ピクシブ百科事典

エアトン・グレナバン

えあとんぐれなばん

エアトン・グレナバンとは、『ふしぎの海のナディア』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

エアトン・グレナバンとは、『ふしぎの海のナディア』の登場人物である。
CV:山寺宏一(3話のみ)/辻谷耕史

出会い(第3話)

何隻もの艦船を沈めた謎の生物を追うアメリカの戦艦・エイブラハム号に乗り合わせた海洋学者。
謎の生物討伐に出動していたエイブラハム号はグランディス一味に追われていたナディアジャンを救助し、グランディス一味を逮捕する。
が、戦艦の主砲による攻撃にびくともしないことに焦りを募らせるエイブラハム号・メイビル艦長は、生物の無事を喜ぶナディアを「だまれ、何隻も奴に沈められたのだぞ」と一喝。
直後にエイブラハム号は謎の生物の攻撃を受け中破、海に落ちたナディアとジャン、グランディス一味を乗せたグラタンを置き去りにして立ち去ってしまう。

第15話

この回より辻谷耕史がエアトンを担当する。
アメリカ海軍は仮面の男の情報をもとに艦隊を派遣し、謎の生物討伐に動き出す。
ナディアとジャンの仇討のためエアトンも同行、が、その謎の生物とはナディアとジャンが乗っているノーチラス号であり、アメリカ軍に情報を流したのはネオ・アトランティスだった。
損傷したノーチラス号は深海に潜み攻撃をやりすごそうとしたが、時間を稼いでいる間、フェイトら3人の機関員が有毒ガスの犠牲になってしまった。

この攻撃の際、調子に乗ったエアトンは海に落ち、運よく落ちてきたリンゴの樽と漂流生活を送るハメになってしまった。

南の島編

ノーチラス号をネオ・アトランティス一味に沈められたナディアとジャン、マリー、キングは南の島で
エアトンとグランディス一味に再会。
エアトンによると、1日が早くなったり遅くなったり、熱いかと思えば寒い、寒いかと思えば暑い、異常な速さで走ることができるなど、おかしいことばかり起きているという。
この大きな無人島で一同はしばらく平和に暮らしていたが、前触れもなく突然、島が海に沈んだことにより島を脱出することになった(エアトンはここで自分はイギリスの伯爵と言うことを明かすが、だれにも信じてもらえなかった)。

アフリカ編

アフリカにたどり着いた一同はナディアの故郷が近くにあることを知る。
しかし、そこにネオ・アトランティスが現れてナディアを捕らえ、次いで現れた万能戦艦Ν-ノーチラス号にジャン、マリア、グランディス一味らと合流。

最終決戦

N-ノーチラス号に乗りこみ最終決戦に向かうジャン、グランディス一味と別れ地球に残る。
寸前、サンソンから「おまえはいけ好かない奴だがマリーのことをたのむ」と託され、看護婦のイコリーナ、科学技術部長らとN―ノーチラス号を見送る。

最終決戦後、イギリスに帰り、本物の伯爵だったことが判明する。

関連タグ

ふしぎの海のナディア 貴族 伯爵

関連記事

親記事

南の島編 みなみのしまへん

兄弟記事

コメント