ピクシブ百科事典

ぼくが処刑される未来

ぼくがしょけいされるみらい

ぼくが処刑される未来とは、2012年に公開されたSF映画。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズに出演した俳優たちの更なるステップアップを目的とし、東映が設立したレーベル「TOEI HERO NEXT」の第二弾。
仮面ライダーフォーゼ』において登場する二名の仮面ライダーを演じた福士蒼汰吉沢亮がダブル主演を果たす。
脚本には『フォーゼ』のサブライターである長谷川圭一、監督は長谷川がメインライターを務めた『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンネクサス』の小中和哉が担当。そのため、ライダー・戦隊だけでなく平成ウルトラマン由来のキャストも多数出演している。
シナリオは脚本の長谷川が裁判員制度開始直前にひらめき、発表する方法も考えずに書いた小説がベースになっているという。

あらすじ

気の弱い大学生、浅尾幸雄はある日、5件の殺人事件の犯人として逮捕されてしまう。しかし幸雄には全く身に覚えがない。
困惑する幸雄に、弁護士として現れた女性・生方妙和子は彼に真相を語る。幸雄が今いるのは死刑制度が廃止された25年後の未来の日本で、量子コンピューター「アマテラス」によって全ての裁判が徹底管理されていた。
死刑制度が廃止された代わりに「未来犯罪者消去法」なる法律が制定されており、アマテラスによって過去から将来犯罪を犯す人間をタイムスリップさせ公開処刑し、さらにそれによってパラレルワールドを作り出すことで事件の未然防止を狙ったものだった。
幸雄はすでに有罪が確定され、公開処刑は3日後だった。妙和子の紹介で未来の自分と対面する。しかしそれは幼少期にキングアーサーと呼ばれる札付きのいじめっ子で、幸雄と同姓同名の人物だった。
アマテラスが間違って同姓同名の人物を犯罪者として未来に連れてきたとして妙和子は冤罪を司法省に訴えるも聞き入れられず、事実は隠蔽された。
絶望する幸雄の下に、ライズマンと名乗る謎の人物から通信が入る。ライズマンは幸雄が無罪であることを知っており、拘置所のセキュリティプログラムをハッキングして幸雄を脱獄させる。
本当の殺人犯、浅尾幸雄を探すため幸雄は行動を開始する。

関連項目

SF映画 裁判員制度 ディストピア タイムスリップ

関連記事

親記事

SF映画 えすえふえいが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぼくが処刑される未来」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント