ピクシブ百科事典

コスモタイガーⅡ

こすもたいがーつー

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズにおいて活躍する地球の万能戦闘機である。、宇宙・大気圏の双方を飛翔可能でヤマト艦載機として運用された他、バリエーション機が複数存在する。後のリメイクアニメ『宇宙戦艦ヤマト2202』にも登場する。
目次[非表示]

宇宙戦艦ヤマト』シリーズ(『愛の戦士たち』~『完結編』に登場)に登場する、地球防衛軍の主力戦闘機であり、ヤマトの艦載機でもある。正式名称は「コスモタイガーⅡ」であるが、劇中では単にコスモタイガーと呼称され、pixivのイラストタグとしても圧倒的に「コスモタイガー」の方が使用されている。

 おそらくSFアニメ作品中では、最強に類するであろうマルチロール機であり、宇宙空間は無論のこと大気圏内であっても普通に運用可能であるばかりか単機で大気圏離脱・突入を可能とする。
デザインを担当したのは松本零士、宮武一貴、板橋克己の3名。
 後のリメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2202』でもデザインをほぼ変えることなく登場する。また『コスモタイガーⅡ』という『Ⅱ』の由来を整理すべく、競合試作機という形で『コスモタイガーⅠ』という新機種をデザインし登場させている。

オリジナル版

概要

 第一作に登場した「ブラックタイガー」の後継となる戦闘爆撃機。2201年の白色彗星帝国との戦いを皮切りに、劇中時系列で2年後※の完結編(※本来は2205年以降の筈だが2203年の出来事という設定)まで使用されているのが確認できる。
 ブラックタイガーより機種変更したエース加藤三郎山本明も使用したほか、激戦の中で坂本茂や加藤四郎といった新世代のエースを輩出し、古代進も一時期コスモゼロから乗り換えて使用していた。
 なお、「永遠に」以降にて一回マイナーチェンジされ「新コスモタイガー」となっているが見た目からの区別は難しい。(機首が長く描かれているが、作画上迫力を出すための誇張である)
 塗装は銀色主体だったが、完結編ではカラーリングが変更され旧日本海軍機を思わせる暗緑色と明灰白色の迷彩塗装に変更されている。
 宇宙戦艦ヤマト復活篇では後継機コスモパルサーに主力の座を譲った模様であり登場していない。

性能

単座型

  • 全長:17.4 m
  • 全幅:8.2 m
  • 全高:3.2 m
  • 総重量:18.5 t
  • 乗員:1名
  • 武装

・30mmパルスレーザー機関砲×8門(機首)
・12.7mm実体弾機関銃×10門(翼内)
詳細
 1人乗りの標準型。シリーズにおいてほぼ登場する機体。多岐にわたって活用された。
改良型の新コスモタイガーは「永遠に」にて古代進機として初登場、垂直尾翼が赤く塗装され「新コスモゼロ」の通称がある(裏設定)。

出撃!コスモタイガー


(新コスモゼロ)

こちらは完結編版、隊長の加藤四郎機のみ垂直尾翼が白く塗られている。

FIGHT コスモタイガー



 その性能は高く、どんな星系や環境においても運用に支障がなかったり、土星から衛星「フェーベ」までの長距離(ざっと約1000万km超)を無補給で往復し偵察任務をこなす航続距離、対艦ミサイルを抱えたままドッグファイトをこなす事もありながら、その状況でも劣勢に陥った事がほぼない程で、最大でも40機ほどの数でボラー連邦やガルマン・ガミラス帝国の空母機動部隊をまるごと返り討ちにした事もある。


三座型

  • 全長:17.4 m
  • 全幅:8.2 m
  • 全高:3.2 m
  • 乗員:3名(キャノピーに2名、銃座に1名)
  • 武装

・30mmパルスレーザー機関砲×6門(機首)
・12.7mm実体弾機関銃×6門(翼内)
・20mm二連装パルスレーザー銃座×1基(胴体背部)
詳細
 3人乗りとなったバリエーション。『愛の戦士たち』『ヤマト2』に登場。決死隊としてヤマト乗組員が彗星都市に突入する際に使われた。
 機首部のアンテナが2基に増え、機首部及び両翼の固定機銃が減少している。
 英国面で有名なデファイアントブラックバーン・ロックのように旋回機銃搭を装備しているが、運用先が空気抵抗の無い宇宙空間である為か飛行性能が低下している描写は見受けられない。

