ピクシブ百科事典

ケーフミ

けーふみ

『妖怪ウォッチ』の登場キャラクターの天野景太と木霊文花のカップリング。
目次[非表示]

概要

本作の主人公とヒロイン(あるいは女主人公)。
ケータフミちゃんは仲の良いクラスメイトで、よく一緒に遊んだり喋ったりしている。

ケータはフミちゃんに好意を抱いていると見られる描写が多く、特にアニメ版では定番の設定。(それどころかフミちゃんと結婚したいほどに想っていたり、フミちゃんへの気持ちが暴走してとんでもない行動をしてしまうことも。(後述))

各メディアの展開


ゲーム

『1』〜『2』までフミちゃんが女主人公を務めていたことから初代主人公コンビとなる。

二人は同じさくらニュータウンに住むご近所さん。
プレイヤーの操作によって相手の家・部屋に勝手にお邪魔しても歓迎してもらえる仕様となっている。

『2』ではアニメ設定の逆輸入がされ、ケータがフミちゃんのことを意識している。
また「奇妙の間」のフミちゃん専用クエストではフミちゃんが他の子に嫉妬している場面がある。

アニメ

アニメ版のフミちゃんはヒロインポジション。
ケータは非常にわかりやすく好意を抱いており、フミちゃんが登場する話では何かと意識していることが多い。チャンスがあればアプローチもするが、天然なフミちゃんには基本的に伝わらない。

アニメではフミちゃんに憑りついた妖怪をケータが何とかするというパターンが確立されている。
しかし(妖怪のせいで)フミちゃんに泣かれたり、ドン引きされたり、怒られたり、ショックを受ける一言を言われたり、フミちゃんからバレンタインのチョコをもらったという幻を見せられたりと、ギャグ・オチ的にはおいしいがケータ的にはあまり報われいていない場合が多い。
そしてフミちゃんは美少年化したキュウビにも好意を抱かれアプローチされているが、やはり天然なので全く気付かない。

しかしダリスやのらりくらりの回などから、フミちゃんは普段のケータに対してとても好意的である。

問題の回

第60話 しきるん蛇の回ではなんと、ケータがフミちゃんに対してドM願望があったという事実が発覚。進学や就職はおろか人生の全体に対して彼女に仕切られたいという、まさに「ダメ人間」ぶりを爆発させた。

「全てを仕切られる俺は…とても…とても幸せなのであった…!」
「こんな幸せな世界を教えてくれるなんて…ありがとう!!しきるん蛇ぁ~!!!」

絶望的なまでに情けない妄想に浸っているケータの姿に、ウィスパーは呆れ、フミちゃんはドン引きして帰ってしまい、しきるん蛇すらも呆れてメダルをポイと投げて帰ってしまう程で、完全に道を踏み外しかけている…。
そんなケータのダメな姿に、ウィスパーは…

「正直…キモかったッス…」

第82話 やきモチの回ではフミちゃんがやきモチにとりつかれ、ケータのこと全てにヤキモチを妬くというケータにとって最高の事態が訪れる。
「絶対に妖怪のせいだ」と言うウィスパー「フミちゃんの本心だ」と言い張るケータという、いつもと立場が真逆になるという事態が起きるが、段々ヤキモチがエスカレートして大変なことになってきたためケータは泣く泣く妖怪のせいだと認めるのであった。

第170話 けちらしの回では、ケータの部屋に舞い込んできた髪の毛を何を思ったかフミちゃんのものだと思い込み、匂いを嗅いだり舌で舐めたりとお子様には見せられないような行動のオンパレードであった。
これにはウィスパーとジバニャンもドン引きして

「さすがのアタクシもついていけないでうぃす…」

「控えめに言っても超キモいニャン…」

妖怪に取り憑かれていないのにも関わらずフミちゃんの事となるとここまで強烈な行動をしてしまうケータは果たして"普通"なのだろうか…
しかし言ってしまえばこれらは、ケータ自身の意思ではなくケータがこれらの行動をするように脚本を書いたアニメスタッフのせいなので、脚本に弄ばれるケータも大変である…

コロコロコミック

フミちゃんの出番自体が少ないが、妖怪のせいでクラスから孤立しそうになったフミちゃんをケータが妖怪ウォッチを駆使して助けるなど、ケータが男気を見せる場面がある。

ちゃお版

ちゃお版でも友達同士だが、フミちゃんからのケータへの「付き合う相手」としての評価は散々である。
但しお花見に来た時にフミちゃんがケータに女心を鷲掴みにする台詞を要求したり、学校でケータ
クマカンチがクラスで誰が一番カワイイか話している時にケータがフミちゃんの名前を出すと
それをたまたま耳に入ったフミちゃんが顔を赤らめて照れるなどケータに好意を持たれる事自体はまんざらでもないようである。
またキュン太郎のしわざでケータがノリちゃんにデレデレになった時に、フミちゃんはカチンッと嫉妬していた。
夏祭りではバクロ婆のしわざで、ケータは「俺 フミちゃんにドキドキしちゃうよ―っ!!」とフミちゃんへの素直な気持ちを口にした。
更にケーフミ二人で出かけたり、フミちゃんの自室で二人で宿題するなど仲良さそうなシーンもある。
ケータとフミちゃんの母親同士も仲良しなど、美味しいシーンもそこそこあるのが特徴である。

妖怪ウォッチ むかしばなし: せかいのおはなし

妖怪ウォッチのキャラクターが世界の童話の登場人物を演じてお話を再現している本。
長靴をはいた猫」でケータは三男役フミちゃんは王様の娘の姫、「白雪姫」ではフミちゃんが白雪姫ケータが王子様の役を与えられているので、「長靴をはいた猫」と「白雪姫」内で二人が結婚した。

黒い妖怪ウォッチ

他媒体とは異なり、ケータ(クズ)フミカ(クズ)のカップリング(?)という事で解説する。(言わば番外編)

お互い黒い妖怪ウォッチの力でけむし男カマキリ女にされるが、アニメ161話におけるけむし男の体毛をカマキリ女がむさぼるシーンが一部の視聴者に突然のケーフミ?と思わせた。(カマキリ女曰く味はマズい。)

ちなみにフミカが妖怪化される前に、けむし男は彼女をクズ女呼ばわりしかしなかった為、認識は無いようである。

pixivでは

ケータとフミちゃんが一緒にいるイラストに付けられている事が多い。ただし、フミちゃんメインの場合やフミちゃんにウェイトが置かれた作品の場合は「フミケー」タグが付いている事が多い。

関連イラスト

まいにちいっしょ
\ニャンズラ~/
セーラウェア!
妖怪ウォッチ



関連タグ

妖怪ノマッチ 天野景太 木霊文花 
別表記:フミケー




















ネタバレ

※ネタバレ注意。
























劇場版4作目は未来の世界が舞台となり、ケータの娘である天野ナツメが主人公の一人として登場する。また、ケイスケという名のナツメの弟もいる。
実際に劇中のラストでは奥さんが登場、コミック版の最後のシーンで帰宅したケータと互いに「ケータ君」、「フミちゃん」と呼んでいたので、ケータの想い(妄想)が現実となって結婚をして夫婦となった

pixivに投稿された作品 pixivで「ケーフミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 625169

コメント