ピクシブ百科事典

目次[非表示]

インベタのさらにインというのは空中に描くラインだ!!
高低差の大きい いろは坂特有のヘアピンカーブの地形だからこそ実現可能な・・・・
オキテ破りの地元走り!!

概要

インベタのさらにインとは「頭文字D」の登場人物の1人小柏カイ藤原拓海とのバトルにおいて見せた、いろは坂特有のコーナリングラインのこと。
ファンの間では『掟破りの地元走り』として知られているが、作中では『地元スペシャル』という表記もある。

コーナーのさらに内側をジャンプしてショートカットすることで相手を追い抜くという荒業で、カイの父である小柏健が打倒藤原親子の為にカイに伝授した。
拓海を先行させてチャンスを覗っていたカイは、33コーナーでこのラインを利用してオーバーテイクに成功した。

このラインの存在は地元でも知っている者は多くないようで、このバトルに立ち会ったチームエンペラーのリーダー・須藤京一は知っていたが、原作では彼の片腕的存在である岩城清次は知らなかったらしい。
映画Third Stageでは清次もオーバーテイク時のエンペラーのメンバーからの電話連絡で「何!?小柏がインのそのまたインをついた!?」と言っており、清次のみならずエンペラーメンバーも知っている模様。

レース用に車高が極端に下げられたマシンでやれば当然、車体を思い切り強打して壊すリスクは高く、運良く無傷で着地できてもその後コントロールできずに事故る可能性は大。
作中では「相手の走りを見てそれをコピーする能力」に長けた拓海がその後のコーナーで真似に成功しているが、実際に使うのは非常に危ない。
あくまでフィクションと思い留めるべきである。

なおこれは一見すると、勝利という結果に執着したえげつない必殺技のようであるが、実際には藤原へのリベンジに燃えるカイの父・小柏健が「文太の息子に対して誰の目にも明らかな勝利を手にするには、後ろから抜くサマを見せつけるしか無い」と言って授けたもので、作中ではどちらかというと勝利への過程や見せ方にこだわったやり方として紹介されていた。

繰り返しになるが、これはあくまでフィクションでの走法であり現実で同様の真似をしようとすれば確実に足回りが大破し運転手も怪我をする可能性が高く、アニマックスで放送された特別番組『頭文字D Battle Stageスペシャル』でも土屋氏ら出演者から言及されている。
過去には現実のいろは坂で真似をした走り屋が事故を起こしたケースもあるので、絶対に真似をしないように
(現在、現実のいろは坂ではガードレールによる対策が行われており頭文字D作中の様なショートカットはほぼ全てのコーナーで不可能となっている)

余談

  • 本編完結後に発売された『頭文字Dの軌跡』ではこの技を「ステアの切れ角が小さく曲がりきれないラリーマシンが選んだライン」と表現されており、曲がらなかった時代のラリーマシンのインカットが元ネタである可能性がある。また、監修を務めた土屋圭市も「この技はすごすぎる」と増刊本にて驚嘆のコメントを記している。
  • アメリカカリフォルニア州のレースウェイ・ラグナセカでは、下りのシケインである『コークスクリュー』において、"インベタのさらにイン"と呼べるようなショートカットによる豪快なオーバーテイクが1996年のCART(現インディカー)で為されたことで知られる(ただし頭文字Dのようにマシンが宙を舞ったわけではない)。翌年以降は危険性とショートカットの違反性から、コークスクリューでのオーバーテイク自体が禁止されている。


関連タグ

頭文字D いろは坂 小柏健 小柏カイ
土讃線スペシャルライン - 電車でD

関連記事

親記事

小柏カイ こがしわかい

pixivに投稿された作品 pixivで「インベタのさらにイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10532

コメント