ピクシブ百科事典

ひじょおん

ひじょおん

ひじょおんとは、東方Projectに登場する聖白蓮と依神女苑の二人による二次創作カップリングである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する聖白蓮依神女苑のカップリング。
白蓮は『東方星蓮船』、女苑は『東方憑依華』にそれぞれ初登場した。

両者は『憑依華』で出会っており、作中では異変に挑んだ者、異変を起こした者という対峙的な人間関係だけでなく白蓮の今の立場や女苑の心の内といった両者に関わる要素を通しても交流を持つなど、特殊な縁ともなった。

二人の出会い

『憑依華』の当時、幻想郷は完全憑依異変の事態下にあった。
これに先立つ都市伝説異変においても調査にあたっていた白蓮は、命蓮寺の門徒である雲居一輪や同じく完全憑依異変について立ち向かおうとしていた豊聡耳神子、神子に従う物部布都らと共に調査を始める。この内、神子とは完全憑依のコンビを組んだ。

神子らと共に完全憑依の様々な可能性と性質を探りる中でやがて事の核心部分にも近づいていき、八雲紫との出会いを経て、ついに完全憑依異変の発生源である女苑とその姉の依神紫苑にたどり着く。白蓮もまた、ライブステージでの金品巻き上げ前の女苑と出会うのである。
女苑は白蓮について「 善人気取りの僧侶 」とし、一方の白蓮は「 貴方から強烈な負のオーラしか感じない 」と互いに相容れない様子が描かれている。

白蓮と女苑はこの最初の出会いの後に別の形で女苑と再会することとなるが、この際に白蓮は女苑の中に新しい可能性を見出しており、自ら進んで女苑に関わろうとしている。
このころの白蓮から女苑は名前を通して「 女苑 」と呼びかけられている。

一方の女苑もまたこのときの白蓮の姿勢や、あるいはとある経緯で出会うこととなる夢の世界の白蓮の様子を受けて心情的な変化を得ており、これが後に女苑の行動や心理にも影響し、時には誘惑にも打ち勝つ力の一つともなるなど、異変以後の女苑の歩みには白蓮本人は不在の場面でも、その心のうちには白蓮の姿がある。

『憑依華』では女苑に可能性を見た白蓮と、次第に、あるいはひと時とはいえ白蓮の導く道に馴染み心地よさを感じた女苑という不思議な縁が結ばれている。

ストーリー中以外での交流としては『憑依華』では自由対戦モードにおいて任意のキャラクター同士を完全憑依コンビとして設定することが出来、この際にはコンビごとに作中に登場したそれぞれの個別の二つ名を参照して独自にコンビとしての二つ名が設定されるというシステムもある。
自由対戦モードでも女苑は必ず紫苑とペア(「女苑&紫苑」)となっているため白蓮と女苑の完全憑依コンビは白蓮、女苑、紫苑の三名による組み合わせとなる。
白蓮と女苑&紫苑の完全憑依コンビでの二つ名は、白蓮がマスターの場合(「白蓮&女苑&紫苑」)
は「 超人的で不幸をもたらす三人 」( A superhuman & misfortunate trio )、女苑らがマスターの場合(「女苑&紫苑&白蓮」)は「 最凶最悪で悟りを開く三人 」( A cursed and evil & enlightened trio )となる。
ベースとなる二つ名は白蓮と女苑&紫苑それぞれ「超人的で悟りを開く大阿闍梨」(A superhuman and enlightened Great Acharya)と「最凶最悪の双子の妹」(A cursed and evil Younger Twin Sister)。括弧部内英語表記はそれぞれ『憑依華』の英語表記による。

女苑自身は「 僧侶は貧乏くさいから嫌い 」(自由対戦モード対一輪勝利セリフ、『憑依華』)としているが、ドレミー・スイート夢の世界の女苑の姿を通して現側の女苑に「 本当は質素に暮らしたいんでしょう 」とも問いかけており、実際に女苑は命蓮寺での修行生活も満更ではなく感じるなど女苑の心の内には白蓮の見抜いた可能性が確かにある様子もみられている。
なお、もう一方の白蓮はドレミーによれば現側と夢側の両世界の存在がそれほど乖離していない。
仮にストーリー中で見られる夢の世界の白蓮が語る横着が本音だとすると、白蓮の一個人としてのメンタリティの部分にも女苑が共感を寄せる面が確かにある様子をみることができる。

質素な生活も良い物ですよ 」(白蓮、自由対戦モード対女苑・紫苑勝利セリフ、『憑依華』)

夢の世界の白蓮との間では女苑の頭の中にいつの間にか白蓮が仕掛けたという「 消滅爆弾 」について、爆弾発動で女苑の頭が吹き飛ぶのが先か詠唱阻止で夢の世界の白蓮が倒れるのが先かといった一刻を争う駆け引きも行ってみたりと、異変以後も歩みが交わった二人ならではの様子が語られることもある。

不楡盗戒

不楡盗戒 」(「不偸盗戒」にあたるか。こちらの読みは「ふちゅうとうかい」)は白蓮が『憑依華』での初対面時の女苑に説いた一節で、在家信者の戒律である「五戒」の一つ。
「他人のものを盗んではならない」という基本的な戒め。
作中では「 ぬすむべからず 」のルビが付されている。

