ピクシブ百科事典

ケモヒーロー

けもひーろー

悪と戦うモサモサな猛者達
目次[非表示]

概要

 アメリカンコミック日本特撮作品におけるヒーロー戦うヒロインも含む)のような活動を行うケモノのこと。すなわち、普段は作中世界の一般の人々と同様の姿で過ごしているが、ひとたび悪が現れれば戦うための姿へと変身してこれを倒すケモノ。解りやすい例を版権作品から挙げれば鉄人タイガーセブン快傑ライオン丸がこれにあたる。ただし、PIXIV内でケモヒーロータグを付けるのはユーザーのオリジナルキャラクターが主である。早い話がケモノでヒーロー物をやりたいという創作意図のもとに生まれたキャラクター達である。

等身大ケモヒーロー

 当ジャンル内においては、特徴的な衣装に身を包んだ等身大のヒーローがヒーローの形式として多く見られる。

デザインの類型

目元のみを隠す

 往年のタツノコプロ製アニメを彷彿とさせる、体のラインも顕わな全身スーツにドミノマスクや半透明のシールドで目元を隠すというスタイル。ケモノキャラなのだから毛(髪)とケモ耳はそのキャラの自前の物を表面に出そう、ということかもしれない。2016年現在、このスタイルが主流と言ってもいいだろう。

正義のヒーロー ”クライウルフ”
飛翔


Blue Spark
ケモヒーロー



頭部全体を隠す

 現実の(ケモノに限らない全般的な)特撮ヒーロー文化へのオマージュ、あるいはパロディとしてケモヒーローを描く場合、特撮ヒーローの様式に則った姿、すなわち頭部全体を覆う(演じる俳優の露出度が皆無に近い)スタイルをとる事が多いようだ。その場合、体毛やケモ耳はスーツの意匠の一部(多くの場合硬質素材製)として表現される。

早売り情報!!(笑)
亜空戦士バーニオン


生身の姿を完全に隠してしまったら、それはもう衣装が動物をモチーフにしているだけの事でケモノキャラとは言えないのではないか、という疑問も生まれるが、さらにそれを逆手に取り、生身の状態と異なる動物の戦士に変身(変装)するという作品も存在する。

【ケモヒーロー】彗星仮面ポメットロン


(ジャコウウシからポメラニアンに変身する例。)

顔を一切隠さない

 豹マンライオン丸タイガーセブン等、実在する特撮ケモヒーロー作品の多くはこの形式をとっている。それらの作品では人間からケモノに変身することが即ちヒーローへの変身、つまりケモノキャラ=超人という世界である。変身により別の生物になるのだから、正体を伏せる事が目的ならそれ以上顔を隠す必要はないだろう。もちろん版権作品だけでなくPIXIVユーザーのオリジナルキャラクターにも、この形式のヒーローはいる。

明けましておめでとうございますっ


その他に「正体を隠す必要がないので顔を隠さない」という作品や、バトルヒロイン物を意識した作品(変身して悪に立ち向かうヒーロー物のフォーマットに沿いつつ、変身後の姿が魔法少女である等)も存在する。

イルカのおばちゃん。
【ケモノヒーローラッシュ】補足説明的なもの【けもケット4】


魔法の獣人フォクシィ・レナ 第一巻表紙
【C92】しろくままままじょシロクマギカ



巨大ケモヒーロー

 前項に書いた通り、等身大ヒーローがケモヒーローの多数派なのに対し、等身大ではないいわゆる巨大ヒーロー型ケモヒーローもわずかながら存在する。

デザインの類型

ウルトラマン型

 版権作品の巨大ヒーローの代表格といえばやはりウルトラマン(ウルトラ戦士)だろう。一口にウルトラシリーズと言ってもその世界観はすでに複数の平行世界を内包し、キャラクターのバリエーションも幅広い。ファンが個人の創作として独自のウルトラ戦士を空想しやすい状況と言えよう。PIXIV内ではそうした個人創作ウルトラマン用にオリジナルウルトラマン(略してオリトラマン)というタグもあるほどである。ケモヒーローにおいても、巨大ヒーロー型としてはケモノ版ウルトラ戦士といった趣の作品が多いようだ。

ウルケモウーマン ルージュ設定
【オリトラ】ナーイェの1 ぼくがかんがえたうるとらまん


002



なお、本家ウルトラマン自身もケモヒーローと全く縁がないわけではない。番組の企画当初は、登場するヒーローはベムラーという名前の怪獣(裸の烏天狗、あるいは大巨獣ガッパを人型に近づけたようなデザイン)つまりケモヒーローだった。しかしヒーローと悪者を視覚的に判別しやすくするため、銀色の巨人(ウルトラマンの原型)と差し替えになったのだ。

地球は俺たちにまかせろ!!


(左がベムラー、右がウルトラマンの原型。)
ウルトラマンのケモノ版として巨大ケモヒーローを創作する際には、上記の経緯を踏まえて「銀色の巨人と比べてヒーロー性に乏しいと判断されたケモノ的なデザインに、いかにヒーロー性を付与するか」を考えてみるのも面白いかもしれない。

非ウルトラマン型

 無論、ウルトラマン型ではない巨大ケモヒーローもいる。

『ジャンボ』 けもケット5新刊



巨ケモとの違い

 巨大ケモヒーローはその外見から巨ケモに近い印象を受けるが、巨ケモは「怪獣寄りに描かれることが多く、ウルトラマンといった巨大ヒーローとして描かれることは非常に少ない」(巨ケモの項目より引用)とされ、その場合いわばケモヒーローとは対極の画題である。むろん破壊や殺戮などとは無縁の巨ケモ作品も存在することは言うまでもないが、巨ケモと巨大ケモヒーローは分けて考えておく方が無難だろう。

関連タグ

ケモノ 獣人
巨大ヒーロー スーパーヒーロー 正義の味方 等身大ヒーロー ヒーロー 変身ヒーロー
男リョナ 大ピンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「ケモヒーロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 530147

コメント