ピクシブ百科事典

KOFオロチ編』の主人公である草薙京……のクローン
主に以下の2つの用法がある。

KUSANAGIの別称

元々は『KOF2002』におけるKUSANAGIの別称。
彼は『2002』のゲーム画面では「KUSANAGI」と表記されているのに対し、公式サイトでは「クローン京」として掲載されているため、これが正式名ではないかと言われていた。
……のだが、このページをよく見ると周りは「日本チーム」「オロチチーム」等のチーム名であり、さらに「クローン京」の隣にあるオメガルガールの枠に至っては「最終ボス」となっている。
さらに、当の「クローン京」のページを開くとそこには大きく「KUSANAGI」の名前があるため、当時から「KUSANAGI」も正式表記だったと見るほうが正しいのかもしれない。

その後、『KOF2003』では設定の変更でクローンではなくなったこともあり、正式に「KUSANAGI」の名前が当てられた。
KOFシリーズ全体の公式サイトでは「KUSANAGI(クローン京)」としてまとめて記載されている。

量産型クローン

ネスツ編の物語中にて、京のクローンは秘密結社ネスツ量産されている。
KOF'99』では世界同時テロのための兵隊として大量に生産されたが、クリザリッドが起動に必要なトリガーデータ(殺人のデータ)の採取に失敗したために起動できず、ハイデルンの部隊に全て収容された。
KOF2001』に登場したK9999が草薙京の9999体目にして最後のクローンなので、9999体は作られていることがわかる。
(ただし、K9999が本来は失敗作として破棄される予定であったことを考えると、破棄された個体も多くあると思われる)

固有名を持って登場したのは他に『'99』に登場した草薙京-1(通称メロ)、草薙京-2(通称ホキ)がいる。
このふたりは『'99』の開発が佳境に差し掛かってからねじ込まれたキャラであり、本来到底2キャラも追加する時間的余裕は無かったが、既にキャラクター製作から離れていた偉い人がチャチャッと2人作ってしまったという逸話がある。
ただし見た目的には以前の学ランを着た京のそのまんまコピペであるため、手抜きと言われてしまうことも多い。

KOF2002UM』では京-1、京-2、KUSANAGIの3名でクローンチーム結成して登場する。リーダーはKUSANAGIらしい。

京-1、京-2、KUSANAGIの3人についてはそれぞれ人格があり、性能にもオリジナルとは異なる個性がつけられている。
『2002UM』ではより個性がはっきりした。

関連記事

親記事

草薙京 くさなぎきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クローン京」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26190

コメント