ピクシブ百科事典

グロブダー

ぐろぶだー

ナムコのアーケードゲーム。
目次[非表示]

ナムコが1984(昭和59)年12月に発表したアーケードゲームでグロブダー(戦車)を操作してバトルフィールド内の敵を撃破するゲーム。
「グロブダー」の名のとおりプレイヤーが操作する自機はゼビウスの地上物(の競技改造車)。

ストーリー

西暦20XX年。高速・小型・多機能化したコンピュータは、人間を機械の制御から解放した。しかし操作する楽しみは、やがて趣味から競技へと変化した。それは競技場の戦闘競技「バトリング」である。4種のロボット・マシンと競技用マシンを公認し、障害物とマシンの配置を規定、競技を取り仕切っている。競技者は「グロブダー」を操り、「バトリング」を行なうのだ。

概要

戦車「グロブダー」を操作して競技場(バトルフィールド)内の敵を全滅させるとステージクリア。要塞は残したままでもOK。1~99面まであり、そのまま開始すると1面からスタートだが砲撃ボタンを押しながらゲームスタートするとゲームを開始する面が選択できる(インストラクションカードにも記載されている)。99面クリアでメッセージを表示して終了(ループなし)。99面終了時に残機数1機につき100万点ボーナス点が加算される。

大ヒットこそしなかったものの、マニアックな戦略が常連客を呼び後に別のハードへ移植された。移植版では当時のパソコンの低い性能を補うべく、二人対戦モードやエディットモードが加えられるものもあった。
現在はPS版及びPSP版『ナムコミュージアムVol.2』、XBox360版『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』、Wiiバーチャルコンソールでプレイ可。

余談

このゲーム、1面からの通しプレーで全99面オールクリアした人は既にいるが(難易度イージー設定で1988年頃、難易度ノーマル設定で2006年)、これをノーミス達成した強者はまだいないそうだ。

自機

元々ゼビウス軍の水陸両用車だったものをビーム砲とエネルギーシールド発生装置を取り付けて更に地球人用に改造したもの。
シールドには制限があり、エネルギーゲージの残量(砲撃をしていない時やシールドを張っていないと回復。移動時は回復が遅い)に応じて敵弾・誘爆防御、敵弾のみ防御、効果なしと変化していき、ビーム砲の威力もエネルギーゲージの残量に応じて下がっていく。
敵弾の直撃や爆風に巻き込まれるとミス。ただし、シールド(エネルギーゲージ残量により異なる)で防げる。

大まかな分類。

  • ビームを撃ってくる戦車(シールド有無とビーム砲の速度違い有り)
  • 誘導弾を撃ってくる敵(シールド無し、誘導はゆるやか、移動速度の違いあり)
  • 要塞(耐久力のある移動砲台を装備、大型誘導弾を撃つこと有り)

敵の挙動について

  • 敵を爆風に巻き込むと高得点が得られる。
  • 敵の残骸上では自機・敵共に移動速度が落ちる。(要塞の残骸は走行不可)
  • 敵を倒すのに手間取っていると攻撃が激しくなってくる。

バトルフィールド

  • 固定画面でスクロールなし(※1)
  • バトルフィールドごとに敵と障害物の初期配置が固定されている
  • 各面開始時に"Get Ready!"とサンプリング音声のアナウンスが出る。(※2)


※1・・・このころにはハードウェア側で既にスクロールは可能だったが、あえて固定画面にしたそうである。
※2・・・アナウンスの声の担当声優はおらず、開発者の遠藤雅伸氏が自身の声をあてている。

関連タグ

レトロゲーム アーケードゲーム ナムコ 戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「グロブダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5468

コメント