ピクシブ百科事典

コダイギョ怪人

こだいぎょかいじん

『バトルフィーバーJ』に登場するエゴス怪人。
目次[非表示]

CV:渡部猛

概要

バトルフィーバーJ』第35話「腹ペコ大パニック」に登場。

複数の魚を素体として誕生したエゴス怪人「海の魔王」を自称しており、海の魚はエゴスが管理すると豪語する。武器は槍と口から吐き出す発火性の白い液体。

食料の流通をストップさせて民衆に大打撃を与える「パニック作戦」の実行が使命。
漁船を襲撃して日本近海での漁を妨害して魚が全く取れないという状況を作り出したり、日本の東西を繋ぐ大動脈の東名高速道路を不通にしたりといった様々な妨害工作を展開していた。

その後経済評論家の太田黒慎造がテレビで不安を煽り、この作戦のため用意した唯一魚を扱うスーパーで支配人が破格の値段で魚を売って他の食料品も高騰する(共に正体はカットマン)。

なお、複数の魚から誕生した経緯からなのか魚としての習性が色濃く残っているらしく、が垂らした釣り針についうっかり引っ掛かってしまい、プライドを酷く傷付けられていた。

コダイギョロボット

兄から呼びだされ水中から出現するが、瞬殺されてしまった。

余談

太田黒慎造を演じたのは特撮に深く関わり、本作でも数体のエゴス怪人を担当した依田英助氏。

やはり特撮と関わりが深く、本作でもサタンエゴスを担当した飯塚昭三氏は秋刀魚が10万円の時にめざしを食べる温和な富豪役で出演している。

関連タグ

バトルフィーバーJ 秘密結社エゴス エゴス怪人

関連記事

親記事

エゴス怪人 えごすかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コダイギョ怪人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント