ピクシブ百科事典

アポロノーム

あぽろのーむ

この項では『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』に登場する地球連邦の最新鋭艦『前衛武装宇宙艦』又は『アンドロメダ級』の3番艦で空母型の1隻。艦体構造はアンドロメダ級そのままだが、艦後部上方に設けられた巨大な格納庫が印象的な艦。
目次[非表示]

サブマリン707」に登場する同名の空母についてはサブマリン707の項を参照

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』に登場する、地球連邦防衛軍の最新鋭艦『前衛武装宇宙艦』又は『アンドロメダ級』の3番艦で、空母型として建造されたのがアポロノームである。艦長は安田俊太郎
 艦ナンバーは『AAA‐3』、艦体色はブルー、両舷にグレーのラインが艦首から艦尾にかけて引いてあるのが特徴。
 同型/準同型艦5隻の中で本艦のみ神話由来の名称がつけられていない。
 空母とはあるが、アンドロメダの設計を流用したため実質的に戦闘空母といった方が正しく、艦後尾、戦艦型で言う後部主砲跡からそそり立つ構造物上に艦橋後部と一体化し後部に大きく張り出したキノコの傘を思わせる上部艦載機格納庫にはカタパルト24基、艦体中央両舷には収納式の24基のカタパルトを装備している。
 ちなみに上記の上部格納庫の影響で全長が戦艦型と比べ40m長くなっている。
 詰め込みまくった設計の成果か、艦載機総数は驚異の180機!(ガイペロン級であれば3隻分である。)代償に整備スペースが狭くなっていそうだが、まあ何とかなるのだろう。多分。
 また発艦はすべてのカタパルト+底部着艦口を発艦用に使い4度射出すれば全機射出してしまえる展開能力だが、着艦/回収は格納庫後部と艦底部で合計2か所の回収口(しかも狭い)と格納庫上部(エレベーターが少なく一度に多数は収容できない)から行わなければならず、戦闘中に回収と再爆装を行うより初撃で殲滅してしまった後にゆっくりと回収するのが前提ととれる。


スペック

  • 艦番:AAA-3
  • 全長:484m
  • 機関
    • 主機『次元波動エンジン』×1基
    • 補助機『ケルビンインパルスエンジン』×4基
    兵装
    • 二連装次元波動爆縮放射器(艦首拡散波動砲)×2門
    • 40.6㎝三連装収束圧縮型衝撃波砲塔×2基
    艦載機 艦長
    • 安田俊太郎


関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 宇宙戦艦 前衛武装宇宙艦 アンドロメダ級 アンドロメダ(宇宙戦艦ヤマト) アキレス(宇宙戦艦ヤマト) アルデバラン(宇宙戦艦ヤマト) アンタレス(宇宙戦艦ヤマト) 安田俊太郎 空母 英国面

pixivに投稿された作品 pixivで「アポロノーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3847

コメント