ピクシブ百科事典

アンドレアス(黄金魂)

あんどれあす

アンドレアスとは、アニメ「黄金魂」のキャラクターである。

CV:関智一

概要

表記揺れの時はアンドレアス
ヒルダが病に倒れたのち、オーディーンの地上代行職を受け継いだ男。元々はワルハラ宮の宮廷医師。
新世代の神闘士も彼が選定している。
ユグドラシルを復活させ、アスガルドを緑豊かな土地にしたためアスガルドの民には感謝され崇められている。
しかしユグドラシルの復活は本来禁忌とされていたものであり、裏では不審な行動が多い。
表面的には人当たりが良いが根は冷酷非情で、新たなオーディーンサファイア精製のためにヘレナをはじめとした一般人を平然と犠牲にする。7人の神闘士を従えるが自身の戦闘力も強く生身で黄金聖闘士と渡り合え、ユグドラシルの長く伸びる根を使役した攻撃も使う。
部下の神闘士達に対してもその真意を明らかにしていない部分もあり、ユグドラシルで黄金聖闘士を迎撃する前には「アテナがハーデスと組んで地上を狙っている」と嘘を吹き込んでいる。

病身のヒルダをワルハラ宮の地下にある?と思われる一室軟禁し、またフレアをどこかの部屋に監禁し、その折にヒルダはアンドレアスを怪しみ、リフィアに反旗を翻させた。

アイオロスと交戦した際に目の周辺に傷を負っている。

8話ではフレースヴェルグのバルドルにより、何かが憑依していることが語られており、彼の回想シーンで幼少期のバルドルに語りかけて力を与えた何者か(バルドルは当時オーディンだと思っていた)のだが、声は彼(アンドレアス)に酷似していた。
さらにアイオリアとフロディの戦い、サガシグムントの戦いにおいてはフロディとシグムントを遠隔操作して狂戦士「ベルセルク」に仕立てようとするも、フロディが自身でオーディンサファイアを砕き、サガもシグムントの神闘衣を砕いたことで阻止される。

以降、10話以降の重大なネタバレを含みます







実は邪神ロキをその身に取り憑かせていた存在で、リフィアを操り黄金聖闘士達を蘇らせた張本人・・・と思われていたが実は黄金聖闘士達の件は彼女に取り憑いたとある神の仕業であった。
黄金聖衣を全て揃えることで、その力をユグドラシルの実を成熟させる餌とすることが目的だったがアイオロスの射った黄金の矢が、目元スレスレをかすっている
そのかすったかに見えた黄金の矢は、目の内に留まり、左目に激痛を走らせ、実の成熟を遅らせていたのだがそれを見破った彼のうちに潜んでいたロキが矢を取り出し、彼の体を完全に乗っ取ってしまう。
ロキが主人格となった彼の容姿は髪の毛が赤毛から青紫になっており、シャカが一気に五感を剝奪してもすぐ元に戻る等圧倒的な力を見せる。
しかしアテナエクスクラメーションを食らって、アンドレアス自身の肉体は滅びたものの、ロキの魂は滅びておらずアンドレアスの姿をとったまま、新たな寄り代として神闘衣を介してロキを復活させる。

関連タグ

黄金魂 リフィア ロキ

pixivに投稿された作品 pixivで「アンドレアス(黄金魂)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15363

コメント