ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

栃木県日光市にある市街地から中禅寺湖方面をつなぐ国道120号の大規模なつづら折りの坂道区間で、標高差は約440mもある。

上下線が分離した一方通行となっており、名前の由来は下りの第一と上りの第二のカーブの数を
足した「48のカーブ」に「いろは48音」をあてた事によるものである。

周辺に棲むニホンザルが日中でもよく出没する事でも有名で、観光道路や後述する漫画作品の舞台としても日本中に知られている。

歴史

街道としての起源は奈良時代からあり、山岳信仰聖地男体山参拝するための登山道として整備されていった。

大正時代の再整備で今の「第一いろは坂」の元になる道が完成。
昭和中期1954年には自動車専用道路としての整備で日本で2番目の有料道路となる。当時は片側一方通行であり、48あったカーブを30まで減らし、交通量が増大した。
1965年に「第二いろは坂」が開通。第一と合わせ「日光道路」となった。第二には20のカーブがあったため、第一のカーブを2つ減らし今の「合計48のカーブ」とした。

1984年に一般道路として無料開放化。
1986年には「日本の道100選」に選ばれた。

頭文字Dの舞台として

北関東の走り屋たちを描いた漫画作品頭文字Dでいろは坂が舞台として登場した事もあって、日本中の若者たちにもより広く知られるようになる。

作中では下りの第一がランエボ集団「エンペラー」とカート経験者でMR使いの「小柏カイ」のホームコースとなっている。
なおカイは「インベタのさらにイン」というコーナリングでのショートカット技をいろは坂で繰り出しているが、これはガードレールが途切れていた箇所をカースタントレベルで飛び越えるというぶっ飛んだ荒技である。
この技はゲーム版やアニメ版でも描かれた事からファンの間では大変有名となり、とうとう実際にやってみようと真似をして事故を起こした者も出てくる始末であった。
現在は自治体の対策でガードレールが途切れている箇所が無くなっているため再現は不可能となっている(ちなみにゲームでは再現可能)。

当たり前のことだが、現実世界では常に安全運転を心掛けていただきたい

関連項目

栃木県 日光市 国道 坂道
頭文字D エンペラー(頭文字D)
須藤京一 岩城清次 小柏カイ

関連記事

親記事

国道 こくどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「いろは坂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90428

コメント