白蓮は金品を巻き上げようとする女苑の行いについて「 浅ましいコソ泥 」とし、強い不快感と義憤を示している。白蓮と共に異変調査にあたっていた神子も女苑の行いを「 外道 」と断じるが、絶対優位の完全憑依の奥の手をもつ女苑はそんな罵りさえ「 褒め言葉 」だとする余裕を見せている。

また富への執着は仏教的悟りを妨げるものの一つで、その煩悩が無明の状態を維持してしまう。
本来は得ることのできないものに執着し、むさぼる(「貪愛」「とんあい」)ことも克服すべきものである。女苑の行動に見る富の収奪と放蕩、執着は仏教的世界観でも独自のアプローチを以てその解消や脱却を目指すものでもある。

ただし仏教には様々な宗派があり、白蓮の建立した命蓮寺については「 宗派は謎 」とされているため、個人としての白蓮という点以外に仏教指導者としての白蓮という場合ではどのような解釈と理解を以て女苑に向かい合うかの詳細は『憑依華』時点では不明である。

余談ながら、仏教的には窃盗の罪を犯して地獄に落ちた場合の配属先は衆合地獄や叫喚地獄。
ただし『憑依華』時点の東方Projectにおける地獄にその機関があるかは不明であり、地獄は魂の輪廻のための機関であるので、疫病神である女苑が地獄に落ちる存在であるかどうかも不明。万一最悪の場合では作中でも言及されるように「 追放 」や「 消滅 」がその末路となるのかもしれない。

その他の関連

弾幕ごっこのスタイルや乗り物

両者の初めての出会いとなった『憑依華』が弾幕アクションであったこともあり、同作中ではより直接的に両者が相まみえる様子が描かれている。白蓮は仏法の術や仏具も用いるが身体強化の魔法を得意としていることもあってその体躯を通したアクションも披露しており、一方の女苑は金色オーラをまとった大振りなパンチやお辞儀ヘッドバットといった見た目にも豪快で直接的なアクションを行う。

方向性は異なるものながらともに自身の四肢や体躯全体を用いたアクションにも秀で、例えば小刻みなダッシュや本人が画面全体を駆け抜けるスペルカード、時には対峙した状態での独鈷の単独投擲(白蓮)とバックの投擲(女苑)での打ち消し合いなど二人ならではの通じ合うファイトスタイルを通した弾幕戦も表現することが出来る熱い要素ももっている。

現代的な乗り物にも縁があり、白蓮は都市伝説異変を通して発現したバイクに乗り込み、女苑は勝利モーションの一つで何処からともなく車(タクシー)を呼び出している。

疫病神と仏教

女苑は神格としての疫病神であり、仏教では具体的な存在としての疫病神と対峙したとする伝承もある。
例えば良源(慈恵大師、三元大師などとも。912-985)による疫病神退散と厄祓いの加護の伝承が一例である。

また流行り病などの疫病(えきびょう)の蔓延に際しては歴史的に各宗教がそうであるように仏教もまたこれに相対することとなっており、例えば神仏習合によって生まれた牛頭天王(※)は疫病神に対する鎮魂と退散を司るようにもなる。牛頭天王を祀る八坂神社は、神仏習合の時代は比叡山の祇園社として神社と寺院の両方の性質を備えていた。

現代的な医療技術を持たず疾病の理由やプロセスも不明であった当時の疾病からの苦しみや社会不安に対して仏教もまたその世界観を基にした独自の解釈とスタンスをもって人々に光明を示そうとしていた。

ただし『憑依華』では女苑の疫病神としての性質は主に富や財に対する厄介な方面で主に語られており、疾病方面にも直接的にその性質があるかどうかは不明である。例えば『憑依華』ではその能力について「財産を消費させる程度の能力」と、財禍の神としての性質が記述されている。
女苑の明るくアクティブで(表面的には)派手な性格にも、完全憑依異変など計略を巧むことはあっても疾病で相手をどうこうしてやろうという搦め手の陰の様子は見られておらず、富を集めることに全力である。

女苑の富の巻き上げに注力した疫病神性は『東方香霖堂』における『憑依華』前日譚で特に見られており、この際には女苑が霊夢や宇佐見菫子森近霖之助を散財させる様が語られている。このときの女苑もまたノリも良くさっぱりした様子である。

余談ながら、摩多羅神が邪教認定された際には「疫病神のようだ」と評されたりもしている(参考1)。東方Projectにおける摩多羅神は摩多羅隠岐奈であり、隠岐奈は女苑らの異変の後に行動を起こしている。

※「ごずてんのう」。
日本では神道のスサノオと仏教の薬師如来の習合によるもので、仏教優位の本地垂迹説においては薬師如来の垂迹(仏がこの世に顕現する際の姿の一つ。一種の化身)にしてスサノオの本地(ほんじ。神性の大元の意味)とされる。

