ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「今、雄大なる翼のもとに集いしつわものたちよ…」
「新たなる伝説となれ。融合召喚!」
「出でよ! サイバース・クロック・ドラゴン!」

概要

遊戯王VRAINSにて藤木遊作/Playmakerが使用する融合モンスター。
攻撃名は「パルスプレッシャー」(この攻撃名が初登場したのは二回目の登場にて)、(1)の効果名は「サイバース・クロック・アップ」(vsアース戦において)。

第二期OPにてすでにシルエットは登場していたが、本編での初登場は「ブラッドシェパード」戦。
クロック・スパルトイによってサーチしたサイバネット・フュージョンでクロック・ワイバーン、シューティングコード・トーカークロック・スパルトイを融合素材に融合召喚され、(1)の効果で攻撃力を5000上げフィニッシャーとなった。

カードテキスト

融合効果モンスター
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
(1):このカードの融合召喚成功時に発動できる。
その素材のリンクマーカーの合計分だけ、
自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
次のターン終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、
このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。
(2):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。
(3):融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

解説

エースモンスターステータスに加え、「高い攻撃性能」「仲間を守る能力」「後につなぐ能力」などエース向けの能力を持っているため、中継ぎエースとして優秀なサイバース・マジシャンとともに、(アニメ向きな効果ではなく、OCGでは当時制限カード・最終的には禁止にまでなっている)ファイアウォール・ドラゴンの出番に関わってくるとネタにされることも多い。

なお、2年目以降はPlaymaker自身のデュエルが少なく、他のエクストラモンスター勢の登場・活躍に割り振られているため、このカード自体も登場は(省略デュエル含めて)6回と少な目ではあるが、サイバース・クアンタム・ドラゴンと違いフィニッシャーに三度(省略デュエルを含めれば四回)もなっている(ファイアウォール・X・ドラゴンは一回)ほか、2年目ラスボス戦でリンク5モンスターを倒しそのデュエル初のダメージを与えるなど(クロック・ドラゴンが登場したデュエルではフィニッシャーになれずとも戦闘ダメージによる勝利にすべて貢献している)、そういう面では大いに活躍しているといえる。

ちなみにアニメ版では、(1)の効果は「このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか発動できない」制約があり、(3)の効果自体が存在しない。
これは4戦目のボーマン戦でもその時の描写から未だアニメ効果のようであり、3期OPに登場するこのカードのテキストもアニメ効果のものが使われていたが、最終戦である「vs Ai」戦でようやくOCGにおける(3)の効果が使われた(ただしその効果説明シーンで表示されたカードテキストは修正が間に合わなかったのかアニメ版のままとなっていた)。

ちなみに「SOUL FUSION」のCMではPlaymakerにエースモンスターと言われている。

関連タグ

融合モンスター 効果モンスター

サイバース・マジシャンサイバース・クアンタム・ドラゴン:共通点が多いモンスター。

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《サイバース・クロック・ドラゴン》

関連記事

親記事

サイバース族 さいばーすぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サイバース・クロック・ドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18940

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました