ピクシブ百科事典

もりのくにから

もりのくにから

『アイドルマスターシンデレラガールズ』のCDシリーズで森久保乃々(CV:高橋花林)が歌う楽曲である。
目次[非表示]

概要

CD収録CINDERELLA MASTER 053 森久保乃々
作詞fumi
作曲・編曲帆足圭吾(MONACA)
ギター後藤貴徳
バイオリン室屋光一郎、柳原有弥、沖祥子、相川麻里子、川口静華、上里はな子
ビオラ島岡智子、萩谷金太郎
チェロ奥泉貴圭、西方正輝
森久保乃々(CV:高橋花林)


白菊ほたる佐藤心と共に、2019年5月15日に3枚セットで発売されたCINDERELLA MASTERのナンバリングシリーズ第12弾に選ばれた1人、森久保乃々のソロ曲。声の担当は高橋花林

曲の制作については楽曲の持つ世界観をより深く表現するために、歌詞を先に作りそこに曲を乗せていく「詞先」の形式が取られている(2019年5月15日 デレパ #239より)。
作詞のfumiは、直近では「いとしーさー♥」の作詞を担当。CINDERELLA MASTERシリーズへの提供は初めてである。作曲の帆足は、アイマス初提供。なお、同時に発売された白菊ほたるのソロ曲『谷の底で咲く花は』では木管・チェロ編曲を務めている。
帆足はMONACAの中でも特にオーケストラアレンジに長けたクリエイターの一人であり、詩の朗読という要素をミュージカル風のサウンドと融合させた本曲にとって、まさに打ってつけの人選であると言えるだろう。

歌の内容は、きらびやかな「まち」を離れて「もりのくに」で平穏につつましく暮らしている「私」が、「まち」にいる「あなた」へ綴った感謝の手紙、というもの。全体に優しく暖かい曲調ながら、歌詞の根底には「『私』がすでに『あなた』のもとを去り、新しい世界で暮らしている」という前提があり、別離の歌でもある。この歌詞に、訥々とした語りと切ない歌い上げが入り交じる乃々の歌いぶりが合わさった破壊力は相当なもので、発売早々多くのPの涙を絞った。

この曲は収録時間が7分20秒で、シンデレラガールズシリーズ楽曲の最長記録を塗り替えた。
それまで、ソロ曲は『銀河図書館』(鷺沢文香・6分12秒)、ユニット曲は『さよならアンドロメダ』(渋谷凛/森久保乃々/大和亜季・6分23秒)、リメイク・リミックス曲も含めると『こいかぜ-紺碧-』(高垣楓・7分19秒)がそれぞれ最長であった。

動画



関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
THEiDOLM@STERのオリジナル曲一覧 CINDERELLA MASTER キャラソン

CM12期生楽曲表

楽曲名声優
052谷の底で咲く花は白菊ほたる天野聡美
053もりのくにから森久保乃々高橋花林
054しゅがーはぁと☆レボリューション佐藤心花守ゆみり

関連記事

親記事

森久保乃々 もりくぼのの

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「もりのくにから」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34684

コメント