ピクシブ百科事典

みほ桃

みほもも

みほ桃とは、『ガールズ&パンツァー』の西住みほと河嶋桃のコンビタグ。
目次[非表示]

概要

西住みほ河嶋桃は、どちらも大洗女子学園の生徒であり、後輩と先輩の関係。

とある事情から黒森峰女学園から逃げるように転校してきたみほに、戦車道の履修を強要した生徒会。河嶋桃はその広報である。
結果としてみほはチームを率いる隊長となるのだが、一方の桃は(素人の集まりのチームであり、他に適役がいないこともあって)チームの副隊長のような立ち位置に収まっている。
どちらかといえば内気な性格のみほに、怒ったり取り乱したりして(わりと理不尽に)わめき立てる桃という構図が作中では半ばお約束になっており、絡む機会は多い。

上記のいきさつから、両者の仲は険悪になってもおかしくなさそうなのだが、第1話での戦車道強要シーンをのぞけばそのような空気は見受けられない。
怒られる側のみほがそれを気にしないタイプだからといえばそれまでだが、時間が経つにつれてお互いの人となりを知って、長所と短所をどちらも受け入れていった結果でもあるだろう。
良いように言えば、お互いを信頼してじゃれ合っているだけといったところか。

決定的なのはやはり、プラウダ高校との試合中に『大会で負ければ大洗は廃校になる』という事実をみほが知ってからだろう。
この頃にはみほは大洗の町と学校に強い愛着を持っており、それはそこで生まれ育った桃も同じ。直前の鍋会で桃たち生徒会三人組の思い出話を聞いていたみほは、その故郷愛と強いこだわりに共感していた。
奮戦の果てにみほが大洗のチームを優勝に導いた際には、桃は涙で言葉を詰まらせながら精一杯の感謝の言葉を述べている。

かたや故郷を守り、その場所を好きになってくれた後輩と。
かたや新しい居場所を作り、一度は逃げ出した道に再び向き合うきっかけをくれた先輩と。
直接言葉にすることは少ないが、お互いがお互いにとっての大事な恩人ともいうべき関係である。

最終章では

紆余曲折あって桃が隊長、みほが副隊長として、役職を交換した形で無限軌道杯に挑むことに。
チーム内でも言われる通り実質的な傀儡隊長だが、みほも桃を立てる形でか、作戦の提案や一部の指揮を積極的に採用して立ち回っている様子。

派生作品では

基本的な関係は原作と変わらない。

劇場版特典OVA『愛里寿・ウォー!』では「(島田愛里寿の代わりに)西住が転校しろー!」という、桃にしても少々行き過ぎた問題発言をしたこともあった。
が、最終章の書き下ろし小説『カイゾク戦車』では、「大事なことはリーダーの決断と行動にかかっている」「困っても迷ってもオロオロしても、西住は決断して行動してきたじゃないか」と、その内心を語って聞かせるシーンも。やっぱり本心ではみほを高く評価しているようである。

二次創作では

両者ともどちらかといえば角谷杏との関係がクローズアップされることが多いため、作品数自体は多くない。
が、近年では桃が最終章の主役のひとりとも言える立場になったこともあってか、公式からの供給が増えつつある。それに伴って二次作品も目に留まるようになってきた。

百合的なカップリングのほか、隊長・副隊長コンビや、先輩後輩の関係、お互いに恩人として大切に想い合う間柄など、恋愛が絡まない方面での絡みも多い。
また、戦車道は強いが普段は抜けたところのあるみほと、実務に明るい反面で砲手としてはポンコツな桃との凸凹コンビや、いわゆる『鬼畜住殿』とヘタレな桃によるコメディタッチな組み合わせになることも。
ある種の疑似姉妹に見立てることもできる。(みほは実姉の西住まほと微妙な距離があり、一方の桃は最終章にて実家の弟や妹たちを手際よく面倒見るなど、何気に対照的に描かれている)

関連タグ

ガールズ&パンツァー
西住みほ 河嶋桃

関連記事

親記事

ガル百合 がるゆり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「みほ桃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8753

コメント