航宙ファン11月号



雷撃型

  • 全長:不明
  • 全幅:不明
  • 全高:不明
  • 乗員:不明
  • 武装

・20mm二連装パルスレーザー機銃座×1基
・大型対艦ミサイル×2発
・対艦ミサイル×2発
詳細
 『ヤマト2』にのみ登場する雷撃機。ブラウン色の機体色と切り詰められた機首部が特徴で、機体下部に大型の魚雷を2本備えている。ゲルン機動部隊に打撃を与えた。

コスモタイガーII改 雷撃タイプ



ゲーム版(一式艦上戦闘攻撃機・コスモタイガーⅡ)

概要

 プレイステーションでのゲーム化に際しリデザインされたコスモタイガーⅡ。
スペックなどは原作アニメと変わりないが、全体的に角ばったステルス調にアレンジされている。
 アニメにおける三座型は複座型として登場するが、こちらは基本的にイベントシーンのみの登場で、プレイヤー操作の対象になる場面はほとんどない。

早期警戒型

詳細
PS2用ゲーム「宇宙戦艦ヤマト 二重銀河の崩壊」に登場する、複座型(アニメにおける三座型)をベースにヤマト艦内で急遽改造された型。
機首部や主翼にアンテナが増設され、機体上下に緊急時分離投棄が可能なレドームを搭載している。また旋回機銃搭が三連装になっている。

2202版

概要

 リメイクに合わせてディテールアップを施し登場する。正式名称「1式空間戦闘攻撃機コスモタイガーⅡ」。地球連邦防衛軍の次期主力戦闘機として開発された新鋭戦闘機である。
 Ⅱという数字を付けられた理由として、不採用となった競作機「コスモタイガーⅠ」がいるという設定が追加された。
 なおオリジナルにおける機首が長く伸びた独特の機体表現を意識した専用CGモデルがあり、これを「バージョンKと呼称している。(ただし2202ではCGモデルの機首部を伸ばすのではなく垂れ下がらせて表現しているため、横から見た際に不自然な形状になってしまっている。そもそも金田パースはメカをアクロバティックに動かす技法の中の一つであるが、2202ではただ止め絵の表面的な「変形」表現で始終してしまっている。)


FIGHTコスモタイガーⅡ


性能

  • 全長:16.6 m(26.3 m)
  • 主機:複合輻流式コスモエンジン×2機

   (軸流式コスモエンジン×2機)

  • 武装
・30mmパルスレーザー機関砲×8門
・12.7mm機関銃×10門
詳細
 地球連邦防衛軍の次期主力戦闘機。

劇中での活躍

 作中よく登場こそするが、活躍シーンは極端に少ない。
 第2話にて月面基地所属機が、新人パイロットの訓練に用いられているのが初登場。
 テレザート降下作戦では、接続されたワープ用ブースターをパワードスーツ懸架用に転用されたが、コスモタイガー自体の戦果は特になし。
 土星沖海戦では、所属不明の航空隊(ドレッドノート級も15機の艦載機を運用可能と設定にあるのでエンケラドゥス守備隊配備の可能性があるがはっきりしない)が、ワープアウトしてきたナスカ級数隻を攻撃する。この際、旗艦であるバルゼーを攻撃しなかった事が、皮肉な事にエンケラドゥス守備隊が玉砕する遠因となった。(バルゼー艦の巨体ゆえ少数の対艦ミサイルでは無力化できたか怪しいともいえるが。)

雷撃型(2202)

 コスモタイガーⅡのバリエーション機。
 土星沖海戦で空母アンタレスの上甲板に搭載されているのが確認できるが、確認できる搭載数は1個編隊がやっと組める2機だけであり(内部格納庫に他にいるのかは不明)、また艦載機自体の戦闘場面も碌にないまま、第6章でヤマトを脱出した機体に駐機スペースを奪われてしまい、そのまま雷撃型はどこへ行ったのか不明となってしまった。

関連イラスト

作中金田伊功作画の誇張パース全開の絵が印象深かった影響か、パース絵を真似て書かれることが多い。

コスモタイガー
タイガー!!


中間補給基地攻撃!


関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 戦闘機 加藤三郎 山本明 宇宙戦艦ヤマト2202 もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

pixivに投稿された作品 pixivで「コスモタイガーⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3367

コメント