ピクシブ百科事典

クローン京

くろーんきょう

対戦格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ」シリーズに登場する草薙京のクローン達。
目次[非表示]

KOFオロチ編』の主人公である草薙京……のクローン
主に以下の2つの用法がある。

KUSANAGIの別称

元々は『KOF2002』におけるKUSANAGIの別称。
彼は『2002』のゲーム画面では「KUSANAGI」と表記されているのに対し、公式サイトでは「クローン京」として掲載されているため、これが正式名ではないかと言われていた。
……のだが、このページをよく見ると周りは「日本チーム」「オロチチーム」等のチーム名であり、さらに「クローン京」の隣にあるオメガルガールの枠に至っては「最終ボス」となっている。
さらに、当の「クローン京」のページを開くとそこには大きく「KUSANAGI」の名前があるため、当時から「KUSANAGI」も正式表記だったと見るほうが正しいのかもしれない。

その後、『KOF2003』では設定の変更でクローンではなくなったこともあり、正式に「KUSANAGI」の名前が当てられた。
KOFシリーズ全体の公式サイトでは「KUSANAGI(クローン京)」としてまとめて記載されている。

量産型クローン

ネスツ編の物語中にて、京のクローンは秘密結社ネスツ量産されている。
KOF'99』では世界同時テロのための兵隊として大量に生産されたが、クリザリッドが起動に必要なトリガーデータ(殺人のデータ)の採取に失敗したために起動できず、ハイデルンの部隊に全て収容された。
KOF2001』に登場したK9999が草薙京の9999体目にして最後のクローンなので、9999体は作られていることがわかる。
(ただし、K9999が本来は失敗作として破棄される予定であったことを考えると、破棄された個体も多くあると思われる)

固有名を持つクローン

固有名を持って登場したのは他に『'99』に登場した草薙京-1(通称メロ)、草薙京-2(通称ホキ)がいる。お互い同時期に製造されたため兄弟ような存在であり、多数のクローンの中から選出されて大会に送り込まれた。それ以外の量産型クローンは上記の通りである。
※通称の理由はそれぞれの好物。魚については詳しくは代用魚の項目を参照。

性格は京-1、京-2、KUSANAGIの3人についてはそれぞれ人格があり、性能にもオリジナルとは異なる個性がつけられている。『2002UM』ではより個性がはっきりした。

京-1、京-2のプロフィールは格闘スタイル、身長、体重、血液型はオリジナルの草薙京と同じ。それ以外の二人の共通点は

  • 肌の色が褐色
  • 誕生日:7月5日
  • 嫌いな物:オリジナル
  • 得意スポーツ:なし
  • 大切なもの:遺伝子
となっている。声優はオリジナル京と同じ野中政宏である。

草薙京-1

  • 趣味:技のアレンジ
  • 好きな食べ物:メロ

『99』に登場した京のクローンの一人。『95』までの京の性能をベースだが、オリジナルの京にはない性能や技を持っている。
設定上では、ネスツの技術が成熟していなかったため完全に再現できることができず、「あくまで京の持つ技の特性をできる限りの状態まで引き出し、それでも不足しているところはネスツなりのアレンジで補われている」状態であり、オリジナルの京と似て非なる技を持つのはそのためである。
また、彼らが使う技は本来なら草薙流古武術に付けられるはずの『○○式』の番号が全て省かれている。

ディフォルトカラーは紺色の短ランで、襟章の右側で菱形に「京」文字、左側は「I」の文字を切り抜いた形となっている。
オリジナルの記憶は持っておらず、ネスツの命令に従う忠実な戦闘マシーン。
『99』の勝利メッセージは1つしかなく、無表情。
『2002UM』では勝利メッセージに違いが出ており、他のクローンと比べると落ち着いた性格である様子。

KOF99ドラマCDに登場する京-1は戦闘データ収集のためにネスツから送り込まれた刺客として登場。好戦的で柄の悪い性格で、オリジナルの記憶が持たずにも関わらず自分は本物だと思い込んでいる。
本編では、ネスツを裏切ったウィップに怪我を負わせた後に、データ収集のためにジョン・フーンやチョイ・ボンゲさらに真吾に闘いを挑んでくるが、途中でK'が乱入したことによってK'と激突する。
Aパート最終話では闘いの中で偽物(クローン)と気づいたK'に京(オリジナル)ではない言われたことに動揺した京-1はK'の超必殺技「ヒートドライブ」で敗北した。
Bパート最終話ではK’との戦いに乱入してきた八神庵に標的するが、すぐにクローンだと気づいた庵から偽者扱いされたことに激怒し、庵に殴りかかったがあっさりと受け止められ、最後は庵の炎に燃やされた。

