ピクシブ百科事典

みくりーな

ねことろっく

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のキャラクター、前川みくと多田李衣菜のコンビ・カップリングタグ。
目次[非表示]

概要

前川みく多田李衣菜のネコでロックなコンビ・カップリング。
公式でユニットを組んでおり、そちらではアスタリスク(ユニット名)と呼ばれる。

主な関係・絡み

呼び方

「みくちゃん」「李衣菜チャン」とお互いのことを"ちゃん"付けで呼び合う。
ただし、関係がより深まったアニメ後半では李衣菜が「みく」と呼ぶようになっている。

関係性

"猫"と"ロック"、"キュート"と"クール"など、それぞれの目指すキャラクター性が限りなく遠い事からなのか、ストーリー初期の2人の会話には少しつっけんどんな言動が多い。
しかし決して仲が悪いというわけではないようで、媒体によっては共に行動する場面や絡みがよく見受けられる。


アニメ

どちらもシンデレラプロジェクトの一員である。
劇中では序盤から少しずつ掛け合いが増えていったが、その様子は一見"なかよし"というわけではなく、意見の対立や小さな喧嘩が見られた。

メンバー達から提案された"事務所に各自好きな私物を持ちこもう"という意見に"プライベートと仕事は分けるべきだ"と二人揃って反対意見を出しており、みくは「めずらしく気があうにゃ」と一言。

また、みくが「一人でエアギターでもやってにゃ」とからかった際には「ネコパンチ!」「ロックキック!」などとじゃれあいのような喧嘩をしていた。

そんな2人は、同じシンデレラプロジェクトのメンバー達が着々とデビューする中で、未だデビューできていない2人であった。
そして…

アニメ11話の予告を担当したのはみくりーな。その後の展開はこちらを参照。

ゲーム(スターライトステージ)

こちらではアニメ設定の逆輸入が見られ、メインコミュ内での絡みが多い組み合わせとなった。

ストーリーコミュでは序盤の同じ話に初登場する。
同じ場面に居合わせており、ステージのデビューに関する会話が見られた。

ストーリーコミュの第6話(みくのストーリー)、第7話(李衣菜のストーリー)はいずれも互いが登場し、話のメインとなっている。

第6話…みくのステージが決まったことを隣で聞いていた李衣菜が、みくの猫キャラについて心配の声を漏らす。みくはそれを機に、自分のキャラについて深く考え始める…。
最終的にみくはキャラを貫くと決めることができ、最高のステージを行って楽屋に戻ったみくに、李衣菜が話しかける。

李『その…今日のみくちゃん、輝いてたよ。
すごく…カッコよかった。
あと、こないだはキャラがどうとか言ってゴメン』
み『李衣菜チャン…ふふ、気にしてないにゃ!
それより、ロックじゃないみくのサポート、ありがと!
李『…へへっ、うん!』

み『はー。終わって安心したら、なんか疲れたにゃー。晩ごはん作るの、めんどうだなー……』
李『しかたないなー。ハンバーグでいいなら、作るけど~?
み『やったー♪お願いするにゃ~♪』
李『まったく~。あ、そうそう、報告があるんだ。
私のステージ、決まったって。』

第7話…ステージが決定し、気合いを入れる李衣菜。
隣にいるみくは、前回の仕返しと言わんばかりに李衣菜のロックキャラは大丈夫なのかと聞いた。
李衣菜もやはり自分のキャラについて迷いがあったらしく、ロックについて深く考え始める……。

といった、お互いのキャラについての悩みをお互いで取り上げ解決する形のストーリーであった。
最初はダメ出しのようにも思えてしまう心配の言葉だったが、その言葉があったおかげで2人とも自分のキャラとしっかり向き合うことが出来たのだ。

余談だが、2017年、みくの誕生日前日に李衣菜SSRが実装されたかと思いきや、その後の李衣菜の誕生日前日にはみくのSSRが実装された。これが単なる偶然なのかスタッフが狙ったのかは不明。

その他

2人の大切なユニット曲、『ØωØver!!』の作詞は実際に前川みく、多田李衣菜の声優が担当した。

WONDERFUL M@GIC!!スペシャルドラマCDではみくが李衣菜に辛辣なツッコミを入れたり、二人の特技を生かしてはぐれたメンバーを探すエピソードなどがある。

関連イラスト

みくりーな
*
✳︎
みくりーな



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「みくりーな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9037248

コメント