ピクシブ百科事典

ジャンヌダルク(神撃のバハムート)

じゃんぬだるく

ジャンヌダルクとは、Cygamesが提供しているスマホ用ゲーム「神撃のバハムート」に登場するキャラクター。 また、「グランブルーファンタジー」「ナイツオブグローリー」などにも出演している。
目次[非表示]

神撃のバハムート

神の御声を聞き、絶望に沈み、光を失った人々を救済すべく立ち上がった聖乙女。
自らも旗持ちとして前線に立ち、ともに歩む民衆・兵を率いて戦う。
その後は
・槍を手に、兵を率いる立場に。
・救済の理想とかけ離れた現実に多く直面し、血と武器の運命を背負わせた神を呪って闇堕ち
・それでも彼女の帰還を望む人々によって再度、聖乙女として舞い戻る。
などの紆余曲折を経て立派な聖乙女となった。

神撃のバハムートGENESIS』にも出演。こちらではジャンヌ・ダルクと表記されている。
CVは潘めぐみ氏。
天啓を受け、魔に対抗する神の先兵として聖女に選ばれた女性。
神槍マルテを手に、王都直属であるオルレアン騎士団を率いる。
名前や上記した天啓、オルレアンの語、もとは農民の出身など、おそらく元になったであろう人物へと更に近づいた設定がなされた。
真面目な性格で、神への信仰は篤い。
アーミラ捕縛のためファバロら一行を捕らえ、主君シャリオス13世の前に連れ出した。

その後は光の刃で巨大な敵をぶった切ったり、バハムートにまつわる言い伝えをファバロに教えたり、王城に攻め寄せる魔を文字通り一撃必殺したりと活躍したが、魔の奸計により主君暗殺の冤罪で火炙りの刑に処せられてしまう。
神への篤い信仰から一度は魔の言葉を跳ね除けるも、刑が執行されて燃え行く中、処刑を止めようと罪なき人々が傷つき倒れていく様を目の当たりにすることに。神が彼ら彼女らを救ってくれない現実と、神は人間を愛していないと語る幻覚からついに心を闇に染めてしまう。
魔となった彼女は神や天使を急襲して次々と倒すが、リタの解毒剤とミカエルの助けによって浄化された。

決戦の後は無実の罪が証明されたのか、騎士団に復帰。長かった髪もバッサリ切ってベリーショートになった。

グランブルーファンタジー

闇ジャンヌ×光ジャンヌ


詳細はジャンヌダルク(グラブル)を参照の事。

ナイツオブグローリー

同じくCygames製作のナイツオブグローリーにも出演。
こちらではキャラクターでなく、光属性のSSRドラゴンとして登場している。

Shadowverse

同じくCygames製作のShadowverseにもビショップクラスのフォロワーとして参戦。
現在は神撃のバハムートやグランブルーファンタジーと同じく聖乙女バージョンと闇落ちバージョンの両者が登場している他、聖乙女バージョンのリメイク版を含めた計3種類のカードが実装されている。

カード名ジャンヌダルク
種類フォロワー
クラスビショップ
レアリティレジェンド
コスト8
進化前攻撃力:5 体力:5
能力ファンファーレ 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。自分の他のフォロワーすべてを+0/+2する。
進化後攻撃力:7 体力:7
能力
CV潘めぐみ
収録セットクラシックカードパック 純白の戦場
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
全ての兵たちよ!私は今この槍にかけて誓う!神のご加護は私たちのもの!勝利は我と共にあり!

カード名ダークジャンヌ
種類フォロワー
クラスビショップ
レアリティレジェンド
コスト6
進化前攻撃力:5 体力:5
能力ファンファーレ 他のフォロワーすべてに2ダメージ。他のフォロワーすべてを+2/+0する。
進化後攻撃力:7 体力:7
能力
CV潘めぐみ
収録セット神々の騒嵐 純白の盾
かつて神を信じた少女がいた。神の声を聴き、神の声に従い、神の名を説いた。だが、戦場には神は居なかった。

カード名希望導く聖乙女・ジャンヌ
種類フォロワー
クラスビショップ
レアリティレジェンド
コスト3
進化前攻撃力:2 体力:3
能力ファンファーレ エンハンス 7; 相手のフォロワーすべてに3ダメージ。自分の他のフォロワーすべてを3回復。
進化後攻撃力:4 体力:5
能力
CV潘めぐみ
収録セット時空転生
※エンハンス…本来のコストの代わりに、記載の数値分のPPを支払うことで発動する能力。
絶望や孤独に心を閉ざした者たちよ!
新たなる神の御旗を見上げよ!
私がその闇を貫き、諸君らを導く希望の道標となろう!