草薙京-2

  • 趣味:技のコピー
  • 好きな食べ物:ホキ

ディフォルトカラーは赤みがかった黒茶色の短ランで襟章は炎をモチーフにした形と、「II」の文字を切り抜いた形となっている。『96』をベースにした京のクローン。第1号でのトライアンドエラーの結果、「荒咬み」からの連携の再現に見られるように技の再現に関してはより完全な形に近づいた。
ちなみに京の必殺技の「R.E.D.Kick」が「R,E,D,キック」になっているのはネスツが誤って登録してしまったからである。
京-1と同じくオリジナルの記憶を持っておらずネスツに従う命令に忠実な戦闘マシーン。
『99』の勝利メッセージは1つだけしかなく、不敵な笑みを浮かべている。
『2002UM』からは勝利メッセージの態度などから落ち着きのある京-1と比べると京-2はやや柄の悪い性格となっている。

このふたりは『'99』の開発が佳境に差し掛かってからねじ込まれたキャラであり、本来到底2キャラも追加する時間的余裕は無かったが、既にキャラクター製作から離れていた偉い人がチャチャッと2人作ってしまったという逸話がある。
ただし見た目的には以前の学ランを着た京のそのまんまコピペであるため、手抜きと言われてしまうことも多い。
ちなみに家庭版では京、真吾、京-1、京-2でチームを組むと「真吾パシリチーム」となりクリア後にイラストが見られる。
KOF2002UM』では京-1、京-2、KUSANAGIの3名でクローンチーム結成して登場する。リーダーはKUSANAGIらしい。個別では乱入キャラとして登場している。

性能

京-1
「94」「95」の京に近いが、性能がほぼ変わらない朧車と七拾五式・改、大蛇薙のみであり、その他に関しては独自の要素が多く、ほぼ別キャラクターとなっている。
単発の攻撃力は高めでゲージ依存が低いが、全体的に技の隙が大きい。
小足の隙が僅かに大きく、オリジナルの京で可能だった近距離立ち強パンチへの目押しができない。
また、立ち弱キックが距離に関係なくリーチの短い膝蹴りになっている関係で、小技による牽制能力に難がある。
京のバリエーションの中でなぜか鬼焼きが実装化されていない。
京-2
「96」以降の京をベースにしているが通常技・必殺技の性能がオリジナルより劣っているものの独自のような要素もあるという。
『2002UM』では通常の京には存在しない技が追加されている。京-2の趣味は「技のコピー」であり、『'99』ではオリジナルとの類似が徹底されていたが、これによって差別化が図られるようになった。
京のバリエーションの中では大蛇薙が実装化されていない。

コミック版に登場するクローン達

香港漫画版『拳皇』にはかなりオリジナルかつアレンジが施した様々な京のクローンが登場している。
KOF01に登場する京は、自分が本物だと思い込んでいたが、実はクローンだったというKUSANAGIをモチーフにした完全な京の記憶を持つ最強の「草薙京0号」。他にもネスツ本部から盗んだゼロの戦闘服に似た戦闘服「X-0」を着用している「草薙京3号」などが登場している。
さらに氷を使い、口が裂けていて歯も尖っているK666など、本物とそっくりな個体とK9999のような跡形もなくなったクローン体も登場している。

KOF XIVコミカライズ版『KOF A NEW BEGNINNIG』では京のクローンのデータを元に造られたアンドロイドが登場。イグニスの復活のために元ネスツの科学者と共にKOF大会の裏で暗躍する。
アンドロイドを造った理由はクローンと違って心を持たずイレギュラーなことがないため、肉体を持たないイグニスに代わって動く駒として利用するためだった。
しかし、量産型のせいか炎をうまく扱えていないため、ほぼ使い捨てという扱いにされている。
その後は、ネスツ個人的な恨みを持つ草薙京によってアンドロイド達は徹底的に破壊された。(過去にネスツに拉致られたことがあったため)

関連記事

親記事

KUSANAGI くさなぎ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クローン京」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クローン京」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48761

コメント