ピクシブ百科事典

へし切長谷部極

へしきりはせべきわめ

『刀剣乱舞』のキャラクター「へし切長谷部」が二段階成長した姿
目次[非表示]

へし切長谷部の項も参照。

プロフィール

へし切長谷部極
刀帳119番
種類打刀
刀派なし
刀工長谷部国重
身長178cm
一人称
新垣樽助
小宮国春


概要

刀剣乱舞』のキャラクターであるへし切長谷部にランクアップした姿。
Lv70以降、四日間の修行に出る事で極の姿になる事が出来る。
2017年10月31日のメンテナンスで、宗三左文字極と共に実装された。


修行の手紙

修行への旅立ち


修行の許可を出してくれた審神者のためにも、審神者の剣として恥じぬように、切れ味を増して帰ると決意を表明する長谷部。
ところが、修行の地として連れてこられたのは、因縁深き元主・織田信長の居城がある安土だった。信長は1576~1582年に安土城を居城にしていたとされる。
『黒田家譜』にはへし切長谷部が下賜されたのは1575年7月とある。その頃の居城は岐阜城で、1567~1576年に住んでいたとされる。

安土に来た以上、信長との対面は避けられない問題。
あるいは、信長を克服してこそ真の強さを得られるということだろうか、と長谷部は考える。
「問題は、俺が我を忘れて斬りかかったりしないかですが」と手紙を読む審神者をヒヤリとさせるブラックジョークまで綴る場面も。
しかし、「……冗談ですよ。俺は貴方の刀。歴史を守るための刀剣なのですから」と審神者の刀として使命を遵守する意思を改めて示す。

信長が黒田官兵衛黒田如水)にへし切長谷部を下げ渡した理由。
それは「官兵衛の才覚を警戒しており、だからこそ最大限機嫌を取るために贈った」というものだった。下げ渡された理由をずっと考えていたのに、意外な答えが返ってきて、「なんともまあ、拍子抜けしました」とあっけらかんと語る長谷部。だが、同時に「なるほど、そうであれば、大事にしていた俺である必要もあったのでしょう」と納得する。
あっさり腑に落ちた様子だが、おそらくは黒田家をとても大切に想っていることも関係しているのだと思われる。長谷部が呼ぶ「如水様」とは黒田官兵衛の隠居後の名前。

種が割れれば、もはや気にするまでもないこと。気持ちを切り替える。
「今後は、今の主のことだけを考えて生きていくこととします」と宣言する。



119番/長谷部.極


「へし切長谷部。戻りました。俺の刃はただ、今代の主のためだけにあります」


性能

ステータスが大幅にアップし、レアリティが一段階上がった。
初期値で生存55・打撃73・統率99・機動57・衝力48・必殺71・偵察43・隠蔽82になり、連結により打撃109・統率99・機動70・衝力68にまで上昇する。生存の最大値は69。
特に機動は現時点の極打刀の中では飛び抜けた数値。

極になった打刀男士の特性として、遠戦で稀に両隣のどちらか片方の刀剣男士を「かばう」能力が追加された。かばった際に受けるダメージは軽減される。

容姿

カソックを模した衣装は黒い生地に金の縁取りのついたものになり、その上にケープのような外套を着ている。紫の武装の下には白い生地に金の十字の刺繍の入ったストラを纏っている。
胴には南蛮胴らしき黒い鎧を着込んでいる。南蛮胴は頑丈だがかなり重いらしい。
腰元はコルセットらしきものを着て、防具が追加された。
以前にも増してキリスト教司祭を思わせる恰好に変化。

絢爛図録で隠れソックスガーターであることが判明したが、極の衣装でも装着しているのが衣服が破けた際に足元をよく観察するとわかる。が、正直言われないと解らないチラ見えである。

戦闘時には刀身に炎のオーラを纏っている。刃紋の皆焼刃をイメージしたものだろうか。寺社の焼き討ちを提案するブラックジョークも言っていたがまさか本当に炎属性になるとは…。
真剣必殺では斬撃で炎が広がっている。ギガスラッシュっぽいと言う人も。

内番の立ち絵は共通のため、いつものダサジャージになる。

性格

審神者への忠誠心は一層厚くなり、自信に満ち溢れた言動になった。
「この刃は、今代の主のためだけにあります」と宣言するように審神者を特別視しており、審神者を最後に仕える主と定めて生涯を尽くす覚悟が窺える。回想で死生観と今の主への姿勢に度々言及していたが、刀剣破壊の台詞から死後も審神者と供にしたい意思がわかる。愛が重い
元から多かった審神者を指す呼称を発する回数も更に多くなり、「主」という呼び方に加えて「貴方」とも呼ぶようになった。2017年11月3日時点で「主」「貴方」と言う回数は27回で、これまで審神者を指す呼称を発する回数トップだった厚藤四郎極の22回(大将、今代の主、審神者を含む)を上回る。

刀剣男士達のなかでも自分ほど主の命に忠実な者は居ないと自負しており、『主の一番でありたい』という渇望は口に出しはしないが言動からはっきり見て取れる。
「別に、主が呼びたければへし切でも構いませんよ。貴方は、あの男とは大違いですからね」と、過去の主とは異なる存在と認める審神者になら、以前は避けていたへし切呼びも構わないと言うように。ちなみに、宗三左文字極の方は自身に大きな影響を与えた審神者を信長のようだと言う。審神者を高く評価してくれる点は同じだが、逆のことを言うのが面白い。
就任記念日には、審神者のことを「自慢の主」「立派な主」とまで言ってくれる。