ジャンヌダルク


聖乙女バージョンのジャンヌダルクは、コストが"8"と重いながらも、場に出すだけで体力の低い相手フォロワー達を蹴散らせる強力な効果を持っている。加えて味方フォロワーの体力数値を強化してくれるので、プレイするだけで大きなアドバンテージを得られる事が多い。
ただし彼女自身のステータスはコスト"8"のフォロワーにしては控えめなため、プレイ後にこれといった活躍ができずに場を去ってしまう事が多いのが玉に瑕である。
とはいえ、相手の低体力フォロワーによる人海戦術などを一撃で粉砕しつつ、味方フォロワーを鼓舞してくれるその頼もしさは一級品である。
現在は「アンリミテッド」ルールでのみ使用可能であるため活躍できる機会は少なくなったが、体力関連のシナジーを活かしたデッキならば採用への可能性はあり得るだろう。

アドヴェント・ジャンヌ


また、2016年12月29日実装のシャドウバース初となる構築済みデッキの一つ「純白の戦場」にて、このカードの絵違いバージョンが収録された。
イラストは神撃のバハムートの「アドヴェント・ジャンヌ」の1段階目(上記イラスト参照)と4段階目。前述した通りグランブルーファンタジーにおける彼女のモデルとなったイラストである。

ダークジャンヌ


一方、闇落ちバージョンであるダークジャンヌの場合、5/5というステータスは据え置きでコストは"6"と2も下がっている。しかし全体ダメージは「他のフォロワーすべて」と味方にも危害が及ぶようになった。強化能力は+2/+0と攻撃的だが、これもまた「他のフォロワーすべて」とあるため相手フォロワーも同時に強化する。
上手く使えば相手の雑兵を薙ぎ倒しつつ強化された味方で一気に勝利へ近づけるという強力なフィニッシャーとなり得るため、疾走フォロワーを呼び出すことができるカウントダウンアミュレットを多く採用した「疾走ビショップ」というデッキのフィニッシャーとして主に活躍している。

ジャンヌ


過去カードのリメイク版が多数収録された「時空転生」では希望導く聖乙女・ジャンヌとしてリメイクされた。同カードパックのPVにも主演しており、このカードが過去カードのリメイクであることを示唆するような描写がされている。
全体ダメージの量は"3"となり、体力バフは体力回復へと置き換えられた。これらの効果はエンハンス7のものであり、素のコストは"3"になった。そのためリメイク元の弱点であるコストの重さもある程度解消され、序盤にとりあえず置く使い方もできるようになったのは嬉しいところ。ただしエンハンス7で使用した場合7コスト2/3とリメイク元よりもコストに対してか弱いステータスとなるのは注意。
「ローテーション」ルールでは貴重となった全体除去兼体力回復カードとして、様々なビショップデッキで使用されている。

ドラガリアロスト

伝説の中にのみ名を残す、慈悲深き聖戦士。
うら若き乙女の形をとり、永遠の時を過ごしている。
魔獣の進行や悪政によって民が嘆きかなしむ時、いずこからか現れ、人々を導くと信じられている。

任天堂とCygamesが共同開発したドラガリアロストにも参戦。
ナイツオブグローリー版とよく似たデザインをしており、そちらと同様に光属性のドラゴンとして登場している。

レアリティ★5ドラゴン
属性
CV潘めぐみ

スキルセイントフラッグ周囲の敵に光属性のダメージを与え、15秒間パーティ全員の防御力を25%アップする。

関連タグ

Cygames
神撃のバハムート
グランブルーファンタジー
ナイツオブグローリー
Shadowverse
ドラガリアロスト

ジャンヌ・ダルク(Fate)・・・前述したグランブルーファンタジーにおける闇ジャンヌ実装のニュースがTwitterに流れた際、FGOのジャンヌ・オルタ実装の話と勘違いしたFGOユーザーが続出した→外部リンク
そのためFGOユーザーからすればその時点ではぬか喜びだったわけだが、後々本当に実装が決定した。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンヌダルク(神撃のバハムート)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9915755

コメント