ピクシブ百科事典

Oblivion

おぶりびおん

Oblivion (オブリビオン)とは「忘却」を意味する英単語である。pixivでは主としてRPG『The Elder Scroll IV: Oblivion』(TES4)を指す。(曖昧さ回避あり)
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • The Elder Scrolls(TES)シリーズに登場する用語。
  • 上記ゲームソフトのシリーズの一つ、「The Elder Scroll IV: Oblivion」(TES4)。
  • 音楽ゲーム「DJMAX」の楽曲。
  • 2013年に公開されたトム・クルーズ主演のSF映画。


本稿は全て解説する。

The Elder Scrollsシリーズにおける「Oblivion」

TESに登場する異次元世界。
デイドラが住まう次元で、TESの主人公らが住まう世界「ムンダス」とは別の次元に位置する。
ムンダスとオブリビオンの間には竜神アカトシュが張った防壁「竜の火」があり、デイドラが侵略できないようになっている。
また、デイドラの中でも協力といわれる十六柱の「デイドラ・ロード」が支配する「領域」と呼ばれる区域が存在する。

なお、異次元と言われるだけあって、何らかの形で迷い込んだり連れ去られたりした場合、二度とムンダスには戻ってこれない・・・と思えるが、ゲーム中の書籍を調べると、既にオブリビオンの四分の一が測量されており、また竜の火もその気になればすり抜けていけるため、案外人の往来があることが伺えるためそうでもない。
また、中にはワープゾーン感覚でオブリビオンを通り抜ける猛者もいるほど・・・。

ちなみに、ムンダスの人間にとっては、現実世界でいう地獄と同じ意味で捉えられている。
(例としては、「What the hell?」(なんだそりゃ)というスラングが「What the Oblivion?」となっていたり、敵が「オブリビオン送りにしてやる!」と言ったりなど。)

「The Elder Scroll IV: Oblivion」

概要

Bethesda Softworks開発のファンタジーRPGソフト。
ニルンと呼ばれる世界のタムリエル大陸を舞台したRPG作品シリーズ『The Elder Scrolls』シリーズの四作目。
人工知能システムRadiant AIによって個々の生活リズム・行動パターンに則って生きる1000人以上ものNPC達が住む、圧倒的に作りこまれた広大なオープンワールドフィールドを好きなように自由気ままに冒険することができるオフラインRPG。
TES4自体はXbox360PS3に移植されて日本でも発売されているが、Windows版の人気が特に高い。

自由度の高いゲームデザインはもとより、Windows版はユーザー製作のMODによる拡張性の高さから『一生遊べるRPG』と呼ばれ、2006年発売にも関わらず現在でも高い人気を保つ洋ゲーとなっている。
また、MOD製作ツールは公式から配布されている。

本作の舞台はタムリエル大陸中心部であり、大陸を統治する帝国の帝都がある温暖なシロディール地方が舞台。

物語

ネレヴァリンモロウィンドの地で魔人ダゴス・ウルを倒し、その陰謀を阻止してから数年後。

場所はシロディール地方。大陸中心部という土地ゆえに様々な民族が入り混じって暮らす国際色豊かな地。
此処にある帝都の地下牢で囚われていた一人の囚人(主人公)の前に、謎のカルト教団『深遠の暁』に追われる皇帝ユリエル・セプティム七世とその護衛が現れる。
主人公の背後にある大いなる運命を見抜いた皇帝は彼(彼女)にある真実を話し始める。
代々セプティム家の皇帝が身に着けているドラゴンアミュレット、帝位が移る度にこれをセプティムの血を継ぐ正統な後継者が身につけてある儀式を行わなければタムリエルを守る結界に綻びが生じ、デイドラ(魔族)が住む次元オブリビオンの扉が開いてしまうと言うのだ。
護衛の奮闘虚しく皇帝は暗殺者に殺害されてしまうが、死の間際に主人公にドラゴンアミュレットを託し、シロディールの何処かにいるという自らの落胤を見つけ出すよう言い遺す。

果たして主人公は正統後継者を見つけて深遠の暁の陰謀を阻止することができるのだろうか。

関連イラスト

食卓おぶり会
OBLIVION Shivering Isles…に行こう!
ドMの錬金術師



外部リンク


DJMAXの楽曲「OBLIVION」

DJMAX Oblivion


概要

韓国発の音楽ゲームDJMAX』シリーズの収録曲。
最新作『DJMAX RESPECT (V)』にも収録されている。

タイトル表記は、当時の楽曲開始前のカットインイラストにおいて使われた、先頭と末尾のみ大文字の「OblivioN」表記が使われることが多いが、楽曲リストにおいては全て大文字の「OBLIVION」表記である。

作曲はESTi。カットインイラストにおいてジャンル名は「Dramatic Trance」と表記されている。トランス成分は非常に薄く、クラシック音楽のような耽美さを前面に押し出した一曲。
楽曲自体の美しさにムービーの世界観がマッチして高い人気を誇り、DJMAXシリーズの代表曲の一つとも言える存在。

2019年にはアーケード版『グルーヴコースター』に、コラボイベントの一環として移植された。2020年にはSwitch版にもDLCとして収録。

キャラクター

キャラクターデザインはDmyo(白羽奈尾)
ムービーには2人の少女がメインに登場し、ゴスロリ調の世界観が展開する。
金髪の少女がカミリア、赤味がかった髪の少女がフレイヤ

DJMAXのゲーム内においては、カミリアのみに「燃えるような憎悪心が込められた人形」「自分と似た一人の人間だけが彼女の記憶の中で生きている」という説明がある。一方でDmyoの同人誌「Dmyotic」においては、死んだ双子の少女が魔法の力で復活し復讐する、というストーリーが明かされている。

備考

作品を検索する際は、pixiv検索で「OBLIVION DJMAX」で部分一致検索すると良い。(この場合、アルファベットの大文字と小文字は区別されない)

SF映画「Oblivion」

概要

邦題『オブリビオン』。
2013年に公開されたSF映画。トム・クルーズ主演、ジョセフ・コシンスキー監督。

ストーリー

西暦2077年。60年前の異星人スカヴ侵略によって地球は荒廃し、生き残りった僅かな人類は土星の衛星タイタンに逃げ延びていた。
元海兵隊司令官のジャック・ハーパー(トム・クルーズ)とヴィクトリア・オルセン(アンドレア・ライズボロー)はたった二人で地球に残り、異星人スカヴの残党を始末するため、高度1000mの上空から地上をドローンと共に監視する任務に当たっていた。ある時ジャックは、墜落した宇宙船に遭遇し、初対面のはずなのに見覚えがある女性と出会う。彼女は一体何者か。異星人スカヴの正体とは一体何か…

関連イラスト

Oblivion
センシティブな作品



関連リンク

関連記事

親記事

The_Elder_Scrolls じえるだーすくろーるず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Oblivion」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2537929

コメント