ピクシブ百科事典

アルゴニアン

あるごにあん

ベセスダ・ソフトワークスが開発したコンピュータRPG『The Elder Scrolls』シリーズに登場する種族の一つ。
目次[非表示]

概要

タムリエル大陸南部にある毒の沼地・ブラックマーシュ(Black Marsh)の出身の種族。人型のトカゲのような姿をしている。
キャラメイク時にプレイヤーキャラクターの種族として選択することも可能。
英語の綴りは「Argonian」。

毒と病原菌が蔓延している危険なブラックマーシュに暮らしていただけあって、病気や毒に対する天然の免疫を発達させて耐性を持っている。また水中で呼吸する事もでき、開錠の業にも長けている。
ぶっきらぼうな無表情っぷりから受ける印象とは違い、知的で魔法にも長けており、特に女性のアルゴニアンは優秀な魔道士になれる可能性を持っている。また、生まれ持った機敏さとしぶとさにより、隠密行動の達人でもある。
特に「影座」の星の下に生まれたアルゴニアンは、シャドウスケイル(Shadowscale)と呼ばれる暗殺者として育てられる。この風習のせいか、闇の一党(Dark brotherhood)と繋がりがあるようだ。

一般的に遠慮深い人々であり、信頼は得難く理解は難しい。とはいえ、忠義に対する思いは猛烈で、一度信頼し合った友人のためなら戦って死ぬことも厭わない。
良く言えば注意深く理性的、悪く言えば陰湿で腹黒いとも言える。しかし中には初対面の人物に対しても気さくに話す気の良いアルゴニアンも存在する。

ヒスト(Hist)と呼ばれる聖なる樹を信仰する、独自の宗教観を持つ。
また、子供の頃のクセや行動をそのまま名前として命名する風習がある。基本的には彼ら独自の言語で名付けるのだが、他の種族に発音できない音が名前に含まれている場合、タムリエル公用語に訳したものを名乗ることがある。「海中の牙」(Tooth-In-The-Sea)、「浅瀬にたたずむ」(Stands-In-Shallows)など、アルゴニアンに不思議な名前の人が多いのはそのため。
これはアメリカ先住民の名前における、部族独自の言語から英語への翻訳に感覚が近い。

同じく獣人種族であるカジートとは、比較的仲が悪い。
暴力は好まないが、先述した種族の長所を窃盗などの軽犯罪に用いる手癖の悪い者が少なからず存在するため、彼らが共同体に入り込んでくることを快く思わない人々や、露骨に忌避する人々もいる。
過去にはカジートと共にモロウウィンド(Morrowind)の支配種族・ダンマーの奴隷として利用されており、この慣習は3作目のTES3でも見ることができる。

TES4~TES5の間に、モロウウィンドの大火山・レッド・マウンテン(Red Mountain)が噴火。ヴァーデンフェル(Vvardenfell)を始め、各地に甚大な被害が出た。後世「赤い年」と呼ばれたこの大災害に乗じでモロウウィンドを征服している

どういうわけか作中ではやたら魔神への生け贄に捧げられたり、クエストヒロインを務める美少女アルゴニアンが登場したり、エロ本の題材にされたりとカジートウッドエルフと並んでネタにされやすい種族でもある。

関連イラスト

アルゴニアン
The Elder Scrolls  アルゴニアン


アルゴニアン親子
アルゴニアン



関連タグ

The_Elder_Scrolls アルゴニアンの侍女
獣人 亜人 トカゲ

関連記事

親記事

The_Elder_Scrolls じえるだーすくろーるず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルゴニアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 644499

コメント