にした上、噂を聞かせてバケモノの様にし、代償として理性を奪った

自らの境界では最強のはずの七不思議三番をひょいひょいと倒したり、人造幽霊をつくるなど行動はかなり突拍子が無く、また何故怪異と人間の関係を荒らすのかも不明である。
「人も怪異も望むように在ればいい」
「それで壊れちゃうような世界なら壊れた方がいい」
と発言しているが…。

余談

距離が近いのは兄弟である花子くんのみではなく、自らの助手や作り出した怪異、果ては敵であるはずの寧々にまで抱きついたり頭を撫でたりしており、桜には「猫みたいなものと思うことにしている」と言われている。

また、デフォルメされた際は花子くんと目の模様が違う。

関連イラスト

no title
花子くんまとめ1


司



関連タグ

地縛少年花子くん 花子くん 七峰桜 三葉惣助

球磨川禊めだかボックスの登場人物。中の人やサイコパスじみた性格などが共通している。ちなみにこちらのデフォルト服は、花子くんと同じく学ランである。

関連記事

親記事

地縛少年花子くん登場人物一覧 じばくしょうねんはなこくんとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「つかさ(地縛少年花子くん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33788

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました