ピクシブ百科事典

城ヶ崎姉妹

じょうがさきしまい

アイドルマスターシンデレラガールズに登場する、城ヶ崎美嘉(姉/イラスト左)と城ヶ崎莉嘉(妹/イラスト右)の姉妹に関するタグ。
目次[非表示]

概要

アイドルマスターシンデレラガールズ」に関する作品のうち、城ヶ崎美嘉城ヶ崎莉嘉の姉妹が揃って登場しているものにつけられているタグ。
公式では「ファミリアツイン」というユニット名があり、各種イベントのライバルで登場する。
この他、「童話公演 気まぐれアリスと不思議の国」では「ウォーラス&カーペンター医院」というユニット名で登場。不思議の国の住人でおなじみのトウィードルダム・トウィードルディー兄弟(姉妹)の役を演じた。


姉は桃髪・妹は金髪と派手な外見のギャルだが、実際に接してみると明るく真面目な良い子達である事が分かる。ファッションからも見てとれるように莉嘉は美嘉の影響を強く受けており、「お姉ちゃんがアイドルやるならアタシも」とデビューを志望してくる。 

しかし、同じ姉妹アイドルである亜美・真美が同じ髪色なのに対して、この2人はなぜか姉妹で髪色が異なる。実は染髪しているのではないか…?

城ヶ崎姉妹(地毛)



メディアミックスでも2人揃っての出番が多く(漫画「ロッキングガール」など一部例外有り)姉妹仲が良好なコンビネーション抜群の姉妹として描かれる事が多い。pixivなどの二次創作でも同じ傾向である。CDリリースの際は第1弾のメンバーに莉嘉、第2弾に美嘉が選抜されデビュー。

ゲーム中の能力についても、初出時から数値が高水準な上に美嘉が守備型・莉嘉が攻撃型と相互補完の関係になっており、ふたり揃ってフロントメンバーに採用するプロデューサーも多かった。ただしこのゲームでの重要性は攻撃>守備なため、当初は莉嘉の方が高値で取引されていた。
その後の新カードでは姉の威厳のためか、莉嘉→美嘉の順で登場し美嘉の方が若干高い能力を持つというパターンが多い。また、カード名や特技名・ステージ衣装も殆どがお揃いになっている。
なお、台詞や二つ名など美嘉に関するテキストでは『★』、莉嘉の場合は『☆』が使われている。

2人の仲は良好である。しかし、美嘉としてはシンデレラガールズ劇場やスターライトステージの一コマ劇場では「プライベート(家中)でのだらしない姿」や「身内以外が知っているのはおかしいネタ」を莉嘉にリークされ、ドギマギすることもある。

アニメでの描写

アニメ版では姉は既にデビュー済みのアイドルとして、妹は「シンデレラプロジェクト」の一員として登場する。姉妹関係であると同時に先輩後輩の関係になり、仕事に関して姉が妹に厳しく注意や指導をする場面も見られるようになっている。一方で、妹と連絡がつかなくなった際は感情的になって保護責任者である武内Pに怒りをぶつけるなど、根は誰より妹想いである部分も健在である。
2人の関係は第17話でさらに掘り下げられる。美城常務の意向でギャル路線を排し大人向けの高級路線に転向することを受け入れざるを得なくなった美嘉に対し、バラエティ番組で園児役をやることとなった莉嘉が「姉と同じ方向性がいい」と不満をぶつけたことで美嘉の怒りを買ってしまい、姉妹の間に亀裂が生じてしまう。それでも翌日にはお互い自分に非があるという意識に立っており、姉妹の人の良さを伺わせた。
最終的にあんきらの会話からヒントを得た莉嘉が「どんな仕事でも自分らしさを貫く」という一つの答えを出したことで美嘉もその姿に感化され、姉妹がそれぞれのやり方で望まない路線の中でも自分らしさを出しながら向き合うという方向で問題の決着をつけた。これまでとは逆に姉が妹の姿勢に影響されるという珍しい構図となり、その証拠に同話ラストでは美嘉の方が自身を「カリスマJC城ヶ崎莉嘉の姉」と称している。
最終話となる第25話のエンディングにおいて、モデルの仕事でようやく姉妹共演を果たすこととなった。

余談

この役柄をきっかけとして、中の人達(佳村はるか山本希望)も仲が良く、一緒に行動した出来事などがたびたび報告されている。
特に山本は佳村のことを「お姉ちゃん」と呼んでおり、実際に姉妹のごとくなっている。(ちなみに山本には実の姉はいない)

関連イラスト

城ヶ崎姉妹でHappy Valentine!
Help me!! feat. 城ヶ崎姉妹


暑中お見舞い申し上げます。
ミカチャンリカチャン


アタシのスター
冬の城ヶ崎姉妹


莉嘉ちゃん生誕祭
城ヶ崎姉妹

pixivに投稿された作品 pixivで「城ヶ崎姉妹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5551651

コメント