ピクシブ百科事典

ゴライアン

ごらいあん

ゴライアンとは、真船一雄の漫画『ウルトラマンSTORY0』に登場するオリジナルのウルトラ戦士である。
目次[非表示]

概要

肉弾戦を得意とするウルトラマン。TV放映作品の個体より巨大なスカイドンブラックキングを真上に放り投げる事が可能な位パワーが高く、また体の基礎代謝能力も高い為メトロン星人を受け付けなかった。
防御力も高く、惑星重力に引かれて真っ逆様に落下するウルトラ戦士二人のになることができる程頑健な肉体を持つ。
主にフレアと行動を共にすることが多い。彼とは何かしら因縁があるようで頭が上がらず、凄まれると普段の血の気の多い性格が嘘のように大人しくなる。


データ

  • 出身地:M78星雲光の国
  • 身長:65メートル(推定)
  • 体重:7万5千トン(推定)
  • 年齢:2万5千歳
  • 飛行速度:マッハ10
  • 得意技:スペシウムキャノン、ウルトラバスター他

(初期設定画集より)

容姿

筋肉隆々なウルトラ戦士。他の戦士より明らかにデカい。
巨大なトサカとウルトラの父に似た髭のようなパーツも特徴。

人間体

世紀末ファッション。この状態でも十分にデカく怪力の持ち主で、巨樹を根元からへし折るほどの強烈な拳打を披露したことも。その様子は見ていた者から「怪獣より強いのではないか」「むしろアイツが怪獣だ」と言わしめたほど。もう一度言うが、超人体ではなく人間の姿のゴライアンを見ての感想である。
変身後とは違いヒゲはとくに生えていない。

性格

いわゆる脳筋だが、誰よりも情に厚く、豪快な性格。
当初は脅威となる生物、物質を全て破壊すると主張し、ウルトラマンとしての力を恐れるゾフィーを非難していた。
前述したの通り幼馴染のフレアには頭が上がらず、彼に諭されると大人しく引き下がる。
光の戦士の中でも特にウルトラの父を尊敬しており、「おやじ」と呼び慕っている。

変身アイテム

大きなベルト。別に仮面を被ったりバイクに乗ったりはしない。
(むしろ造形的にはプロレスボクシングなどの『チャンピオンベルトに近い。)

関連イラスト

闘士ゴライアン



関連タグ

ウルトラマンSTORY0 フレア(ウルトラマンSTORY0) カラレス ザージ ドリュー ウルトラの父
















ネタバレ



いわゆるシルバー族の容姿をしているが、ゴライアンの真の姿はレッド族である。セブンタロウのようにカラータイマー周辺のプロテクターやビームランプはなく、普段の姿の赤い部分と銀の部分が入れ替わった体色になる。

プラズマスパークの暴走によって光の国が混乱に陥り、動植物が凶暴な意志を持った変異体に参加する中、超人の力を得た光の国の住人の中にも力を受け止めきれず命を落とす者や、力に飲まれ暴走する者が続出した。若き日のゴライアンもその1人であった。
戦士たちの制止をものともせず光の国を破壊し、父と慕うウルトラの父にすら拳を振り下ろす。そのゴライアンを止めようと現れたのが、彼と同じく赤を基調とした姿のフレアであった。
力に溺れたまま親友にすら牙を向けるが、ウルトラの父に拘束された隙にフレアが体内に侵入、力を司る器官(心臓?)の動きを制御され、力の大半を失ったゴライアンはようやく自我を取り戻し、意識をコントロールできるようになった。


物語終盤、ババルウによって致命傷を受けたフレアによって、真の力を解放される。本人は力の意味など分からないと自嘲するが、フレアは息を引き取る直前に笑顔でゴライアンの成長を認め、すでに答えを知っている(与えられた力の意味を理解している)と言い残す。

その後単身ババルウと交戦、右膝を砕かれながらも敵の変身能力を奪うことに成功する。しかし体力の殆ど全てを使い果たしたため、自らババルウに胸を突かせて立ったまま絶命する。
が、ゾフィーによって奪わらた魂が肉体に戻ったため生還を果たし、その後は戦いから身を引いてフレアを始めババルウとの戦いで散っていった兄弟たちの墓を守ることを決意する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴライアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21254

コメント