ピクシブ百科事典

ドヴァキン

どゔぁきん

ドヴァキンとは、オープンワールドRPG「The Elder Scrolls Ⅴ Skyrim」の主人公。容姿・性別・種族・年齢・名前は全てプレイヤーが自由に変更できる。
目次[非表示]

Dovahkiin, Dovahkiin naal ok zin los vahriin
wah dein vokul mahfaeraak ahst vaal
Ahrk fin norok paal graan
fod nust hon zindro zaan
Dovahkiin, fah hin kogaan mu draal

      • Sons of Skyrim, main theme of Skyrim

ドラゴンボーン(竜の血族)よ、ドラゴンボーンよ。その約束された名誉に懸けて
永遠に邪悪を退けたまえ!
最も恐るべき敵ですら、潰走するであろう
かの勝利の雄叫びを聞きし時には!
ドラゴンボーンよ、我らは祈ろう。汝に祝福あれ!
(英語版Sons of Skyrimからの訳例)

概要

ドヴァキン(Dovahkiin)とは、THe_Elder_Scrollsシリーズの5作品目、Skyrimの主人公のこと。

Dovahkiinはドラゴン語で竜の血族(Dragonborn)を意味する。スカイリムに伝わるノルドの伝説における英雄たちは、しばしばシャウト、すなわち叫ぶことで大地を揺るがし敵を怯ませ戦に勝利したという。これが声の力(Su'um)であり、ハイ・フロスガー(High Hrothgar)という聖地で学ぶ事が出来る。何人ものノルドがこの地で学んだとされるが、本来その習得には惜しみない努力と長い修行を必要とする。ドラゴン・ボーンとはアカトシュ神の祝福によって長い修行を経ずともこの声の力を自在に操る能力を持ち、叫ぶことでDragon shout(thu'um)を使うことができるとされるノルドの伝説に語られる存在。またドラゴンの魂(Dragon soul)を吸収し、完全に滅ぼすことができるドラゴンスレイヤーとしての性質も持っている。

本作主人公がこれにあたり、実際は種族もノルドに限定されず、容姿・性別・年齢・名前を全てプレイヤーがキャラメイク時に自由に変更できる。
TESシリーズなだけあって、ドヴァキンだからといって必ずしも竜殺しの英雄を目指す必要はない。
魔法を極めることにしか関心がなくても、悪名高き盗賊でもドヴァキンはドヴァキンである。

前作までは途絶した正当な皇帝の血脈Septim一族にしか現れないと思われていた。特にNordにとっての英雄であり、神として信仰されている初代Septim朝皇帝Tiber Septimは山を崩す程の強力なShoutの使い手であったとされる。
実際にはそれ以外にもDovahkiinとしての力を発揮し、世に変革をもたらす英雄が時代の変わり目に度々現れていたようだ。

なおpixivはじめネット上では「ドヴァキン」表記されることが多いが、日本語版のゲーム中では「ドヴァーキン」表記である。

pixiv上のドヴァキン

pixiv上にはCMや広告などでお馴染みの「鉄」装備に身を固めた戦士のドヴァキンが投稿されている他、プレイヤーが実際に自分がゲーム中で使用している各々のドヴァキンを描いて投稿している。

メインビジュアルに登場するドヴァキン

ドヴァキン
Nord Fighter


ドヴァキン ノルド
スカイリムの豪傑


なおこの「鉄」装備は、ゲーム中でのグレードが低く、雑魚の山賊御用達の装備でもある。
装備の分類も一致していないため、ゲーム中でこの装備をするのは有利とは言いがたい。

個別プレイヤーのmyキャラとしてのドヴァキン

Dragonborn
ドヴァキン君と聞こえし者


うちのドヴァキン
親睦の深め方


PC版に限って言えば、MODの存在によって自由度がとてつもないことになっているため、同一のゲームとは思えないようなドヴァキンが存在し得るのが特徴。

関連タグ

The_Elder_Scrolls Skyrim ドラゴン ミラーク

pixivに投稿された作品 pixivで「ドヴァキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 787905

コメント