ピクシブ百科事典

イルゼ・コッホ

いるぜこっほ

ナチス・ドイツの女看守。残虐非道な悪女としてその名を世界の人々に知られる。
目次[非表示]

概要

ブーヘンヴァルト強制収容所所長の妻である女性看守。スペルは「Ilse Koch
生年月日は1906年9月22日でドレスデン生まれ。

囚人に対するサディスト的な拷問行為及び好色さで知られており、囚人の皮膚で人皮製の装丁本やランプのシェードを作った事でも有名。

生涯

15歳で学校を卒業した後に工場で勤務していたが、当時のドイツ社会の影響で次第にナチズムにかかわるようになる。
ナチス政権時代にザクセンハウゼン強制収容所で看守兼秘書として勤務し、そこで出会った親衛隊幹部の男性と結婚した後、ブーヘンヴァルト強制収容の所長夫人となる。

所長夫人となってからは、夫が収容所の所長の地位にある事を盾にした超非人道的な看守として囚人達を虐待していた。
収容所の構内で馬を乗り回したり、囚人に鞭を打ったり、飼い犬を女囚にけしかけたり、死んだ囚人の皮膚でランプシェードやブックカバーや手袋を作ったり、刺青をしている囚人がいるとその囚人を注射で薬殺してから皮を剥いで収集したりさえしたと噂され、それらの所業のため、囚人達や働いていた親衛隊員達から「ブーヘンバルトの魔女」と呼ばれるようになった。

1943年に収容所における悪事を告発され、横領着服容疑で裁判にかけられて投獄されたが、証拠不十分で無罪となった。しかし、夫は死刑を宣告されて1945年4月に処刑。
1947年にアメリカ占領軍によって逮捕され、終身刑を言い渡されるもそこでも証拠不十分となり、懲役4年に減刑され、1949年に恩赦で釈放。
だが、その頃にはドイツ本国からは戦犯として扱われ、1951年に終身刑を言い渡された。

その後、彼女はあくまで無罪を主張し続けたが、1967年に「死だけが救い」の文章を残して自殺

余談

イルゼが収容所で作ったとされる人皮製の装丁本やランプのシェードなどの品物は見つかっておらず、収容所での残虐行為に関しても不明な点が多い。
その一方では、臓器標本や刺青入りの切り取られた皮膚は現存しており、ブーフェンバルトの記念館に収蔵されている。

関連タグ

ドイツ ナチス ヒトラー 強制収容所
悪女 看守 サイコパス

イルザシリーズ…イルゼ・コッホをモチーフにしたとされる残酷映画。

エド・ゲイン

コメント