ピクシブ百科事典

ウルフリック・ストームクローク

うるふりっくすとーむくろーく

ウルフリック・ストームクロークとは、『スカイリム』のキャラクター。

「ウルフリックに死を!王殺しの悪党!」(吟遊詩人の歌『侵略の時代』より)
「ウルフリック万歳!我らが上級王!」(吟遊詩人の歌『迫害の時代』より)

概要

CV:乃村健次
ウルフリック・ストームクロークとは、『スカイリム』のキャラクター。

ウィンドヘルムの街の首長で、反帝国軍ストームクロークの指導者。強力なノルド戦士で、シャウトの使い手でもある。シャウトと言えば・・・?
帝国に反発し、首都ソリチュードに潜入し上級王トリグを殺したことでスカイリムは内戦状態へと突入したため、その行動には賛否両論がある。トリグが治めていたソリチュードを始めとした帝国側のノルドの間では、野心の為に上級王を弑逆しスカイリム内戦を起こした逆賊と見なされている。逆に帝国がサルモールに従属してスカイリムを見捨てると疑っている人々の間では、残された唯一の希望として英雄もしくは真の上級王と見なされている。冒頭に引用されたように、吟遊詩人の歌でも、地域によってその描かれ方は正反対である。

ウィンドヘルムでの治政は徹底したノルド至上主義で、一応町の中には他の種族もいるにはいるがノルドと比較すると生活・労働・居住などあらゆる面で物凄く冷遇されている。
主人公とはオープニングで、ヘルゲンに護送中の荷車の中で出会う。シャウト対策のためか、前手の拘束の他に猿轡を噛ませられている。

関連タグ

首長 指導者 
スカイリム ノルド

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルフリック・ストームクローク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 547

コメント