ピクシブ百科事典

目次[非表示]

純粋無垢な小学生ドラゴン(学校には小林カンナで通っています)

プロフィール

種族ドラゴン
性別女性
人間年齢9才
身長人間姿120cmドラゴン姿10m
スリーサイズB60/W50/H55
好きな食べ物クレープ、アイス
嫌いな食べ物蜂(食べづらい)
趣味小学校
特技いたずら
才川の好きなところ自分を偽らないところ
CV長縄まりあ


概要

トールの知り合いの幼竜。作中では基本「カンナ」と呼ばれている。

元いた世界での度重なる悪戯が原因で追放され、人間界を訪れた。
トールのことは「トール様」と呼び慕っており、当初はトールと同居する小林のことを「トール様をたぶらかして利用しようとしている」と疑い、彼女を連れ出そうと小林宅を訪問するが、結果的にそれは勘違いだとトールに諭される。行く宛もなく一人ぼっちだったことから小林により2人(2匹?)目の居候として迎え入れられ、カンナ自身も居場所を与えてくれた小林の温かさを受け次第に心を開いていく。

後に学校に興味を持ち、(トールの魔法で)戸籍を作ってもらったことで朧塚小学校に通うようになる。
クラスメイトの才川リコとは一緒に下校したり遊んだりするなど仲良しだが、その一方で才川の方からはやや危ないレベルで溺愛されたりしている。マジやばくね?…しかしカンナ自身も満更でもないような態度である。

人物

世を忍ぶ仮の姿として小学生程の少女の姿をとっており、ピンクを基調とした民族衣装のような衣服を身に纏っている。本来の姿は白い羽毛で覆われた美しいドラゴンである。電気をエネルギー源としており、尻尾をコンセント状に変化させて差し込むことで充電(?)する。

人間よりも遥かに長生きではあるものの、竜族の中ではまだまだ若輩である模様。そのため、トールやエルマなどの目上のドラゴンに対しては基本「様」付けで呼んでいる(ただし、トールたちと同世代のイルルに対しては、彼女がトールたちほど身分が高くないためか呼び捨てである。また、敬語を話すようになったトールとは異なり、エルマやイルルら他のドラゴンと同様、トールや小林を含む目上の人物に対してもタメ口である)。感情を表情に出すことはあまりないが、年齢に準じ性格も幼く、好奇心旺盛で甘えん坊。カニやセミなど、小さな動物を見つけると捕食する癖がある。イルルとは、あちらの世界で、いたずら仲間だった。

トールによれば、カンナは竜族の中でも由緒ある一族の生まれであるらしく、「カンナカムイ」の名の通り厳格な方針の下育てられたという。これまでの悪戯も、かまってほしい内情の裏返しだったのではと解釈している。後に父親のキムンカムイが登場した際に、カンナが当代の「カンナカムイ」であり、キムンカムイが先代の「カンナカムイ」を名乗っていたことが語られている。
ドラゴンの勢力は、無所属であり、幼竜などに多い。

小林宅では基本的にいい子であり(むしろ、破天荒な言動で何かしら厄介事を巻き起こす大人ドラゴンたちに比べればおとなしいと言える)、極稀にわがままを言って小林を困らせる一方で、彼女が本当に困っているのを察した際には自ら身を引いて我慢する忍耐強さをみせることも。本人曰く、トールはお姉さん、小林はお母さんのようにおもっているとのこと。

学校ではその可愛らしい容貌も然ることながら、勉強も運動も卒なくこなしてしまうことから、転校(入学)初日からクラスメイトたちの注目の的となり、才川も当初はクラスの人気を搔っ攫ったカンナを一方的にライバル視し挑戦を持ちかけたが、彼女の泣き落としで感化され、以来一番の友人を名乗るようになる。
アニメでは、運動会で、リレー1位を取り、クラスの優勝に導いた。

トールやエルマ、ルコアとは異なり、小林のことを「小林」と呼び捨てにしている。

作者のコメント

子供として扱ってほしいけど、人間の子供という枠では収まらない。本人もそれがわかっていて、意図的に使い分けている。ちょっとズルい子


余談

  • 名前の由来はアイヌ神話に登場する蛇の姿をした雷神「カンナカムイ」。電気をエネルギーとするのもこの為であろう。


  • アニメでは、細身だった原作よりも肉付きのいい体格で描かれている。ファンからも好評であり、原作者もそれ以降はカンナをアニメ準拠でデザインすることが多い。

関連イラスト

カンナちゃん。
いっしょに寝る・・・


💜
クレープカンナちゃん。


お眠りカンナ
カンナちゃん。



関連タグ

小林さんちのメイドラゴン ドラゴン 小学生
根岸まさ子…CVの長縄氏が演じている同作者の別作品のキャラクター
カンナ…同名&竜繋がり。親枠のカムイも同じ同名&竜繋がりである
千石冠カップやきそば現象。キャラが似ている。声優が同じと言う事に加えて、放送時期がすぐ後であったことから、こちらは『高校生になったカンナカムイ』と言われることもある。→カンナカムリ
カンリコ才川リコとのカップリングタグ。

表記揺れ

カンナカムイ……タグとしてはこちらが先に使われている

関連記事

親記事

スーパーちょろゴンず すーぱーちょろごんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カンナカムイ(小林さんちのメイドラゴン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21748985

コメント