ピクシブ百科事典

シュターデン

しゅたーでん

田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:村越伊知郎(OVA本伝)、村松康雄(OVA外伝)、水内清光(TVアニメ)

銀河帝国ゴールデンバウム朝の高級軍人。

物語本編より前の時間軸である外伝作品「千億の星、千億の光」では少将として宇宙艦隊司令長官グレゴール・フォン・ミュッケンベルガー元帥の参謀として登場、また一時期士官学校の教官を務めた時期がありウォルフガング・ミッターマイヤーは当時の教え子の一人であった。

物語本編における初登場は第1巻のアスターテ会戦でメルカッツ大将やファーレンハイト中将と共にラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将指揮下の提督(中将)として登場、数に勝る同盟軍が3方向から包みこむように侵攻してくることから撤退を具申するもラインハルトに却下され、ラインハルト指揮下の提督の中では特に反感を持つ事になる。
3方向からの攻撃はむしろ各個撃破の好機になると考えたラインハルトは、思惑通りに同盟軍第4・第6艦隊を壊滅に追い込み、残る第2艦隊も完勝に近い形に持ち込んだことにシュタ―デンたちは驚愕するが、その直後、負傷した司令官に代わって指揮を引き継いだヤン・ウェンリー准将に背後を突かれ、ラインハルト艦隊も手痛い損害を被ることとなった。

リップシュタット戦役では貴族連合に属してかつての教え子であるミッターマイヤー中将と対決するが、ヒルデスハイム伯ら若手貴族を抑えられずに大敗を喫し、直後に心労からか倒れてレンテンベルク要塞に撤退し、要塞陥落後に捕らえられた。以後の消息は不明。


人物

士官学校の教官や参謀を務めた経験もあいまって軍事の知識には長けているが、ミッターマイヤーやメルカッツは事実を把握する能力に欠け理論に固執する欠点を上げており、ミッターマイヤーを含む士官学校の学生たちには「理屈倒れのシュターデン」と陰口を叩かれていた。

そうしたシュターデンの欠点を表しているエピソードとしてリップシュタット戦役開戦時の作戦会議で大規模な別働隊を編成し、手薄な帝都オーディンを急襲して皇帝を保護するという作戦を提案した事が挙げられる。この作戦の弱点として帝都オーディン攻略に成功した者が最大の功労者としての栄誉と発言力を得るが、逆にこの栄誉を誰が得るかで一枚岩では貴族達の連携に亀裂が入る可能性が大いにあり、現に誰が別働隊を率いるのかというランズベルク伯の発言にて気まずい沈黙が流れてしまった。メルカッツは同様の作戦を一度は思い描いていたが貴族連合内部の権力争いの事情を考え、ラインハルトもそれを看破して敢えてオーディンを手薄にした可能性を考慮した上で却下しており、その状況を考慮していなかったシュターデンを危惧していた。


関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「シュターデン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915

コメント