道から外れたもの

女苑は疫病神という性質もさることながら「嫌われ者」という一般的な比喩にみる「疫病神」としての扱いを受けていることを語っており、人が忌避し、人の間から排される存在である様子を見て取ることが出来る。

一方の白蓮は今日でこそ幻想郷で受け入れられ支持も受けているものの、かつて妖怪と人間の対立が深刻であったころには妖怪の力を自らの力としていることの発覚をもって信徒の妖怪達と共に討伐されて封印されており、白蓮もまた人々からの排除を受けた経験を持つ(『星蓮船』)。

また白蓮が人々から責められる原因となった妖怪の力の利用はもとは死への強い恐怖から逃れるためにこれを利用したものであり、正常な魂の輪廻の道から外れるものでもある。稗田阿求は白蓮の力について「 魔に魅入られた力 」とも評している(『東方求聞口授』)。

白蓮と女苑は互いの立場こそ仏僧と無明の者という出会いであったが、白蓮にもまた女苑にも通じ得る歴史やこれまでの経緯にみる暗部も存在している。

蓮と姫女苑

二人は共にその名前に花の名前に通じる要素も含んでおり、白蓮は「蓮」、女苑は「姫女苑」である。

蓮は仏教と縁深い植物にして白蓮もまた弾幕ごっこでも蓮を表現する。
姫女苑は女苑の名前の由来であり、海原海豚によれば「 貧乏草 」(姫女苑または春紫苑の異名。春紫苑は紫苑に関連している)としての要素も女苑にも織り込まれており(『東方外來韋編』)、また女苑は紫苑とともに『憑依華』作中の「 二輪の華 」の一つにして「 最凶最悪の二輪の華 」でもあるなど、白蓮と女苑は華やそれぞれに縁の深い植物の要素も備えている。

なお、蓮の原産地はインドで姫女苑の原産地は北アメリカ。
共にの季語で、またいずれも食用・飲用にもなり薬効を期待することもある。

また「蓮の葉」には多様な意味がありその中には「紛い物」の例えとしての用法もあり、姫女苑にみる「貧乏草」のようにネガティブなニュアンスが込められることもある。

その他の人間関係

二人の周辺の人間関係として、女苑同様に「財」にまつわる能力を持ち今では白蓮ら命蓮寺の本尊として祀られる寅丸星がある。

星の「財宝が集まる程度の能力」能力は自らの元に「財宝」を引き寄せる能力であるが女苑の「財産を消費させる程度の能力」とは異なり、搾取するようなものではない。「財宝が集まる」のと「消費させる」という受動的か能動的かといった点も大きな違いである。

人々からの反応も異なっており、女苑が実態が露見して以後疫病神として幻想郷中から嫌われるようになる(『憑依華』)のに対し、星はその能力を珍重され時にはその能力目当てに命蓮寺への入信を求めるなど人々から有り難がられ時にはそれを利用しようとする者もある(『星蓮船』)。
星を描いた絵画を枕の下に入れておくと金運がもたらされるという通説(ただし阿求による異説あり。『求聞口授』)も生まれており、ライブに熱中して夢見心地のところに富を巻き上げた女苑とは逆のベクトルで、夢見心地の所に富を授ける星の神性が作用するとする謂れももつ。

二次創作では

二次創作では白蓮と女苑の様々な交流の姿が想像されており、完全憑依の異変前と異変後といった時系列や周囲の人間関係も含めそのアプローチの在り方も多様である。

白蓮は二次創作において歴史的にも様々な一面が想像されているキャラクターでもあり、いわゆる「黒い」一面にアプローチする在り方もあるが、「ひじょおん」においては比較的女苑を良い方向に導こうとする様子が想像されることが多い。女苑を導こうとする志の高さが女苑相手にはから回ったり、時には女苑の改心のために悪役を演じることも厭わなかったりと、他創作でもみられるような白蓮の他者に向かう真摯さや器の大きさなどが女苑との間柄でも表現されることもある。

徳を積んだ良識と道徳の指導者としての白蓮と不良めいた言動の誰かといった師弟関係とも教師と生徒とも、姉妹関係ともいえる構図は女苑の以前は例えば白蓮と封獣ぬえなどの人間関係でも見られており、白蓮にとっては新しい悩みの種かはたまた導き甲斐のある張り合いとなるかなど、女苑とのかかわり合いについてもこれまでの白蓮に関するアプローチも下地とした新しい想像も展開されている。

白蓮を取り巻く人間関係が白蓮を軸に女苑と交わることもあり、命蓮寺を見る範囲でも、例えば先の一輪や星、ぬえをはじめ村紗水蜜幽谷響子などが女苑と関わる様子も想像されている。星やナズーリンは財宝に関わる能力も持つため、女苑の関心も高かったりといった様子もみられている。

魔住職にして大阿闍梨が導く富に貪愛する疫病神だったり、あるいは傷つきながらも欲求に素直な女苑が色々なものを背負った白蓮の迷いを看破したりと、対照的な二人ならではの物語の多様な可能性が「ひじょおん」の世界の広さを示している。

関連タグ

東方Project
聖白蓮 依神女苑
東方Project(二次創作)
東方Projectのカップリング一覧

※参考・外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ひじょおん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77195

コメント