ピクシブ百科事典

コㇿポックㇽ

ころぽっくる

アイヌに伝わる小人族。
目次[非表示]

概要

アイヌ語で「の葉の下の人」という意味を持つ、アイヌに伝わる小人族のこと。
「蕗の葉の下の人」と呼ばれるのは、蕗の葉で屋根を葺いた竪穴式住居に住んでいたためと言われている。
アイヌの伝説ではかつては双方の種族は友好的だったが、アイヌの側が無礼をしたため、コㇿポックㇽは北の海の彼方へ移ってしまったといわれる。
近代になって、彼らは実在し、彼らこそアイヌと日本人の先祖であり先住民族だったとする説が一時期唱えられた。

アイヌの小人伝説は広く北海道や南千島や樺太に流布しており、名称はこれ以外にも、トィチセウンクㇽトィチセコッチャカムィトンチ(これらはみな「竪穴に住む人」の意)などと呼ばれることもある。人から常に身を隠して生活をしているとされている。

日本では佐藤さとる氏作の児童文学コロボックルシリーズが有名。
冒険コロボックルのタイトルでアニメ化もされており、この作品でコロボックルの存在を知った人も多いのでは?

北海道東部には3世紀から13世紀にかけて、アイヌや和人とは違った文化の遺跡が出土しており、これがコㇿポックㇽなのかもしれない。
この文化は北千島のアイヌ人の特徴と共通点があり、彼らがコㇿポックㇽの正体との説もある。
日本書紀にもそれらしき民族の記述がある。

なお、北海道には大型の蕗であるアキタブキ(高さ1〜2m)の中でも一際巨大なラワンブキ(螺湾蕗)という種が自生している。
ラワンブキは高さ2〜3mで茎の太さは10cmという巨大な蕗であり、巨大なものは高さ4mにも達すると言われている。
ようはこんな巨大な蕗がある土地で「蕗の下の人」と呼ばれた人々なのであり、アイヌに比べて多少背が低い程度だったとも言われている。

表記について

コㇿポックㇽはアイヌ語での表記で、日本語表記ではコロポックルになる(アイヌ語は口頭伝承だけの原語で文字というものが無い。現代では表記に片仮名かローマ字が使われているが、日本語に無い発音があるため片仮名では表しきれず、アイヌ語用文字が幾つか作られた。ㇿ、ㇽがそれ)。

また、アイヌ語には「ポ」と「ボ」の音の区別が無く「コㇿボックㇽ」「コロボックル」とも書かれる。

関連タグ

アイヌ 小人 妖精 葉っぱの傘  葉っぱ 
イッスン(大神の登場キャラ、豆粒並の小ささで、アマテラスに咥えられたり、口の中に含まれて唾液まみれになったり、サクヤツヅラオの胸の谷間に飛び込んだりしている)

表記ゆれ一括検索

pixivに投稿された作品 pixivで「コㇿポックㇽ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53699

コメント