他の刀剣男士を修行に見送る際には、「あいつがどう強くなるかは知りませんけど、俺をお忘れなきよう」と審神者の心が他の刀に向くことへの不満を隠さず、独占欲を露わにする。
鍛刀で新しい刀を求めるのは許容するが、本格的に他に心を向けるのは駄目なようだ。
手合わせでは爽やかな対応をするようになったが、不動行光極との手合わせ台詞は共通なため、依然として『主の一番は譲らない』という想いを抱いている。
不動の方も「まあ、俺も負ける気はないけどな」とライバル宣言しており、良き理解者でもあり主の一番を競い合う好敵手でもある。審神者をめぐるライバルと言えば、回想で衝突したもか。

万屋では「俺が意見など、とてもとても。主の欲しい物を買うと良いでしょう」と審神者に甘い様子もあり、一部からはダメ審神者製造機にも数えられていたり。

敵には容赦なく、聖職者のような外見に反した苛烈な言動は更に強くなった。
出陣の際は「お任せあれ!貴方に仇なす尽くを血祭りにあげましょう」と血生臭い台詞が飛び出す。敵大将を見つけて「さあ!斬ろう!倒そう!主の敵を!」と意気揚々と叫ぶ姿には狂気すら感じる。戦闘では「状況を報告しろ!敵の退路は全部潰すぞ!」と容赦ない指揮を振るい、真剣必殺では「死ね。主に歯向かったというだけで、理由は十分だ!」と鬼気迫る形相で敵に刃を向ける。
中傷以上では「俺を殺しきれなかったなあ?」と挑発し、口元の血を拭いながら不敵な笑みを浮かべており、血だらけになっても凄みを見せる立ち姿はまるで別のゲームのようである。まさに狂犬

へし切長谷部・極の日(2017/11/9)
祝極長谷部



しかし誉をとれば一転して穏やかになり、「ええ、俺は貴方の刀ですから」と審神者の刀であることを誇る。直球デレの口説き文句に心臓を撃ち抜かれた審神者は多いだろう。

畑当番では長らく謎だった「汚れ仕事」に言及する。長谷部が想定するのは土汚れの汚れ仕事ではないらしい。汚れ仕事=土汚れだった刀剣乱舞-花丸-とは異なる。
過去のインタビューでニトロプラスの小坂氏が「『刀剣乱舞-ONLINE-』をプレイしてくださっている審神者の皆さんにそれぞれの本丸があるように、メディアミックスにおいても参加してくださる現場の数だけ本丸が存在します」と答えているため、その表れだと思われる。(参考
終了時の反応からすると、血生臭い汚れ仕事を命じない審神者を好ましく思っているようだ。
「汚れ仕事も平気で行う」という設定は未だ謎だが…?

以前の放置台詞ではどこか心細そうに「待てと言うのなら、いつまでも。……迎えに来てくれるのであれば」と言っていたが、極では「待てというのなら、いつまでも。貴方は迎えに来てくれますから」と力強い口調で審神者に信頼を寄せる台詞に変化。これには愛情が伝わったことに涙する審神者も。審神者が長期留守の際も不安を少しも見せずに信頼しており、その信頼関係が強固であることが窺える。台詞の忠犬っぷりもすごい。
負傷時の本丸で「……ッ!まだ行けますよ。死んだら死んだで、捨てられることもないですからね」と言うのは、審神者への信頼の表れなのか、皮肉屋な性格が出たのか…。解釈が別れるところである。

刀剣破壊では、切ない吐露とともに、審神者と■■で再会することを誓っている。
刀剣破壊は『プレイヤーが重傷進軍の警告を無視して故意に行った結果』=『信頼を寄せる審神者に捨てられた』という状況なのか、とても心苦しい内容になっている。
死後の世界で再会を誓う言葉には、『審神者は必ず迎えに来てくれる』という強い信頼関係がここにも表れているのかもしれない。絶対に刀剣破壊が起きないように大切にしてあげよう。


回想・黒田家の話後編の「……長政さまは良い方だった。付喪神にあの世があるならばついて行きたかった。だができない。我々は人間より長くこの世に残る。だから忘れることにした」との語りから付喪神にはあの世はないと解釈していたユーザーの中には長谷部が死後の世界で再会を望むことに戸惑う声もあるが、いくつかの解釈が出来る。

  • 長谷部の再会の誓いは願望である。あの世はない。
  • 「人間より長くこの世に残る」という言い方から、ついていく身体もなく永く生き続ける自分にはあの世はないものとして諦めた。身体を得た現在には当てはまらない。
  • 刀剣男士各位の破壊台詞ではあの世に触れてるらしき言動の者が多数居るため、ただの付喪神にはあの世はなくても、審神者に身体を与えられた刀剣男士にならあの世はある。
刀剣男士が死後どうなるのかは謎が多いが、身体を得ており、刀剣破壊があるため、死ぬことはできるのだろう。神という設定のため未知数でもある。
黒田家の話で長谷部が今の主に関しては「誰が忘れるか!」と返したり「だが一番は今の主だ!」と宣言していたのは、この頃から審神者を最後に仕える主に定めていたからだろうか。
審神者の逝く先が■■とも取れる言い方をする刀剣男士は平野藤四郎極も居るが、長谷部も言及したことで、審神者と刀剣男士は死後どうなるのか多様な解釈がされている。


関連イラスト

極
極


極長谷部
眩い闇



関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 打刀男士
へし切長谷部(刀剣乱舞) 極(刀剣乱舞)

pixivに投稿された作品 pixivで「へし切長谷部極」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188344

コメント