ピクシブ百科事典

レッドガード

れっどがーど

ベセスダ・ソフトワークスが開発したコンピュータRPG『The Elder Scrolls』シリーズに登場する種族の一つ。

解説

タムリエル大陸北西部のHammerfell地方に多く住む種族。英語表記では『Redguard』。
プレイヤーキャラクターの種族として選択することもできる。

北アフリカ系民族がモデルで、やや中東系の顔に浅黒い肌と天パを持つ種族。特にレッドガード族の若い女性はエキゾチックな美女が多いことからタムリエルでも人気がある。
頑健な肉体に、毒や疾病に対する高い抵抗力と優れた身体能力を備えていることから、戦士や斥候として秀でた才能を持っている。同じ戦士系種族たるノルドとあえて差別化するならば、筋骨隆々なノルドは重戦士向けの種族だが、こちらのレッドガードは身のこなしを活かすいわば技量戦士系種族と云ったところ。

元々は失われた大陸ヨクーダから渡ってきたラ・ガダと呼ばれる民族の末裔であり、古代ノルド族から分化したタムリエルの他の人間種族とは出自が異なるため、独特の文化風習を持っている。
総じて性格は独立心旺盛、ストイック無愛想だがミステリアスで情熱的。
先祖崇拝の風習や生物のを自由かつ崇高なものとして捉える倫理観を持っていることから、魂縛の呪文や死霊術、人の魂を弄ぶDaedraに強い嫌悪感を抱いている者が多く、魔術師自体を邪な者として嫌う者も少なくない。

同様に武勇に優れるノルドとは、憎悪し合っているわけではないものの互いに対抗意識というか同属嫌悪のような感情を抱いており、犬猿の仲。もちろんノルドの街で仲良く暮らすレッドガードもいるが、交渉事でこの種族対立が微妙に影を落とすこともある。例えばノルドの街ホワイトランの衛兵に人探しを依頼したレッドガードのアリクル戦士団は、結構理不尽な理由で門前払いを喰らって追い出されている。タムリエル大陸を統一した帝国とは、長年に渡って協調してきた。しかしThe Elder Scrolls Ⅴ Skyrimの時代には帝国とハイエルフ(アルトマー)が支配するアルドメリ自治領(サルモール)の大戦に巻き込まれる。レッドガード戦士たちは帝国軍と共に勇敢に戦ってアルドメリを撃退する。しかし、戦後の白金条約でHammerfell南部をアルドメリに割譲する事が決まって反発、進駐してきたサルモールを追い出して帝国からも独立した。この結果、サルモールと激しく対立する一方で、帝国との関係も悪化している。

シリーズ初期は日本人をモデルにしていたらしく、過去にガイデン・シンジなる英雄を輩出している。

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドガード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8141

コメント